動物と共生するまちづくりの会

兵庫県明石市を中心に地域猫活動をおこなっているボランティアグループです

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

給餌者への嫌がらせ?

2021-05-26 19:54:09 | 日記


給餌者への嫌がらせ?
3年前TNRをさせていただいた朝霧地区のある公園で、マナーを守って給餌しておられる方からご相談。
車に落書きをされたり、「クソババー、ネコにエサやるな」などと書いた貼り紙をされる。
どなたがされたかおよそ分かっているが、どのように対応したらよいか、とのこと。
貼り紙の主は、お話に応じていただけない方ですが、対立してしまっては理解が得られないので、誠意をもってお手紙を書き、明石市の「飼い主のいない猫トラブルの解決のために」のガイドブックと一緒に投函させていただくことに。
一方、車への落書きなどは悪質ですので、「被害届」を警察に出していただきました。
公園には、2016年に私たちが提案要望し、明石市環境課が作成された「飼い主のいない猫に餌をあげている方へ」の看板(市内に200個あるそう)が立っており、「餌の放置をしない、糞の始末をする、避妊手術をする(助成金)、猫を棄てることは犯罪、耳先カットの意味」などが明記されています。
避妊手術をしても、すぐに猫が減るわけではありません。
でも、この公園は、三年前は12匹でしたが、現在は6匹に減っており、給餌者がきちんと管理した証です。
猫の管理は餌をやる時しかできません。
餌をやらなければ未手術猫が流れてきても気づくことはできず、また子猫が生まれてしまいます。
猫を愛する方も嫌いな方も誠意をもって話し合えたら、、、。
そして嫌いな方には片目をつぶって猫を見逃してやっていただけたら、、、。「のら猫」は人間社会が産み出したもので、彼らはただ一生懸命生きているだけですから、、、


【ご支援のお願い】
「動物と共生するまちづくりの会」ではご寄付や支援物資なども随時受付していますのでよろしくお願いいたします。

お振込み先 :ゆうちょ 四三八 普通 4578430

ゆうちょからの振込  記号)14340   番号)45784301

動物と共生するまちづくりの会

支援物資の送付先に関しては別途メールにてお問い合わせいただくか下記のAmazonほしい物リストをご活用いただくと簡単にご支援いただけます

 
★連絡先 doubutukyousei@yahoo.co.jp

Amazonほしい物リスト

コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 三本足の猫、保護できました | トップ | ★三本足の猫 里親さん決定 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事