ぼやきのキョロ兵衛・私的日ハム道

北海道日本ハムファイターズを中心とした日々の思った事をつぶやいています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

専修大・長谷川勇也は想像以上!!日大・長野は不発!!

2006年11月05日 22時15分11秒 | ドラフト
昨日行われた、東京六大学選抜vs東京ヤクルトとの記念試合ですが、2-3で辛くも東京六大学選抜が惜敗しました。
先発したのはもちろん、ベストナインの宮本賢投手。
いきなり先頭バッターの青木選手を四球で歩かせると、盗塁を許す。
2死まで持っていったものの4番・畠山選手にライト前に落とされて1点を許す。
2回は相手の早打ちであっという間に三者凡退という内容でしたね。

まあ、先頭バッターの四球は青木選手を意識しすぎたというのもあるとは思いますが・・それにしても球が全体的に高いという印象がありますね。
秋季リーグ戦を観た時もストレートが高いなーという印象を受けましたがあまり変わっていませんでした。
多分、神宮大会でも印象は変わらないかな?と思いますので観戦は辞めようかな?と思っています。
この制球の甘さはプロに入ってからコーチたちに矯正してもらいましょう。
今年大活躍した八木投手でもキャンプ時には欠点だらけだったそうですから・・・。
そこらへんに期待したいですね。

宮本投手の話はここまでとして、本日、東都大学野球の入れ替え戦を観戦して来ました。
注目は、日本大の3番・長野久義外野手と専修大の4番・長谷川勇也外野手の両スラッガー対決。
注目度では1つ2つも上の長野外野手ですが、今日は完全にブレーキでしたね。
三振しないところはさすが首位打者とは思いますが、5の0。
全て内野ゴロというのはガッカリでしたね。
守備では広い守備範囲を披露しましたが、アピール度今一つでした。
ただ、打撃は不調の時もありますから、明日は打つかもしれません。

一方の長谷川外野手は大活躍でしたね。
第1打席はセンター前へ痛烈ライナーを放てば、第2打席は一二塁間をゴロで痛烈に破るライト前ヒット。
第3打席は止めたバットを当てた形でしたが上手くピッチャーの頭上を越えた内野安打。
足も6秒前半という事ですが、かなり早い印象を受けました。
その足には自信を持っているらしく、次の塁を狙う攻撃的な姿勢は買いますね。
実際、盗塁を一つ決めましたし、ピッチャーを揺さぶって次の打者に四球を選ばせるなど、今日はノリにノッていました。
第4打席は敬遠、第5打席は警戒しすぎて結局四球。
そのオーラに日大バッテリーは逃げ腰でした。
これは注目の選手だと思いました。
スイングは早いし、選球眼もなかなかの物。
来年のドラフト候補、日大・篠田投手を相手にしなかったです。
左対左でしたがまったく関係なかったですね。
なぜ、左打ちなんだと思いましたが・・・。
気になるのは守備ですよね。
今日は、平凡なフライなどしか飛ばずに、守備力、肩などが分かりませんでした。
長野選手との差は守備力かも。

とにかく今日は収穫でした。
さて、指名は濃厚のような気がしますので今から楽しみです。

いつも下のクリックにご協力頂きありがとうございます。
  人気blogランキングへ エンタメ@BlogRanking

『野球』 ジャンルのランキング
コメント (1)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« パ・リーグ東西対抗、打撃陣... | トップ | 日大・長野外野手、プロ入り... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (melon)
2006-11-05 22:55:40
はじめまして、melonです。
お気に入りに登録させてもらいました。

コメントを投稿

ドラフト」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

その名は「長谷川 勇也」 (Dr.KENの「こだわりのトラ」)
今日は阪神関係なしっ! 「めでたいめでたい」と興奮中っ[:祝:]!       長谷川 勇也くん  福岡ソフトバンクホークス指名おめでとうっ!  長谷川 勇也(専大 外野手) 大学生・社会人ドラフト ソフトバンク 5巡目指名 昨年の ...