原キョウコ ダンスセラピーラボ

ダンスセラピーという手法を通して心身の解放をサポートし、心と身体と魂をつなぐことを目標に、研究を重ねている場です。

春先の身体と心、その取り扱いを考えよう

2018-03-29 | 徒然なるままに



春先は心身ともに不安定になるが、そういう中での身体へのアプローチは大きな役割を果たす。

言語以前のこと、言語化できないことが身体を通して発現される。
心身のつながりを身をもって実感される方が増える。
心のあり方を変えるのは難しいけれど、
身体の状態は自分で変えられる→気持ちも変わるという体験となる。

地味だけれど、そういう積み重ねを体験してもらうと、心身との付き合い方が変わってくる。
色々な時があって当然、ということを感じるようになる。
泣くことも笑いも含めそれをグループで共有するということのチカラ。
場のチカラ、そのものである。
こういうことが臨床の大きなベースであると思うのよ。

だから臨床はとても好きなのだけれど、街場で行っている自分のWSも同じように思っている。

元気でない自分も受け入れていく、自分にとっての疲れ方を見ていく、心身のクセを観察していく、などなど、
自分のことはちゃんとわかっていないことが多いから。
無理無理頑張るのが癖になっている人が多いから。

無理と我慢が重なり人は病になる。病になる手前でなんとか踏みとどまっている人も大勢いる。
病であってもなくても、自分へのケアはとても重要だ。そのスキルはいくつあってもいい。
それは自分自身をジャッジせずに見ていくことにもつながる。
もうダメだあ、と思う状態は間々あっても、ダメな人間というのはいないよ。

この仕事ができて本当に良かったな、と思えるのも、人の身体の素直な反応が感じられる時があるからだ。

緊張している時、嬉しい時、悲しい時、様々な状態の身体がある。
そこに気づけるかどうかが大きな分岐点だが、
それを充分に感じて、真摯に向き合っている身体は美しいし生きている。

自分に嘘をつくのはもったいないし
自分のことを見ないのも本当にもったいない。
いつも思う。

闇がたくさんありそうでいやだ、
と大抵の人はいうけれど
闇の中にこそ、光り輝くものがあることが多いのだ。
今生この一回の人生を、隅々まで大切にするには
欠落や欠損も含め、自分のトータリティを受け入れていくことだ。

でも身体は嘘をつけないよ。
どんなに表面を取り繕おうとも。


4/1、WSを行います。
お申込み受けつけております。

写真は今年のお花見散歩より。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 3月28日(水)のつぶやき | トップ | 3月29日(木)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

徒然なるままに」カテゴリの最新記事