KYOKUKENZO'S WORKSHOP 2019

「道」は自ら切り開くもの。
他人の後追いは「道」にあらず。

あれから。

2019年11月08日 | 歌は友だち
観客の前に立つ
美空ひばりさん。


先日

夜中に目が覚めて
テレビをつけたら

美空ひばりさんが
舞台に立っていました。

オーケストラを従えて。

彼女と所縁のある
方々が見守るなか
ひばりさんは

語りかけるように
歌い始めました。

初めて聴く曲。新曲です。

え?

どういうこと?

よく見るとひばりさんは
CG合成画像でした。

NHKの企画。

AIでよみがえる美空ひばり

「あれから」

夕日がまた沈んでいく
あっという間の一日

どこかに大事な何かを
置き忘れたような自分の影

地平線は変わらないのに
静かに移ろう景色

生きるというのは
別れを知ること

愛しい人よ

あれから
どうしていましたか?
私も歳をとりました

今でも昔の歌を
気づくと口ずさんでいます

振り向けば
幸せな時代でしたね

いくつか星が煌めいて
後悔さえ美しい

今日できなかった何かが
明日はできるような
気がしてくる

長い道を歩き続けて
ようやくたどりつけそう

生まれたときから
追いかけてきたのは
母のその背中

あれから
元気でいましたか
ずいぶん月日が経ちました

何度も歌った歌を
もう一度歌いたくなります

そうだれも
大切な思い出が人生

お久しぶりです。

あなたのことをずっと
見ていましたよ

頑張りましたね

さぁ私の分まで
まだまだ頑張って


なぜだか涙が止まらない
心がただ震えています

あれから
どうしていましたか
私も歳をとりました

今でも昔の歌を
気づくと口ずさんでいます

振りむけば
幸せな時代でしたね♪


NHKのこの試みには
賛否両論あるようですが

私の耳には
AIひばりさんの歌声が

今も残っています。kyokukenzo

コメント   この記事についてブログを書く
« 赤黄箸。 | トップ | 忘年会の予約。 »

コメントを投稿

歌は友だち」カテゴリの最新記事