ポテトのポテト日記

家族の幸せを願う平凡なポテトの日常生活です

春はまだまだ

2009年01月31日 | 食べ物
山わさび‥‥お醤油をかけて炊きたてのご飯にのせて  ‥‥おいしい‥‥ 
春が来たなあって思う最初の味ですね。北国のせいでしょうか‥‥


こんな真冬なのにわさびをおろして食べました。
『マイルドな辛さ』‥‥その通り‥‥細いほど辛いんですよね‥‥でもおいしい‥‥ 
スーパーの半額シールに導かれ夫が買ってきてくれました。 


わさびといえば、忘れられない思い出があります。



雪解けが始まると堤防などにわさびがでます。

ポテトは初めて「よし!ワサビを掘りに行ってみよう!  」
と、あまりアウトドアな事はしないのに何を思ったか出かけました。
堤防に車を止める。まだ雪が解けたばかり。ちょっと寂しい感じ。


ワサビの芽を探しながらフト、水門の所を見上げました。 
   
      ????? 

   「夫、水門の仕事の人って靴はきかえるの?」
    「代えないぞ、なした?」
   「だって夫、あそこに靴があるよ」
    「‥‥???」

いやな予感‥‥‥  
夫はさすが男です。その水門に登って調べ始めました。
‥‥‥‥靴、ネクタイ、ジャケット、‥‥これって‥‥キャー!‥‥ 

パトカーが来るまで30分    ‥‥寒かった‥‥ 

ポテトの最初で最後のワサビ堀はこうして幕を閉じました。 
たぶんこれから先、山菜取りには行かないかもしれません。 
 
コメント (13)

大地讃訟-Daichi Sanshou-/同声三部

2009年01月29日 | 家族
卒業式

次男のことを思いだします。
中学校の卒業式
中学校の体育館
全校生徒と保護者約千名
式が進み最後にこの歌の大合唱です。
大変素晴らしい曲です
深い感動に包まれます

ポテトは目をつぶり、ピアノ伴奏に神経集中
‥‥‥間奏‥‥‥ピアノだけが響きます
そして最後のクライマックスへ


「腱鞘炎になりそうだ‥‥」って言いながら練習した曲。
次男‥‥  あの時はピアノ伴奏お疲れ!‥‥  ちゃんとはずさないで弾き終わったね‥‥  ポテトは親だから次男のピアノが無事に終わることしか頭になかった‥‥   「伴奏‥‥次男君」と紹介された時、志村けんの"アイーン”ポーズをとって先生にたしなめられていたね  ‥‥余裕?‥‥の裏返し  ‥‥手には汗‥‥足も震えた‥‥帰宅して笑ってたね。

次男‥‥頑張りすぎないこと‥‥ポテト家の家訓だよ‥‥ 


大地讃訟-Daichi Sanshou-/同声三部


コメント (16)

これって‥‥

2009年01月28日 | Weblog
なぜか赤い景品って勝負したくなります。  
エルモとか。  
これを見たとき、「‥‥妄想‥‥  」

まず、最近のブログ記事。‥‥お尻に優しいんだろうなあ‥‥ 
次は、お産直後。‥‥病室にこれがあって小さかった長男次男が顔にはめて遊んでたっけ‥‥ 
そして、‥‥‥ちょっと用途の違う使い方‥‥  

‥‥ゲットです。

座ってみる。  落ち着かない。  慣れればいいのかな?   ホーマックにも売ってるし‥‥ 
コメント

tesuto

2009年01月28日 | Weblog
さて
コメント (2)

テスト

2009年01月26日 | Weblog
アレ?‥‥ウーン‥‥???‥‥

コメント (17)

たろうの散歩

2009年01月26日 | Weblog
皆さん、また一週間が始まりましたね。 

‥‥ 

たろうがどこにいるか見えますか? 

この映像ではがっかり   風景は難しい。  白銀の素敵な朝なのに  

サイズを大きくして撮影し、ブログに送信する時サイズ変更すればいいのでしょうか? 

それとも、320万画素の映像はこれで精一杯なのでしょうか? 

自分で研究、研究、  ‥‥‥携帯から送信が楽なので  ‥‥でもこれではイカン 

研究心   ‥‥‥忘れた   ‥‥‥他力本願   ‥‥‥楽‥‥‥ 
コメント (6)

たまらなくかわいぃ‥スティッチ

2009年01月24日 | Weblog
黄色いマフラーと黄色いぼっこ手袋 
‥‥かわいい‥‥ 

今日は数名の方との飲み会でした。
今一人の方の車で送っていただき帰宅したところです。
その方は高校の先生をなさっていたそうです。
大変物腰の柔らかい話し方をする方でした。

退職された方は何か飲み会でもなければどんな仕事をなさっていたのか解りません。
また、興味があっても「どんな仕事をなさっていたのですか?」とは聞きにくいものです。
その方はまるで職業当てクイズのように少しずつヒントを出し、笑ってやっと正解にたどり着きました。

退職まで勤め上げた仕事を全く面識のない者が聞くことってどうなのかしらと思いました。失礼?それとも楽しい会話?
もしポテトが70歳くらいになりどんな仕事をしていたのですかって聞かれたら、たぶんニコニコしながら話しちゃうと思います。
でも、色々な方がいます。
聞かれたい方もいるでしょうし、そっとしておいて欲しい方もいるでしょう。

ポテトは年長の方と話すことが好きです。仕事や家族、体験を聞いているとその方の生きて来た歴史が年表になりどんどん現在に近づいてきます。そして、ちょっと白髪のその方が目の前にいる。‥‥当たり前かもしれないけどすごい事のように思うのです。

人間はみんなドラマチック‥‥何にもない人生の人なんて一人も居ません。
今頃わかったの?‥‥いいえ、だいぶ前から解っていましたよ‥‥ただ、自分の人生ばっかり見ていたような気がして‥‥ポテトは少し大人になってきたのです。
コメント (4)

味の時計台‥‥ネギラーメン塩

2009年01月23日 | 食べ物
北海道は雪の中です。
信号のない交差点は雪のため左右確認が大変です。
ツルツルの朝は雪の壁に突っ込んでしまっている車があります。
ほとんど40k位で走っています。
まあ、スピードさえ出さなければ大事故にはなりません。

以前札幌からの帰り道一寸先が見えない猛吹雪を体験しました。
一瞬命の危険を感じました。
止まって追突される可能性があります。
しかし止まるしかありません。全く視界0です。
1分位して走り出しましたが緊張しました。

中学生だった頃、吹雪の中帰宅するのが大変でした。
駅から1kmあります。しかも田舎道。
一緒に下りたおばさん2人の後について歩きます。
しかし元気なおばさんは何を思ったのか「走ろう!」
とポテトをおいて雪の中に消えていってしまいました。
ポテトは付いて走れないのです。
「マッテー!」‥‥ポテトの心の叫びは届かず‥‥
そんな昔のことなのに覚えているのは
よっぽどそのオイテケボリが悲しかったからでしょう。

雪のない町で暮らす‥‥いいなあと思います。
しかし、大雪が解け出し駆け足で春へと向かう喜び・目覚めのような感覚。
北海道から離れることが出来ません。

スキーをしたり、雪祭りに行ったり、地域の雪の行事に参加したり‥‥ポテトは寒いので全部パス。
北海道の素敵な所を何にも満喫なんかしていません。


「いやあ、今日の雪は重かったねえ」
「今日は電線の雪がハラハラ落ちてきて珍しかったねえ」
「さむいねえ」
「道、ツルツルだねえ」

毎朝同じ様な会話の繰り返しです。
コメント (12)

キンキのいずし

2009年01月21日 | 食べ物
すごくおいしかったんです。 

でも 

美味しさを映す事が出来ませんでした。

写真は難しいですね。

‥‥いずし‥‥日本酒‥‥菊水のふなぐち ‥‥美味しい‥‥飲み過ぎ‥‥反省‥‥  ‥‥ 

コメント (8)

長電話

2009年01月20日 | Weblog
仕事は楽しい。
しかし人間関係は難しい。
解っているのに
何度も同じことで立ち止まる。

昨日の帰り際ちょっと些細なことがありました。
ポテトは席が遠かったので聞こえませんでした。
落ち込んでないかなあ‥‥ 
夕方家からその方に電話しました。
あーだね、そーだね、こーだね、うんうん‥‥ 
うんじゃ明日も頑張ろうと電話を切りました。  

ちょっとして違う同僚から電話が来ました。
「どうしました?」「実は‥‥」と話が始まりました。
あーだね、そーだね、こーだね、うんうん‥‥ 
うんじゃ明日も頑張ろうと電話を切りました。  

仕事。
楽しいだけでお金をいただける仕事なんてありません。
みんな解っています。
まじめだからこそ、苦しいのです。 

35分+97分=132分

足し算、あってるかな ? ‥‥ 

「おっ!ぴったりのがあるぞ  」と新聞を見ていた夫が

   ストレスを発散している長電話 
コメント (2)

かわいい‥‥セブンイレブンのnanaco

2009年01月18日 | Weblog
電子マネーnanacoのぬいぐるみ! 
かなりかわいいです。
よし、挑戦じゃあ!‥‥‥とれない  ‥‥重心がない  ‥‥少しずつ寄せる‥‥ 

うーーん、苦労しました。やっとの思いでゲットでした。
いくらかかったかなんて‥‥とても言えません‥‥ 

タグにnanacoちゃんの自己紹介が出てました。

‥‥ワタシの年は17才。 
‥‥長い首がちょうど数字の「7」に見えます 
‥‥カラダに7色の模様を持つお洒落な女の子です。 
‥‥家族構成は6人(?)です。 ‥‥じいちゃん、ばあちゃん、パパ、ママ、妹、私‥‥みたいな? 

だからキリンだったのかあ。‥‥nanacoのポイント‥‥そろそろ使おうかな 
コメント (6)

笑顔

2009年01月17日 | 仕事
皆さんおはようございます。
昨夜、きみまろさんの金スマ面白かったですネ。‥‥なのに途中から寝てしまった残念なポテトです。 

昨日の午後、講師の先生のお宅で打ち合わせが入っていました。
手ぶらで伺うのもなんだしと、スイートのお店に寄りました。 
何がいいかなあ  ‥‥同僚と相談していましたら、

ばったり! 

その講師の先生も私達のためにケーキを買いにいらっしゃっていたのです。江別は狭い! 

‥‥大笑い‥‥  

「どれがお好きですか?」‥‥先生、そんな  ‥‥プリンアラモードです。 
遠慮しつつもハキハキ答えるポテト。 


ピンポーン‥‥時間をずらしていよいよお宅へ。
「おじゃまします。」と玄関に入ったところでフリーズ。 ‥‥ステキ‥‥調度品、お花、‥‥ポテトはため息が出ました。  ‥‥いいなあ‥‥ 

そしてリビングは勿論それ以上の世界‥‥  ポテトはすっかり嬉しくなり目の保養をさせていただきました。  

先生は音楽一家でいらっしゃいます。 お嬢様はオペラを‥‥ 

気取らないお人柄に話がはずみました。  


「ただいまあ」‥‥夫!ステキだったんだよぉ  ‥‥ポテトのうちにあるのはぬいぐるみばっかり  ‥‥いいんだけど‥‥お金も無いし‥‥贅沢を知らない‥‥まあそれでもボチボチの人生‥‥感謝しなくちゃ‥‥   なんかなかったかなあ‥‥思えば気に入って買うなんて‥‥ない‥‥いつも実用性優先‥あ!  ‥‥引っ張り出してきました‥‥昔々いいって思って買ったんでした‥‥  ポテトにとっては大変なご褒美だったような‥‥  
コメント (4)

雪の歩道‥‥ポテトの影が‥‥

2009年01月16日 | 健康
皆さん、インフレエンザにかかっていませんか? 
もしも誰かにうつされたら、すぐうつしちゃうと直ります。
うつし方はハグハグかな?  

昨日ランダムで色々なブログにお邪魔していました。
「味覚障害」‥‥のことを書いている方がいました。
あっ!‥‥と思いました。 
その方は、塩味が感じられなくなって気がついたそうです。

ポテトも思い当たります。
例えばいつも洗剤のような薬品のような香りがします。
また果物や生野菜の味がほとんど同じです。 
「味覚が変なの  」‥‥でも年のせいとあきらめています。

薬の副作用の場合があるそうで、なるほどポテトは2種類当てはまる薬を飲んでいます。

その方は2年位で味覚障害が直ったそうです。
その最中「バナナ・おかゆ・ビール」は大丈夫だったそうです。

笑っちゃいました。  納得!  だからビールが美味しくて美味しくてたまらないんだぁ。

ちゃんと理由がありました。
今日からは堂々とビールが飲めるぞ!        
コメント (2)

新聞の一言占い‥‥当たる

2009年01月14日 | Weblog
皆さん、おはようございます。 
最近、新聞を取らない家庭が出てきましたね。
テレビやインターネットで足りてます   ‥‥そんな感じでしょうか。

ポテトは北海道新聞をとっています。地方紙です。
今日の運勢を頼みもしないのに夫は読み上げます 

「今日の君の運勢は‥‥夫を大切に‥‥じゃなくて(笑)‥‥」毎日同じギャグ付です。 


大変当たります。‥‥というか、その日心掛けることにぴったりはまることが多いのです。 

占いの言葉は冷静に考えれば格言のようなものです。
ちなみに今日は「あれもこれもの欲張り禁。アブハチとらず」でした。

‥‥これがまた思い当たるんですよね‥‥  

長男のこっそり持ってきてくれたビンタンビール‥‥大切に取っておこうと思ったのに飲んじまいました。
‥‥マイルド‥‥女性向ですね。‥‥ 

そしてついつい 1本が、3本に  ‥‥ こんな歌詞の歌ありましたねえ‥‥ 
コメント (4)

札幌オリンピックの頃

2009年01月13日 | 家族
札幌オリンピックのテーマ曲です。 その頃皆さんは何年生だったでしょうか? 

ポテトは中学3年生‥‥高校受験目前でした。
ポテトの同級生が聖火リレーに加わって走りました。かっこいいなあと思いました。
ポテトは病院の窓からその聖火リレーが見えるというので廊下で待っていたのを覚えています。
なぜ病院かと言うとそんな大事な時期に入院していたからです。


いよいよ受験シーズンですね。
受験生がいらっしゃるご家庭は大変なことでしょう。
ポテトのうちも毎年のように高校や大学の受験が続きました。なにせ3人ですから‥‥  おまけに3男は1年浪人でしたし‥‥ 


思えばポテトの母親はそんな時期にポテトが入院しちゃってきっとやきもきしたことでしょう。 
ベットで受験勉強したのをはっきり覚えています。
2.3週間の入院だったので希望の高校に入ることは出来ました。ラッキー! 

自分が子を持って初めて親の気持ちがわかる‥‥うんうん‥‥ 
あの時は心配かけました。  ‥‥何だか今日は謝りたい気分なんです  ‥‥変ですね‥‥ 

トワ・エ・モワ/虹と雪のバラード


コメント (6)