京大俳句会 KYODAI HAIKU KAI

京都大学を拠点に活動している京大俳句会のオフィシャル・ブログです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

第71回「京大俳句会」句会の案内(2015年1月24日開催予定)

2014-12-26 08:20:53 | Weblog


第71回「京大俳句会」の案内

日時: 2015年1月24日(土)
    午後1時~4時半
場所: 京大農学部総合館W210セミナー室
    北部生協 北の総合館入口に12時50分集合
参加費:500円

*俳句は有季定型•無季定型•自由律と形式は問いません。
*三句を用意してください。
 欠席投句は一句です。
*参加者は二日前までに連絡をお願いします。
 参加者は下記まで連絡してください。
 
 京大俳句会
 中島和秀(Eメール)nakajima.kazuhide.7x@kyoto-u.ac.jp
コメント

第70回「京大俳句会」句会作品(2014年12月20日開催)

2014-12-26 07:58:35 | Weblog


第70回「京大俳句会」句会作品
2014年12月20日(土)
於:京大農学部W210セミナー室

3得点句
冬ざれをゆくよ素足のアナキスト 託志

2得点句
玻璃超しに世を眺めれば歪む冬  ハメさん
痩せ犬は枯葉にまみれ穴を掘る  登美子

1得点句
湯豆腐や生命線の少し伸び    康博
ジョン・ケージ風
◯◯◯◯◯ ◯◯◯◯◯◯◯ ◯◯◯◯◯ 楽蜂
冬野行くきみは素数かやせ男   武史
ウィスキー万巻の書我にあり   泰夫
朝時雨音に気付いてそっと起き  ハメさん
もう師走何をしたやら猫下ろし  奇散人
極月や生命浸み行くウィスキー  泰夫
小雪舞ふ過ぎしその手のあたたかく 武史

無得点句
雪水は系統樹の森昇るかな    夜汽車
冬の月儚く光る我の様      催紫
再選の夜に衾をしっかり掛け   マーティン
吾輩としゃべる猫見ず漱石忌   楽蜂
あれは北風次郎か夢すさぶ    夜汽車
小夜しぐれ行きて小町の小皺かな 武史
初雪を染めて日暮か赤き山    竹明庵
木枯しや師走の酒を身に浴びる  泰夫
ハイライト釣り糸たれる天の川  千夏
欄干にスマホ並んで冬の虹    楽蜂
冬の宵本家返りも六つ過ぎ    ハメさん
彼の人の面差し孤悲し冬の華   夜汽車
コメント

第70回「京大俳句会」句会のお知らせ(2014年12月20日開催予定)

2014-12-04 17:42:09 | Weblog


第70回「京大俳句会」句会の案内(2014年12月)
    
日時:  2014年12月20日(土)午後1時~4時半
場所:  京大農学部総合館W210セミナー室
     北部生協 北の総合館入口に12時50分集合

参加費: 500円

* 俳句は有季定型•無季定型•自由律と形式問いません。
* 二句を用意してください。欠席投句は一句です。
* 参加者は二日前までに連絡をお願いします。

参加者は下記まで連絡してください。
京大俳句会
中島和秀(Eメール)nakajima.kazuhide.7x@kyoto-u.ac.jp
コメント

第69回「京大俳句会」句会作品(2014年11月29日開催)

2014-12-04 17:29:50 | Weblog


第69回「京大俳句会」句会作品(2014年11月29日)
                   於:大津「義仲寺」

3得点句
奥嵯峨は薮より昏れて冬の月    裕美子
しぐれかな淡海の空に捨つ言葉   夜汽車

2得点句
木曽殿と芭蕉空碁の夜長かな    楽蜂
紅葉を載せて佇む猫に雨      丁稚一号
美しき耳そば立てよ冬木立     夜汽車
百舌鳥鳴くや研ぎ師銀次の深いしわ 武史
化野に石のこゑ聴く秋彼岸     裕美子

1得点句
ざくざくと冷えた時間がやってくる 丁稚一号
時雨かな植物愛の本閉ぢて     夜汽車
やがて来る軍靴轟く玄冬が     ハメさん
秋風を聞くのが好きと君が言い   ハメさん
しぐれ雲湖北は風の哭くばかり   裕美子

無得点句
燐寸擦り野火放ちたき枯尾花    楽蜂
目の奥に秋の終わりの音がする   丁稚一号
片手なき枯蟷螂が生きている    おるふぇ
金プラチナ買い取り落葉掃かれずに 知昭
気をつけよ!冬またくるぞ!三人逮捕 マーティン
泪橋お伝をおくる時雨虹      武史
坂道の白粉臭き熟柿かな      知昭
実南天夢の続きを見てる塚     奇散人
旧道や柿買い占めの日本人     知昭
青春は何んでもありの恋心     ハメさん
泣けよ泣け迷走神経しぐれ虹    武史
綿虫の上へ上へと翁堂       楽蜂
コメント