京大俳句会 KYODAI HAIKU KAI

京都大学を拠点に活動している京大俳句会のオフィシャル・ブログです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

第73回「京大俳句会」句会作品(2015年3月28日開催)

2015-03-29 21:19:44 | Weblog


第73回「京大俳句会」句会作品
(京大植物園吟行&中島夜汽車退職記念句会)

日時:2015年3月28日(土曜日)
於 :京大農学部総合館W210セミナー室


■5得点句

ものの芽は動き園丁退職す    託志

■4得点句

どぼ漬けと裏寺で逢ひ雨催ひ   夜汽車

■3得点句

暗闇に草茂る音かすかあり    秋芽

■2得点句

春日(ハルビ)受け生命(イノチ)弾みし植物園  正臣
初桜森のモザイク踊りだす    かっぱ
日だまりで続くおしゃべり雀二羽 明美
媋(しゅん)といふ匂ひあだなる笛の人  武史
森守る僧幾年(いくとせ)の花嵐 楽蜂
ゆくの木の駅を夜汽車の尾灯過ぐ 楽蜂
草花も優しき声で「ありがとう」 マーティン

■1得点句

山吹の花が開いてバルトーク   かっぱ
理学部の夢を託され草萌ゆる   正臣
おれはアルゴン春にもたれてなまけ酒  武史
たんぽぽが月光を曳きはじめたる 登美子
形良きセコイヤ映す春の池    幸夫
手のとどくやどり木丸く動きそめ おるふぇ
春昼のつぐみ食いたる話かな   知昭
園児らの赤帽並ぶ花の昼     秋芽
駆けてゆく駆けてゆくメランコリアよ沈丁花  おるふぇ
春光に軍手地下足袋洗いおく   奇散人
落椿着物美人とすれ違ふ     かっぱ
暖かし湯川桜はいま盛り     ハメさん
邪馬台国は大和に在す山笑う   康博
浮雲の呑み込まれたる鳰の海   幸男
水温み佳人の影は定まらず    楽蜂
まどろみて背あたたかく梅香る  明美

■無得点句

消え去った花など相影植物園   おるふぇ
凧の糸光れり鴨の穹(そら)深し     夜汽車
「青の世界」ひきこまれたる魁夷展 明美
これからもペース乱さず夜汽車行け ハメさん
ゆくのきに花あらまほしく光満つ 和男
スキスキスは心の舌でするものよ 武史
林床を縫ふ路苔の花を秘め    幸夫
落椿アフガニスタン忘れずに   知昭
惜別の桜に思うことひとつ    泰夫
桜散れ孤独をさらに深め行く   泰夫
列島は茶色の朝よ舞う小雪    おるふぇ
風光る合格通知と孫の声     幸男
花背峠かすみわたりて京へ春   和男
満開の桜の中に散らんこと    泰夫
進化せる生物世界春の夢     正臣
沈丁花去年のいまごろ何してた  丁稚一号
円居して炙背楽しむ初句会    幸男
白色白光こけむす道にころびけり 知昭
陽の中を降りつ消えゆく春の雪  秋芽
おぼろ夜は屋久島を飛ぶ魚かな  夜汽車
花開く告白すべきこと二つ    幸夫
春風にのほほんとして街歩き   ハメさん
コメント   この記事についてブログを書く
« 第73回「京大俳句会」句会... | トップ | 第74回京大俳句会(金福寺... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事