老後は京都で !

京都の町中(堺町六角)と東京(青山)を気ままに行き来する二地域居住を実践中。 

京の台所歳時記 ~ おばんざい 秋と冬

2020年08月11日 | 京都の食事処、京料理 & 酒場

「 京の町屋の食卓で日々食べられている、

ふつうのおかず―おばんざい

この言葉を一躍全国に知らしめた名著

幾通りもおつけもんを並べていただくお茶づけ、

焼き豆腐と揚げ豆腐を一緒に炊いためおと炊き、

冬の楽しみ、かぶらむし。

質素なようで、その実、ぜいたく。

刊行から半世紀を経てなお、

京の食文化と暮しを語る上で

欠かすことのできない随筆集の秋冬編。

 

著者略歴

秋山十三子
1924年、京都・祇園の造り酒屋に生まれる

大村しげ
1918年、京都・祇園の商家に生まれる。
随筆家、料理研究家として雑誌やテレビ等で活躍、
食のみならず広く京の文化を紹介した

平山千鶴
1919年、彦根で医者の家に生まれ、
京都・中京で育つ     」(内容)

( 追記 )

下は、同書の春夏編。

京都移住について考える・「老後は京都で」~トップページに戻る

( インスタグラム版「老後は京都で」は → コチラ )

コメント   この記事についてブログを書く
« 「うましうるわし奈良」の10年 | トップ | 京の台所歳時記 ~ おばん... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

京都の食事処、京料理 & 酒場」カテゴリの最新記事