老後は京都で !

京都移住について考えるブログです。京都の町中(堺町六角)と東京(青山)を行き来する二地域居住を実践中 !

京都の甘味処は神様専用です

2017年05月10日 | 現代文学と京都
京都の甘味処は神様専用です (双葉文庫)
クリエーター情報なし
双葉社

「 両親が亡くなり、姉のいる京都に引っ越してきた高校生・天野瑞樹。

ある日、瑞樹は少年に『甘露堂』という甘味処まで

荷物を持っていくのを手伝ってほしいと声をかけられる。

甘露堂へたどり着き荷物を開けると、

そこから「ナリソコナイ」と呼ばれるあやかしが出てきて、

店の至る所を食い散らかしてしまう。

賠償金を支払うため『甘露堂』でバイトをすることになった瑞樹だが、

そこはなんと神様がお客様の甘味処で ! ?   」(内容紹介)

京都移住と健康について考える・「老後は京都で」by 京カフェ~トップページに戻る

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« モバイルボヘミアン ~ 旅す... | トップ | 新しくオープンした京の宿 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

現代文学と京都」カテゴリの最新記事