老後は京都で !

京都移住について考えるブログです。京都の町中(堺町六角)と東京(青山)を気ままに行き来する二地域居住を実践中 !

京をあつめて

2018年08月27日 | 京都本
京をあつめて (手売りブックス)
クリエーター情報なし
ミシマ社

丹所千佳(たんじょちか)さんという、京都在住の編集者の方が、以前拙ブログで、

京都と東京の二拠点体制をとる出版社としてご紹介したミシマ社( → コチラ )から

出された京都本。

「 たくさんの「好き」がわたしを形づくる。

好きなものを、愛したい。大切なものを、大事にしたい。

いくつもの「好き」を、いつまでも忘れないように。

京都に住み、京都を愛する編集者が、春夏秋冬を彩る

かわいい、おいしい、切ない、楽しい、心踊る「京」の断片を綴る。

和菓子や祇園祭、桜や紅葉の名所に、「知る人ぞ知る」名店など、

読む京都ガイドとしても充実の一冊。

著者について

丹所千佳(たんじょ・ちか) 一九八三年、京都生まれ。編集者、会社員。

高校までを京都で過ごし、大学時代と社会人生活で七年間の東京暮らしを経て、

現在はふたたび京都で暮らす。

「PHPスペシャル」「mille」 編集長  」(内容紹介)

京都移住と健康について考える・「老後は京都で」by 京カフェ~トップページに戻る

( インスタグラム版「老後は京都で」は → コチラ )

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 丸山健二さんの田舎暮らし論... | トップ | 3大特典付 〜 「会社四季... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

京都本」カテゴリの最新記事