老後は京都で !

京都移住について考えるブログです。京都の町中(堺町六角)と東京(青山)を行き来する二地域居住を実践中 !

京都人に案内されたい!新顔の京都

2018年06月11日 | 雑誌の京都・奈良特集 
婦人画報 2018年 7月号
クリエーター情報なし
ハースト婦人画報社

婦人画報の7月号は京都特集号、、、、

下は、縮刷サイズ版。

婦人画報 2018年 7月号 アジャスト版
クリエーター情報なし
ハースト婦人画報社

以下は、内容紹介。

「【特別付録】

日本のよきモノ「末富」扇子と扇子袋 お待たせしました!

今月の通常版での付録は、京菓子司「末富」の定番菓子

「京ふうせん」をデザインした婦人画報オリジナルの扇子と扇子袋です。

淡い五色の愛らしい柄で、夏の装いに涼を添えてくれます。

夏のお出かけに、ぜひご愛用ください。

 ●京都人に案内されたい!新顔の京都

何度も京都への旅を繰り返し、名所なら知り尽くしている方も多いことでしょう。

しかし、常に新鮮さを損なわないのが京都の魅力です。

伝統が革新から生まれてきたように、

誇り高き“古きモノ”を大切にしながら、 じつは“新しもん”好きの町。

京都の底力というべき類いまれな「研究開発力」で、 次々にニューフェイスが誕生しています。

また、歴史ある寺院なども視点を変えれば新しい顔を見せてくれるはず。

そこで今号は京都の選んだ達人たちにとっておきの新顔を案内していただきます。

●芦田愛菜さんの小さなお寺体験 観光バスで大勢が押し掛けるような有名な寺ではないかもしれない。

でも、ほっと心が満たされて「京都に来てよかった」と思える寺を

「スモール・ラグジュアリー・テンプル(SLT)」と名付けました。

退蔵院の副住職・松山大耕さんの指南の下、規模は小さくとも宝石のように輝く、

京都の隠れた名刹を巡るのは、女優の芦田愛菜さん。

小さな大女優が小さなお寺巡りをいたします。

●京都のうまいもん

京都の食について知っていること、更新したい!そんな願いを込めて、

小誌が全幅の信頼を置くおいしいもの好きの御三方に、

普段の食について あらためてお話を伺いたい、とリクエストしました。

深遠なる京都の食を繙くには、 まず京都人の日常の食事から。

というわけで、普段の昼食を囲んで、鼎談スタートです。

●やじきた対談 市川染五郎×市川猿之助

過去2回、松本幸四郎さん、市川猿之助さんコンビが弥次さん喜多さんを演じて 大好評となった『東海道中膝栗毛』。

同シリーズの第2弾『歌舞伎座捕物帖』が シネマ歌舞伎になります。

それを記念して、猿之助さんと染五郎さんによる対談を決行。

『幸四郎さんの間違いじゃないの?』と思った方もいるのでは。いえいえ、心配ご無用。

「この芝居に一生出続けたい!」と宣言しているほど、 この芝居を愛しているのが染五郎さんなのです。

 ●日本のジェラート最前線

ジェラートのみを販売する専門店を“ジェラテリア”というのをご存じですか?

日本発のジェラテリアが登場し始めたのは、20年ほどのこと。

当時はまだ生のフルーツを使う店は少なく、 産地へのこだわりもいまほど強くなかったといいます。

それがいまや産地や生産者をも厳選した旬のフルーツを楽しめる ジェラテリアが日本各地に登場しています。

●松田美智子さんの「終のキッチン」の作り方

年を重ねるにつれ、家族の形態は変わり、住まいのあり方、 暮らし方は大きく変わります。

なかでもキッチンのあり方は、 さらに重要になっていきます。

食べる、集う、楽しむことに熟知した料理のプロ、

松田さんの経験に基づく貴重なアイデアを満載したキッチンには、

これからの人生の過ごし方のヒントが隠されています。

●今年の「華メガネ」はソフトキャッツアイ

顔立ちを若々しく見せる私たちの強い味方、「華メガネ」。

今季注目したいのは、やや目尻が上がっている、キャッツアイと呼ばれるタイプです。

個性が強いのではと敬遠されがちなフォルムでもありますが、

猫の目を思わせる形が愛らしさを引き出し、

掛けるだけで女性らしく見える効果はぜひ取り入れたいもの。

 なかでもおすすめなのが、いま、ラインアップが充実してきた、 “ソフトキャッツアイ”です。

効果的な一本を選び、新鮮な印象を手にいれましょう。

●一生、鍛える! 週に3回、泳ぐことを欠かさない、103歳の女性がいます。

山口県在住の長岡三重子さん。

泳ぐことで生活リズムが整い、 泳ぐことで体調が整う、

体を動かすことは、 生きていくうえでの柱となる存在です。

人生100歳時代が夢ではない現在、 一生健やかに、自分らしく生きていくために必要なことは何か。

いま運動している人も、必要性を感じつつできていない人もあらためて知ってほしい、

最新知見から読み解く、一生続ける筋力トレーニングのすすめです。

【別冊付録】 ISETAN×婦人画報 もう一度、美容に恋する  」

京都移住について考える・「老後は京都で」~トップページに戻る

コメント

「あまから手帖」2月号は、京都特集号 !

2018年01月21日 | 雑誌の京都・奈良特集 
あまから手帖 2018年 02 月号 [雑誌]
クリエーター情報なし
クリエテ関西

◇ 

京都移住について考える・「老後は京都で」~トップページに戻る

コメント

Casa BRUTUS の京都特集号、、、、

2017年10月09日 | 雑誌の京都・奈良特集 
Casa BRUTUS特別編集 京都 (マガジンハウスムック CASA BRUTUS)
クリエーター情報なし
マガジンハウス

「 KYOTO TRAVEL GUIDE

京都

観光、買い物、グルメ。

京都のすべてを案内する完全版ガイドブック !

伝統と現代のセンスをマッチングさせた新しいものづくりや、

祇園の日本建築と現代アートをコラボさせた美術館。

古いものと新しいものが意外な長所を引き出しあう京都ならではの魅力を求め、

旅人はこの街に集まります。

通が教える、今訪れるべき京都を一挙に紹介 !

SPECIAL REPORT 京都通が噂する、必訪の3軒詳細レポート!

●フォーエバー現代美術館、朝日焼shop & gallery、森の中の家 安野光雅館

GUIDE 01 手仕事を買う。

●職人と共にモダンな品を「誂える」〈昂 KYOTO〉。
●老舗伝統工芸の実験場、〈Kaikado Cafe〉。
●職人の手仕事を今に伝える、〈HIN アーツ&サイエンス 二条通京都〉。
●「究極の土産屋」、〈三三屋〉。
●今、欲しい手仕事カタログ。

GUIDE 02 美術館で京の美を学ぶ。

●美術史家、山下裕二が教える京都の美術館・博物館。

GUIDE 03 名建築を訪ねる。

●一般公開を開始した京都迎賓館、京都御所を歩く。
●建築家・長坂常の「じょう散歩」京都編。

GUIDE 04 目利きの店に行く。

●目利きがつくる〈直珈琲〉。
●達人の見立てを堪能する店。

GUIDE 05 新世代の職人を知る。

●染織家/吉岡更紗、建築家/木島徹、菓子職人/藤田怜美

GUIDE 06「食」で旅する。

●フードディレクター・野村友里が巡る京都の珈琲、食材・食道具。

GUIDE 07 休憩は珈琲で。

●珈琲&カフェの新潮流!

GUIDE 08 美しいおやつ。

●京のおやつと箸休め。

GUIDE 09 ストーリーのある宿へ。

●進化する京都の宿/Four Seasons Hotel Kyoto、四季十楽、

ホテル アンテルーム 京都、HOSOO RESIDENCE etc.

GUIDE 10京都郊外への旅。

●久美浜、大原、木津、京丹波

GUIDE 11 京都を食べつくす。

●京都人が本当に通う美味い店、74軒。

GUIDE 12 京都を持ち帰る。

●目利きが見立てる、京土産。

KYOTO PERFECT MAP

●京都パーフェクト・マップ  」

京都移住と健康について考える・「老後は京都で」by 京カフェ~トップページに戻る

コメント

やっぱり行きたいね、京都。

2017年10月08日 | 雑誌の京都・奈良特集 
CREA2017年11月号 やっぱり行きたいね、京都。
クリエーター情報なし
文藝春秋

「 京都の美術館には端正な庭がある/朝は炊きたてごはんではじめる
理想の住居を知る/紅葉の隠れ名所を探して/目にも嬉しいおいしいおやつ
三条会商店街をぶらぶら歩く/本を持って、カフェで過ごす
老舗の、新・お茶の世界を体験する/パンの町で見つけた最高のハード系
改めて枯山水をお勉強/今度こそ、骨董デビュー/名刹の窓から見えるもの
割烹ののれんはランチでくぐる/京都の植物園に行ってみた
語りたい作家の器を見つける/夜は居心地のよいビストロで
町の本屋さんがあるっていいね/呑み屋はカウンターか、立ち呑みか
深夜だって食べたいこの一品/紅葉狩りに連れて行きたいお弁当
おぜんざいであったまる/名店の日用品を手に入れる
京都で北欧ヴィンテージに出合う/どうしても泊まりたい宿がある
ひとりでも楽しいリド飲食街/町とともに進化する京都のスタバ
絶対に買っておきたい手みやげ選/美しい和菓子で秋を知る
調味料は専門店で買い求める/町家とパフェとチョコレート

KYOTO column
京都で町家に住むということ/「限定」「特別」で覗く、京都の奥のほう
出町座オープンと聞いて、行ってみた

京都おいしいごはんリスト
おだし/お肉/おうどん/祇園中華/京カレー/丼/麺/テイクアウト

京都街歩きマップ2017

PEOPLE

坂口健太郎「好青年の別の顔」

京都移住と健康について考える・「老後は京都で」by 京カフェ~トップページに戻る

コメント

京都、ひみつのさんぽ道

2017年10月06日 | 雑誌の京都・奈良特集 
婦人画報 2017年 11月号
クリエーター情報なし
ハースト婦人画報社

婦人画報の11月号は、京都と銀座の特集号、、、、

●京都 秘密のさんぽ道

山々に紅葉が広がる嵐山から、坪庭の紅葉が色づく祇園まで、
秋が深まるにつれ、京都全域は美しく色づいていきます。
多くの人が足を運ぶ名所もさることながら、
まだ知られていないような道を散歩したい――
そんな思いから、京都で暮らす人々から聞いた秘密の小路、
とっておきのエリアを探してみました。


●松嶋菜々子さんと歩く、京都・東山紅葉さんぽ

京都市街、祇園町のある東山エリアには、南北に連なる山々の合間に多くの寺院があり、
数多くの紅葉名所があります。
かえでやもみじが美しく色づく季節を迎えたころ、
女優の松嶋菜々子さんが、名所の数々を訪れました。


●芸妓、紗月さんが案内する祇園路地さんぽ

にぎやかな四条通、花見小路から一本入るだけで、
祇園町はまったく違う顔を見せます。
暮らす人だからわかる、心地よい路地の歩き方を
人気NO.1の芸妓・紗月さんに教えてもらいました。


●庭園デザイナー鳥賀陽百合さんが指南する、秘密の庭園

京都にはたくさんの名庭があり、この街でしか見ることのできない景色が残っています。
日本とカナダで庭園の勉強をし、庭園デザイナーとして京都で活躍する
鳥賀陽さんに“日本庭園の新たな楽しみ方"を教えていただきました。まずは、
庭を楽しむ5カ条を心に留めながら、この秋、5つの名庭をさんぽしてみませんか?


●ジェーン・バーキン×シャルロット・ゲンスブール

母として―3人の娘へ伝えたいこと。歌手として、女優として、
あるいはファッション・アイコンとしてばかり
語られることの多かったジェーン・バーキン。
世界が注目し続ける憧れの人にも、葛藤あり、涙あり、病あり。
パリ在住の80年代からいまに至るまで、ジェーンさん一家とは
30年来の深い親交を保つ作家の村上香住子さんが
初めて綴りました。あなたの知らない「母親」としてのジェーンさんの姿です。


●美と粋を育む街、銀座

東京オリンピック、パラリンピックを控え、
日々変貌を遂げる銀座。江戸の「粋」がいまも息づく街を
支えるのは銀座を愛し続けてきた人たちの気概です。
そんな人たちが守ってきた銀座だからこそ、
街が「おしゃれ」を育み、その「おしゃれ」をまとって、
銀座をどこまでも歩き続けたくなるのです。
銀座で密かな活動を続ける「銀座人」の知られざる様子や、
銀座ならではの美のエッセンスを掘り下げていきます。


●「からす組」の銀座愛

世界各国からのゲストを迎える華やかさと、
人と人との結び付きを大事にする下町らしさ。
そんな銀座の魅力は、京都とはまた別格。
ここで商売をする旦那衆、女将衆たちが率先して街全体
を盛り上げていることから、ときに「銀座は日本一の商店街」などとも称されます。
今回は、数多くある銀座の町内会活動のなかでも
邦楽を軸に結束を固める「からす組」の皆さんに
銀座愛を語り尽くしていただきます。


●宝生和英、ヴァチカンに舞う

2017年6月24日、ここはカトリックの総本山、ヴァチカン市国。
初期ルネッサンス様式の宮殿に集まった人々が固唾をのんで見守るなか、
白く輝く装束に身を包んだシテ・キリストが舞台に舞い降りました。
能楽宝生流唯一のキリスト教を題材とした
演目であり、長らく幻の演目とされてきた『復活のキリスト』。
じつに54年ぶりの上演を実現させた
宝生流20世宗家・宝生和英さんの挑戦をレポートします。


●マリー・ローランサンに魅せられて

繊細で、夢見がちで、天真爛漫で、ちょっと憂鬱。
美しいものに激しく憧れ、好きなことには恐ろしいほど頑固。
彼女は、そんな少女的特性を、生涯手離すことなく描き続けました。
優美な色彩のなかに溢れる「私は私! 」という強烈な個性は、
次代を超えて輝き続けています。    」

京都移住と健康について考える・「老後は京都で」by 京カフェ~トップページに戻る

コメント

京都・滋賀 おでかけ

2017年09月29日 | 雑誌の京都・奈良特集 
LEAF(リーフ)2017年11月号 (京都・滋賀おでかけ)
クリエーター情報なし
リーフ・パブリケーションズ

「 心地よい風が秋を感じさせるシーズン到来。

どこかへでかけたくなったら、日帰りでぶらりと行けそうな、

京都・滋賀のちょっと郊外へ。

自然を堪能できる絶景に、その土地ならではの美味しい食やお土産も楽しめる、

贅沢なプチおでかけを味わいに行こう !

●巻頭特集

『京都・滋賀おでかけ』

・京都・滋賀おでかけ
・いま行きたい食の宝庫 京丹後へ
・舟屋の町 伊根町へ
・海を眺めて 宮津へ
・歴史が息づく 綾部・福知山へ
・相楽郡の人々に会いに
・ハートのまち、宇治田原へ
・宇治のお茶と文化
・田園都市、京田辺・松井山手へ
・湖西ー南ー 天空の絶景
・湖西ー北ー 自然を満喫
・新スポット続出 近江八幡・東近江へ
・甲賀で近江茶デビュー
・山々を望む米原へ
・京都・滋賀 家族で行きたいスポット
・知っトク快適生活のヒント vol.30
・京都にできた新しいお店11軒
・クレイジーケンバンド 横山剣
・連載 やさいのごちそう vol.22
・連載 京おんなの流儀 女子力アップ術 vol.53
・Interview[行定勲監督]
・Interview[松岡充×丸尾丸一郎]
・Interview[KANA-BOON]
・Interview[當山みれい]
・Cinema / Music/ Book / Comic / Stage
・EVENT & INFORMATION
・おたよりーふ
・今月のプレゼント
・今月の占い
・次号予告&バックナンバー  」(内容紹介)

京都移住と健康について考える・「老後は京都で」by 京カフェ~トップページに戻る

コメント

国宝と紅葉の京都へ

2017年09月08日 | 雑誌の京都・奈良特集 
サライ 2017年 10 月号 [雑誌]
クリエーター情報なし
小学館

国宝と紅葉の京都、、、、という特集を組んだ

サライの最新号。

「応仁の乱の歩き方」という記事も、、、、

京都移住と健康について考える・「老後は京都で」by 京カフェ~トップページに戻る

コメント

ひみつの京都

2017年09月06日 | 雑誌の京都・奈良特集 
Hanako (ハナコ) 2017年 9月28日号 No.1141[ひみつの京都]
クリエーター情報なし
マガジンハウス

「 ひみつの京都。

とびらを開けたら異空間。

ひっそりと佇む、いい店。

さらに路地裏に分け入って。

おいしい店は2階にある。

知らなきゃ絶対損をする! 名店の隠れたスペシャルズ。

隠れた逸品を探せ! 京都の“いいもの"めぐり。

せっかく泊まるなら、クセのある個性的な京の宿へ。

みんなが知っている名店の新たな挑戦に注目。

ライフスタイルに取り入れたい 伝統の新しいカタチ。

食べて、食べて、食べ尽くす!
カロリーメイツ京都の旅。

築100年の町屋でクラフトビールを。

KYOTO GOOD PHOTO SPOT Part.1

KYOTO GOOD PHOTO SPOT Part.2

KYOTO MAP 2017

ときには少し足を延ばして。
意外と知らない注目の3エリア。宇治/久美浜/大山崎

[第2特集]

あたらしくて、かわいい 奈良

変わりゆく、新しい町を引っぱる2軒。

かわいい奈良、散策マップ。
きたまち/高畑/ならまち

泊まるならココで決まり! 奈良を感じるとっておきの宿。

Book in Book

京都通がこっそり教える、本当はひみつにしたい店。

芸妓&舞妓/タクシードライバー/GO ON/宿の看板ガール

京都の若旦那/京都在住ライター・・・ など    」

京都移住と健康について考える・「老後は京都で」by 京カフェ~トップページに戻る

コメント

お邪魔します、京都。

2017年06月09日 | 雑誌の京都・奈良特集 
POPEYE(ポパイ) 2017年 7月号 [お邪魔します、京都。]
クリエーター情報なし
マガジンハウス

京都特集を組んだ、POPEYE(ポパイ) 誌の7月号、本日発売 !

「 若いときって、京都よりもニューヨークやパリに行ってみたいじゃないですか ?

でも、今京都に行くと、ニューヨークやパリからやって来た若者で溢れている。

灯台下暗し。こんな楽しくて素晴らしい場所、早めに行かないと損するよ  」(内容紹介)

京都移住と健康について考える・「老後は京都で」by 京カフェ~トップページに戻る

コメント

「京都散歩主義」 ~ 和樂(わらく) 6月号

2017年05月02日 | 雑誌の京都・奈良特集 
和樂(わらく) 2017年 06 月号 [雑誌]
クリエーター情報なし
小学館

「京都散歩主義」という大特集を組んだ

和樂(わらく)誌の 6月号、、、、

以下は、その内容紹介。

「 目指しているのは日本文化の民主化です !

和樂名物! 年に一度の大京都祭号 !

(大特集60ページ)

2017年版最新情報付き !

どこよりも京都を知り尽くしたスタッフがご案内します !

京都散歩主義

一、和樂茶の湯マスターが案内 !

「茶味」(ちゃみ)こそが京都 !

二、和樂食探偵が案内 !

実録 ! 京都のうまいもの探訪記

三、和樂学生気分担当が案内 !

京都って日常がいちばん刺激的 !

四、和樂旅イストが案内 !

鞍馬・貴船の新緑歩きがサイコー !

五、和樂日本美術部長が案内 !

江戸時代絵画の名作を求めて古美術商へ !


(付録も京都だ! )

目的別 京都を楽しむぶらぶら旅、6コース

(綴じ込み付録)

編集部も使ってみました !
歌麿ポペンメッセージ付箋

(日本美術特集)

世界一の美人画マエストロの魅力と秘密、徹底検証
歌麿のすべて

(ライフスタイル提案)

毎日がこんなに豊かにな る!
拝見 ! 「日本美術」のある暮らし

(口絵)

竹工芸を芸術に昇華させたひとりの男がいた !
世界が愛した、飯塚琅玕斎 の竹籠

(連載)

彬子女王、坂東玉三郎、ドナルド・キーン、辰巳芳子、橋本麻里  」

京都移住と健康について考える・「老後は京都で」by 京カフェ~トップページに戻る

コメント

秘密の京都へ !

2017年04月09日 | 雑誌の京都・奈良特集 
ELLE JAPON (エル・ジャポン) 2017年 05月号
クリエーター情報なし
ハースト婦人画報社

ELLE JAPON (エル・ジャポン)誌の5月号。

「秘密の京都へ ! 」という企画記事も、、、

以下は、その内容紹介。

「 ●新しいヒロイン誕生! エマ・ワトソンの魅力に迫る

『美女と野獣』の実写化で、初のミュージカルに挑戦するエマ。
今や生きがいとなったフェミニストとしての活動や現在の生活、
映画のヒロイン・ベルの魅力について語ってくれた。


●おしゃれスナップ選手権 !

コレクション会場から撮れたてのスナップが到着。
オフランウェイの最新ヒットアイテムは?エディターはどうコーディネートしてる?
これを見れば春夏のおしゃれ計画はパーフェクト! モード好きは必見です。


●やっぱり「ロブ」が好き !

ロブヘアにするモデルやセレブが急増中。
それも毛先に動きがあったり、ウルフやマッシュなどの要素を取り入れた
ニュアンスたっぷりのスタイルが人気だ。
今すぐマネしたい話題のニュアンスロブを早速チェック!


●古くて新しい京都へ !

最近京都に行きましたか ?

伝統を守りながらいつも面白い“何か"が起こっているこの街。

ユニークなショップが次々とオープンし、新世代の京グルメはとてもパワフル。

世界のトラベラーを引き寄せる魅惑の街、最新の京都を見つけに行こう。


●旬メイクは“1、2、3"ステップで !

トレンドメイクって難しそう……と思ってない?
ちょっとコツを押さえるだけで、一気に旬顔になるテクニックを
メイクアップアーティストMICHIRUさんが伝授。
1、2、3の3つのレッスンでいつもと違う新しい自分に出会って!


【ELLE MEN】

2PMのウヨンが、「ELLE JAPON」にソロで登場!
クールな視線に夢中 !     」

京都移住と健康について考える・「老後は京都で」by 京カフェ~トップページに戻る

コメント

京都 ~ 和も洋も、古くて新しいモダンな町

2017年04月07日 | 雑誌の京都・奈良特集 
Hanako (ハナコ) 2017年 4月27日号 No.1131[和も洋も、古くて新しいモダンな町 京都]
クリエーター情報なし
マガジンハウス

マガジンハウス社のシティライフスタイルマガジン、

Hanako (ハナコ)誌の4月27日号の特集は、

「京都 ~ 和も洋も、古くて新しいモダンな町」。

以下は、その内容紹介。

「 和も洋も、古くて新しいモダンな町 京都

土屋太鳳さんと、モダン京都をめぐる旅。

京都モダンが詰まった、4つの物語。

新しいスタイルの京のおいしいもん。

フォトジェニック! な、甘いもん×辛いもん。

漫画家・魚田南さんが案内する モダン中華

京都の珈琲が深化しています。

カルチャーミックスなカフェが今おもしろい!

インスタグラマー・きょん。さんが案内する 乙女スイーツ

京都でいま訪れたい うつわと雑貨のお店。

ことり会・ライター小春さんが案内する 麗しの洋館たち

モダン京都マップ

チェルシー舞花、町家に泊まる

京都だからできるとっておきの体験。

ラグジュアリーホテルの注目トピックス。

楽しみ方が広がる個性派ステイできる宿。

着いてから帰るまで、一食入魂、何食べる?

INTERVIEW
FTISLAND

Book in Book

歩いて、自転車で、舟で。
春だから ! 川さんぽ。
高瀬川、白川、鴨川、宇治川、宇治川派流・濠川、保津川~桂川   」

京都移住と健康について考える・「老後は京都で」by 京カフェ~トップページに戻る

コメント

京都の醍醐味

2017年02月07日 | 雑誌の京都・奈良特集 
家庭画報 2017年 3月号 [雑誌]
クリエーター情報なし
世界文化社

「京都の醍醐味」という創刊60周年記念企画を掲載した

「家庭画報」誌の3月号、、、、、

「京都料理人たちによる珠玉のレシピ」という

「綴じ込み付録」も !

以下は、その内容紹介。

「【創刊60周年記念企画】

 春夏秋冬の京都を家庭画報が総力取材

 ◎ 京都の醍醐味

・岸 惠子 ~奇跡の女性
・上橋菜穂子の魅力に迫る/女優・杏との対談を交えて

◎極上ホテルで過ごす
〔第1部〕 母娘で満喫する、美食のホテル
〔第2部〕 世界一の東京スパへ

・シャンパンで華やぎの一夜を ~グランシェフと美酒の特別なコラボレーション
・誌上初公開 「ヴァチカン教皇庁図書館」の至宝
・名家の雛巡り ~商家と武家の雛祭りを訪ねて

〔新連載〕 辻井伸行「音の旅人」

【記念プレゼント企画】
人気ブランドの最高峰バッグ60個をあなたに

【綴じ込み付録】

創刊60周年記念連続企画 「家庭画報のレジェンドレシピ~京都料理人編~」
3号連続でお届けする 第二弾は、京都料理人たちによる珠玉のレシピ  」

京都移住と健康について考える・「老後は京都で」by 京カフェ~トップページに戻る

コメント

京都・滋賀の新しい店 153

2017年01月28日 | 雑誌の京都・奈良特集 
LEAF(リーフ)2017年3月号 (京都・滋賀 新しい店153)
クリエーター情報なし
リーフ・パブリケーションズ

京都・滋賀の情報誌、LEAF(リーフ)の3月号、、、、

以下は、その内容紹介。

「 京都・滋賀にオープンした新店を153軒紹介。

カフェやコーヒーなど人気ジャンルのニューフェイスから、

エリア毎の注目店まで「ここは知っておいて! 」というお店がズラリ。

料理も雰囲気もじっくり味わいたい素敵なお店をチェックして!

■巻頭特集

『京都・滋賀 新しい店153』

京都・滋賀 新しい店153
気になる街中ランチの新事情
止まらないコーヒーブーム!
今おもしろい商店街のニューフェイス
牛だけじゃない! 肉ブーム再燃
味わって食べたい和食
今行きたい江戸前寿司
今宵はサク飲み & 立ち呑みへ
ニュースなカフェ
じわじわ来てる! 焼き菓子ブーム
もう行った? ウワサのスポット
今最も注目の街 大津
美味しいが集まる 中京区・下京区
気軽に出かけたい 北区・左京区
気になる上京区・右京区・西京区
東山でおもてなし
話題豊富な伏見
わざわざ行きたい郊外
滋賀の実力派カフェ
ガテン系もおまかせ ! 注目のラーメン&肉
わざわざ食べに訪れたい必食の一品
雰囲気のいい店でおもてなし
インタビュー [松坂桃李 ×菅田将暉]
インタビュー [古川雄大]
連載 やさいのごちそう vol.14
連載 京おんなの流儀 女子力アップ術 vol.44
インタビュー [PUSHIM]
インタビュー [サンドクロック]
Cinema / Music / Book / Comic / Stage
EVENT & INFORMATION
おたよりーふ
今月のプレゼント
今月の占い  」

京都移住と健康について考える・「老後は京都で」by 京カフェ~トップページに戻る

コメント

京都 おやつとごはん 2017

2017年01月27日 | 雑誌の京都・奈良特集 
SAVVY(サヴィ) 2017年 03 月号 [雑誌]
クリエーター情報なし
京阪神エルマガジン社

京都のおやつとごはんを特集した

SAVVY(サヴィ) 誌の3 月号、、、、、

京都移住と健康について考える・「老後は京都で」by 京カフェ~トップページに戻る

コメント