へたな写真好き 

世界のエアショー、日本の建物、日本のお城、街並み、思わぬ発見があります写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

2013年5月3日チノエアフィールド 

2018-02-13 11:35:25 | 博物館

2013年5月3日朝ロサンゼルス空港に着きすぐに、宿泊地オンタリオにバス移動ヨシノヤで昼食後

エアショー会場のチノエアフィールドへ、主催するプレーンズオブフェイム エアミュージアムは

無料公開されていた

 

この年は本命の零戦52型は所沢に出張中で代わりの22型      このフォッケウルフFw190はレプリカ

 

P38Hライトニング 乗り込みは上の部分を跳ね上げて乗る     朝鮮戦争のヒーロー ノースアメリカンF86Fセーバー

 

ロシア製の傑作機Mig15エンジンを乗せ換えてセーバーと空中戦   ホットロッドで飛行場内をドライブする人も

 

グラマンF3F通称フライングバレル                ダグラスAD-5スカイレーダー 操縦席は並列式

 

ヴァルティーBT-13改造99式艦爆(VAL)              上空ではオラクルアクロバットチームが練習中

 

独特な引き込み脚と折りたたみ機構のF4Fワイルドキャット     穴あきフラップを開いているSBD-4ドーントレス

 

最後のレシプロ艦上戦闘機F8Fベアキャット            セスナの攻撃機

 

グラマンJ2Fダック                       リノエアショー出場機

 

イギリス製の機体を改造したレース機               シャークマウスがよく似合うP40ウォーホーク

 

ノーマルクラスでリノエアレースに出ているP51D         ショー当日は休館になる隣のヤンクスエアミュージアムへYP-47M-1

 

空挺部隊用のブルドーザー                    ジープに牽引されたままグライダーに搭載できた75㎜曲射砲

 

P51A 高空でのエンジン出力不足で攻撃機に改造されたものも   ロケット特攻機桜花

  

複葉機は多数展示してある                   WW1パイロット          WWⅡパイロット

  

グラマンF11タイガー艦上戦闘機                休憩室にはたくさんの機体の操縦席の写真が

 

コメント