KYO‐Gのコラム

大好きなハワイ、トライアスロン、ロードバイク、サーフィン、スキーその他興味があること、そして単なる日記(笑)を書きます。

データマイニングでテロは防止できるか(下) (HOTWIRED) - goo ニュース

2006年03月25日 04時33分40秒 | 時事・ニュース
データマイニングでテロは防止できるか(下) (HOTWIRED) - goo ニュース

なるほど。

あまりにも確立が低いものに関しては、データマイニングの手法がとれないということですね。

テロ対策、刑事ドラマのような聞き込み捜査が有効なのでしょうか。

【記事抜粋】
具体的な数字を挙げて説明しよう。楽観的ではあるが、偽陽性の確率が100分の1(精度99%)、偽陰性の確率が1000分の1(精度99.9%)のシステムがあるとする。そして、人々の電子メール、電話、買い物、訪問したウェブサイトなど、ふるいにかけるべき事象が年間1兆件あると仮定する。こうした事象が米国民1人につき1日当たり10件ほどあるという計算だ。1兆件のうち10件が実際にテロ計画に関連しているとしよう。

 この信じられないほど正確なシステムをもってしても、テロ計画を1件突き止めるごとに10億件の誤警報が発せられる。警察当局は1ヵ月に1件のテロ計画を見つけ出すために、1年を通じて毎日2700万件の怪しい情報を調べることになる。偽陽性を減らすために精度を99.9999%というとんでもない数字に上げても、毎日2750件の誤警報を追跡しなければならない。しかも必然的に偽陰性のほうの件数が増えるため、年間10件のテロ計画のうちいくつかを見落とす結果になるだろう。

『社会』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« JAL 国内線のスパークリ... | トップ | 新しいサントリーモルツ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

時事・ニュース」カテゴリの最新記事

トラックバック

情アドH17-午前問5 (ネットワークの勉強)
---問5 データマイニングの説明として、適切なものはどれか。 ア 大量のデータを分析し、単なる検索だけでは発見できない隠れた規則や相関関係を導き出すこと。