Chocolat cuisine

しょこらが出会った、作った、食べた、
美味しいもの★いろいろ綴ってます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

発酵種法で本格手ごねパン

2017-02-01 11:41:42 | パン講座


あらかじめ発酵熟成させた生地を用いる「発酵種法」はプロのテクニック。

難しそうなイメージがありますが、理論さえ分かれば、意外と簡単なんです。

自宅でもパン屋さんのようなおいしいパンが作れますよ。

講座では発酵種法で「コリントレーズンとオレンジピール入りのライブレッド」を作ります。

ライ麦とドライフルーツの相性は抜群ですよね。


一般的にライ麦粉といえば、ドイツ産を思い浮かべるかと思いますが、

私は、フランス産もしくは北海道産のものをいつも使っています。

ドイツ産より酸味が少なく、誰にでも好まれるライ麦パンに焼き上がるからです。

今回の講座では、北海道産を使用します。


酵の合間に、ドイツの編みパン「フレヒテン」を成形から行います。

6本編みに挑戦してみましょう♪

ソフト系食事パンで、そのままでも、ジャムをつけて食べても。

大きな「ライブレッド」「フレヒテン」各1個ずつお持ち帰りできます。


この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 12月のパン「クグロフ・アル... | トップ | 話題の「もち麦入り食パン」... »
最新の画像もっと見る

パン講座」カテゴリの最新記事