京男雑記帳

洛中で生まれ育った京男が地元視点で見た日常風景や話を雑記的に掲載

財布を忘れて神幸祭

2019年09月17日 04時40分21秒 | 風景・和菓子

↑御神輿の大切なパーツなんでしょうね



16日、出会うだろうなぁ・・・と思っていたら三嶋神社の神幸祭にいきあたった。
京女と出かけバスに乗ったのに、財布を忘れたことに気が付く。
「♪財布を忘れて 愉快な京男さん♪」と歌いながらバスを降り、渋谷街道を東に登って行く。
すると三嶋神社の神幸祭のオープニングをしていた。











カシャン・カシャン・カシャン・カシャンという音が聞こえてきた。
鳴らしているお兄さんは、ちょっと飛び跳ねたはります。
そえを交代しながら氏子さんの範囲を音で清めているのかな?
それとも祭やでぇ〜ということなのかな?


↑亀屋良長「みのり」

この後、家に帰って、バスに乗って京女を追いかけたので祭の様子はわかりません。
残念。でも財布を忘れたお陰で出会えました。
めでたし、めでたし。


↑上用、こしあん

和菓子
クリエーター情報なし
河出書房新社

↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)000(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 敬老の日 | トップ | トルコライス? »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おはようございます (すー)
2019-09-18 04:35:14
こちら伏見の御香宮さんの神幸祭ももうすぐ始まります。
サザエさんのように財布を忘れて、見られたということで、ラッキーでしたね。神幸祭を見かけるために神様が忘れさせた。そう思うと楽しいですよね(^_^)ニコニコ
>すーさん、おはようございます (京男)
2019-09-18 05:29:24
鞄を替えるとそういうトラブルが起こります。
気をつけないといけません。
怪我の功名はありましたけど。

コメントを投稿

風景・和菓子」カテゴリの最新記事