京男雑記帳

洛中で生まれ育った京男が地元視点で見た日常風景や話を雑記的に掲載

Amazonでサンドイッチ、amazonで桃屋きざみしょうが

2018年09月17日 07時36分40秒 | 
昨日は、蒸し暑く夏のようでした。
服装も夏仕様。


↑Amazon(アマゾン)ハムサンド

早朝の電話で、作業をしなければならなくなり、作業。
いつもなら昼前に京女と実家に行く予定がちょっと時間が遅くなった。
まあ、そういう時もある。
ついでにランチをAmazonに行くことにする。
Amazonのサンドイッチが結構好き。


↑きゅうりが好きやねぇ

Amazonと行ってもなんでも通販のamazonではない。
なんでも通販のamazonは、最近売り出してきた会社。
ランチに行ったAmazonは、40年以上の歴史がある。
京都市内には、こういう喫茶店がたくさんありました。
いまのカフェなんて喫茶店に比べたら、私は好きにならない。



イノダだってゆっくり本を読むには良い場所だった。
いまは、オバハンの声がうるさくて本なんか読んでられないけど。
スタバなんて大してコーヒーが美味しいとも思わない。
自分で席に持っていくんあんて、私はいややね。
また、道路にイスを出す方式も嫌です。
京都市内は、排気ガスが臭いのと、黄砂みたいな埃が舞っている。
パリなら許せるのかもしれへんけど、京都市内は許せない。
蒸し暑いしね。そういう意味では鴨川納涼床なんて最低だと思う。
あんな所で飲み食いは辛すぎる。
しかも知り合いに目撃されるリスクもある。
アホな観光客用やね。あれは。


↑アメリカン

貴船の川床の方がまだましかも。
あの当たりなら涼しいだろう。
いつか、あそこで流さし素麺を食べたのを思い出す。
あれも悲しい食べ物やね。
そこまでして素麺を食べたいか?
私はいりません。
何処でとれたかわからへん鮎の塩焼きなんかも悲しい。
日暮れになり、寒くなり、流し素麺を食べると心まで冷えてきます。
夢が無くてすんません。
地元の人間はそう考えております。


↑エビカツサンド

鴨川で最近、民泊に泊まった外人が泳ぐらしい。
困ったもんですね。
外人が一人鴨川で死んでたらしい。
「京都 鴨川殺人事件」やね。
夜になると外人鴨川の川岸をフラフラ歩いているらしい。
なんかいややね。



錦市場もいまや京の台所なんて状態でなくなってきている。
朝から民泊に泊まっているアジア系外国人が材料を買っていくらしい。
食中毒とか大丈夫なんだろうか?
食べ歩きも当たり前だし、デパ地下でも同じような状態。
もし外国人観光客が倍になったら、ゾッとしますね。



写真の説明に戻らないと。
京女とAmazonでサンドイッチランチなんて初めてかも。
半分ずつ食べた。



その後、父親のために「桃屋きざみしょうが」をリカマンで探す。
1個しかなかった。
父親はなぜか「桃屋きざみしょうが」が好きなんです。
1個プレゼントしたら喜んだ。
それならと家に帰ってからamazonで2ダース手配した。
これで当分楽しめるだろう!
探すと売ってないものですよ「桃屋きざみしょうが」。(笑)

和菓子
クリエーター情報なし
河出書房新社

↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 鰐口 | トップ | 1本針の腕時計 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おはようございます (すー)
2018-09-17 08:25:52
不満、爆発ですね。
でも、頷くところもたくさんありました。
>すーさん、おはようございます (京男)
2018-09-17 08:36:44
市長が目先で京都市を運営しているようにみえます。
国に同調する必要なんかない。
京都は少なくとも100年単位で考えないといけません。いまのままでは、テーマパークに成り下がります。

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事