京男雑記帳

洛中で生まれ育った京男が地元視点で見た日常風景や話を雑記的に掲載

オコトーサンドス

2009年12月14日 05時19分20秒 | 風景


写真は、昨日の安井金比羅宮の鳥居。
もうお正月用のお飾りがしてあった。
さすが「事始め」や。





まさか、「縁切り事始め」なんてやったはらへんやろな・・・。
ここのお飾りは面白い。
○に金が光っている。


↑想像写真です。行ってもこんなになっていません。

昨日13日は、「事始め」。正月の用意にとりかかる日。
「コトハジメになって、ケジョワシオスナ」という会話があちこちで聞かれる。
テレビのニュースで、芸奴さんや舞妓さんが、京舞の師匠宅に鏡餅をもってあいさつに出向くのを観やはったかもしれませんね。
テレビはチャンと説明せえへんから、なんのことかわからんと思います。



私はその様子を撮影に行ってません。
舞妓さんの後をゾロゾロついてまわり、撮影する金魚のフン状態は、ようしません。
知った人に観られたら、困るしね。よそさん(地方の人)はそんな心配はないんだろうな。
素人カメラマンの人たち、ええかげんにしておかんとあかんよ。
とても失礼な行為やし。
撮影対象が人の場合は、チャンとことわった方がええと思うけど。



祗園近辺のお餅屋さんは、忙しい一日。
お鏡をもって行くと、師匠から家紋の入った舞扇を手渡される。



この日から、迎春準備の忙しい日が続くので、祗園花街などでは「オコトー(事多し)サンドス」というあいさつが、大晦日まで続く。


↑南座の「まねき」は「京都の師走」という感じやね

この「事始め」は、重要な年中行事。
茶道や華道などでも行われている。
この行事が一般化して、お歳暮になったと思います。
だから百貨店が早割なんていって、10月末ぐらいから年末商戦をやったはるのはとんでもない間違いやと思うな。いまに百貨店、バチがあたるかも。



最後に年末のあいさつ例を書いておきます。
・室町風「おし詰まりまして、オコートーサンドス。旧年中は、ほんまにお世話になりまして」
・西陣風「おし詰まりまして、オコトーサンドス。きょう、(お鏡を)すえさせていただきます」
・祗園風「オメデトーサンドス。どうぞ、あい変わりあせず」いわれた人は「オメデトウサンドス。オキバリヤッシャ」
・京男風「キョーオトコは、エエ、オトコーサンデス」



こうやって京ことばを聞いているとなんだか怖くなるでしょ。
コメント (10)    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« しし鍋が美味しい季節 | トップ | だいだい色に輝く景色 »

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おはようございます (すー)
2009-12-14 07:40:11
すっかり、師走の話題ですね。
カメラマンの撮影態度も問題になりますよね。
注意しなくては^^;
>すーさん、おはようございます (京男)
2009-12-14 07:56:56
最近のカメラマンの態度は問題。
若い子なら注意したらいいのですが、お年寄りなのがちょっとね。エゴむき出しだもの。周囲の状況がまったく見えていない。若い子のことを言えないですね。携帯で撮影する元お嬢さんたちも問題。若い子の手本にならないし。
Unknown (水珠璃)
2009-12-14 08:35:51
京都の言葉。
先日の記事でも思いましたが、やはり京都はよそ者には見えない敷居が高い。
旅行者である私には親切な人が多い印象ですが。 写真撮影の話し『舞子Haaan』って映画思い出しました。映画の中では滑稽で笑えたけど、実際見たら嫌でしょうね。
>水珠璃さん、おはようございます (京男)
2009-12-14 10:22:23
京都の見えない壁みたいなものがあるでしょ。
京都人は結構イケズな性格かも。旅行者には表面は親切なんやけど、裏ではボロクソです。
撮影は、ちょっとやり過ぎに思います。老後の楽しみなんはわかるけど、撮った写真を棺桶にもってはいらはるのかな。
行事でもたくさん素人カメラマンがいますね。年々ひどくなる。人の場合は、外国みたいに「ワンダラー!ワンダラー!」と金品を請求したらええかも。
なかには偽物の舞子さんを追いかけている、疑似餌で釣られる悲しい魚のような状態のカメラマンもいます。(笑)
おそろしや~ (水珠璃)
2009-12-14 19:52:56
陰ではボロクソ、、、
もう京都には怖くて行けません!!!(笑)
単純な私にはややこし過ぎてよくわかりませんが、まぁ、だからこそ京都の方は濃やかな心配りが出来るのでしょうね。
関西(大阪?)はドキリとする程ストレートな物言いな方が多い印象ですが、京都は違うのが不思議です。
禁止区域に! (まさみ)
2009-12-14 20:55:43
あわただしい29日に京都に行くので
京の皆様の邪魔にならないよう
桂川のほとりでも歩いていようと思います。

祇園で小走りに走っている舞妓さんを見かけました。可愛そうに!
舞妓さんの歩く一角を
カメラ、ビデオ禁止区域にするしかないですね。


金比羅様の鳥居、
鉛色の空にそびえていますね・・・・・・
やっぱりコワイ・・・・
>水珠璃さん、こんばんは (京男)
2009-12-14 22:21:00
京都のイケズというやつです。
でもそれは、時の権力者とのつきあい方から生まれた知恵なんです。観光でくるのと実際に住むのでは、全然違いますね。
大阪のあけすけに実利をもとめる感じを京都人はきらいますね。その感覚よくわかります。京都は公家の感覚。大阪は、商人、江戸は武士の違いなんでしょうね。
>まさみさん、こんばんは (京男)
2009-12-14 22:26:12
29日か。気ぜわしいかもね。錦なんかに行くと雰囲気かな。
昔ほどではないけど。上賀茂神社は宝船のお飾りがしてあるからいいかも。
桂川を歩くの?中村軒はどうだったかな?

舞子さんの撮影は、ちょっとね。マナー違反だな。
彼女たちは営業で回っているから気の毒ね。

金比羅さんは、ちょっと不気味ですね。
この時の空が曇っていたからよけいそう感じる。
今からワクワク (まさみ)
2009-12-14 22:49:22
中村軒は茶店は28日までだそうです。
仕方ないので
生菓子を買ってホテルで食べます。
いくらなんでも店先でパクパクは・・・・

上賀茂神社さんの宝船ですね!
見たい!

とにかく人混みを避けて
さまよいます。
>まさみさん、こんばんは (京男)
2009-12-14 23:20:13
そうか。
室町和久傳なんかは、静かにお茶ができますよ。
http://www.wakuden.jp/ryotei/muromachi/index.html
喫茶の方なら大丈夫だと思う。営業しているか聞いたらいかが?

コメントを投稿

風景」カテゴリの最新記事