京男雑記帳

洛中で生まれ育った京男が地元視点で見た日常風景や話を雑記的に掲載

景観

2019年11月22日 05時12分11秒 | 風景・和菓子


なぜか今年は、紅葉名所に足が向かない。
近所の黄葉や紅葉で十分満足しているのです。
名所といわれる場所に行くと綺麗なのはよくわかりますが、観光客が多すぎる。



撮影をするのも大変なんです。
綺麗に撮れる場所ってあるじゃないですか。その場合、その場所で行列が出来るのです。待っていてアホらしくなる。
そこまでして撮影したなくない。
同じような絵しか撮れないしね。



こうやって近所の景色なら観光客も多くないし、撮影の邪魔もされない。
時間が短くて済むのもいい。
嫌になったら家にすぐに帰れるしね。



桜でも同じ、家のダイニングから桜を観ながら食事ができるのに、なんでわざわざ人の多いところに行かないといけないのかな?
最近、そう考えてきましたね。
十数年前と現在とでは、京都市内も変わってしまいました。
なんか京都市内がチャラチャラしているように感じる。
しかも、着物のようなものを来ている人も多い。あれも京都の景観を乱しているものに思う。



いま、東山地区の祇園新橋あたりで開店した焼き鳥屋の問題がある。
焼き鳥屋から出る煙や匂いが「景観」を台無しにしていると地元の人間ともめているらしい。確かにあの辺を歩いていて、焼き鳥を焼く匂いは、嫌かも。鰻ならどうだろう?匂いというか香りもイライラする要素になるのかも。
新京極の安物の香の匂いもいやですね。安物の下品なお香はいけません。


↑嘯月「秋の山」

着物のようなモノを着て京都の街中を歩くのも「景観」を乱すことになるかも。地元の人間としては、着物モドキは、だめだと思う。この季節になっても化学繊維で、ガラも季節感がバラバラ、草履がつらいのかスニーカー、眩しいのかサングラス、がに股や外股で歩く姿が実に醜い。それと食べながら、飲みながら歩くものいけない。タピオカが流行っているらしいけど、飲みきれずに中身の入ったまま棄てて行くのです。
観光客だけではないけど、スマホを操作しながら歩く人が多すぎる。
夏が終わっても日傘を使う、すれ違う時、危ないのです。「江戸しぐさ」を教えないといけませんね。


↑村雨※、粒あん
※村雨/米粉とこし餡を混ぜ、そぼろにして蒸したもの。

そろそろ京都市も観光対策をしないと観光客が逃げて行くように思う。
静かな、大人の街に戻って欲しい。
そう思う今日この頃です。
最近、どうもこの種の苦言が多くなって来ていますね。
許せないのですよ。外来種が。

和菓子
クリエーター情報なし
河出書房新社

↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)000(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 通りすがりの秋風景 | トップ | すき焼き好き? »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
紅葉 (常盤万作)
2019-11-22 07:53:13
京男様おはようございます。

紅葉の:景観は美しい。
しかし、足元に落ちていた一葉の紅葉も美しい。

応仁の乱くらい、京の町を焼き払いましょう。
>常盤万作さん、おはようございます (京男)
2019-11-22 08:57:40
昨日、有名所に行きました。
紅葉、桜も年々美しくなくなっていますね。
その割りに外国人観光客が多い。彼らは一生に一度ぐらいだから綺麗も汚いもわからないでしょうね。
街を整備するのに予算が必要なんですが、京都は赤字経営なのでだめです。地方の有力大名もいないし・・・。当分このままかな?焼き払うより引っ越した方が早いかも。
こんにちは (すー)
2019-11-22 13:22:00
私も近くの紅葉を愛でています。人が写らないように上ばかり向いて撮影も嫌ですし!

>着物のようなモノを着て京都の街中を歩くのも「景観」を乱すことになるかも。

そう、あの着物のようなものは公害かもですね。
それに、確かに京都がチャラチャラとしてきましたね。ちゃんと考えないと、未来は無いかも!
>すーさん、こんにちは (京男)
2019-11-22 14:38:42
昨日は、有名所を回りました。
人が多いです。
あの着物のようなものは景観を乱していますね。
太秦映画村のような場所ならいいと思いますが。
お寺や神社も本来の仕事をした方がいい。チャラチャラしすぎ。変な芸術家みたいなものに任さない方がいいですね。

コメントを投稿

風景・和菓子」カテゴリの最新記事