京男雑記帳

洛中で生まれ育った京男が地元視点で見た日常風景や話を雑記的に掲載

かき餅

2006年03月22日 06時11分23秒 | 


昨日(21日)は、朝早くに弘法さんに行ってきました。
朝8時ぐらいに行くと、とても快適に露店等をみることができました。
これが11時くらいになると自由に身動きがとれなかったり、お店の人とゆっくり話すこともできなくなります。
バイクで自宅を出発し、女房の実家に駐車。後は徒歩で10分もかかりません。



計算通り人は少なく、まず最初に南門のお餅屋さんへ行く。
まだお餅はたっぷりありました。
印象的だったのは、長餅の両端が売っていました。
(上の写真の左隅に置いてあるカラフルな袋)
美味しいそうなのです。すぐに売り切れるとおばちゃんは言っていました。



その時点では、かなりたくさんかき餅を買っていたので、また今度の楽しみにしておきました。
それから色んなものを見てきましたが、それは次回のお楽しみ。



夕方長女が帰ってきたから、オーブンで焼いてもらいました。
前回と同じ180度で30分ぐらいやきました。



香ばしくて、塩加減が絶妙で満足満足です。

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 「おはぎ」と「ぼたもち」ど... | トップ | あつあつ本わらび餅? »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
宝物 (まさみ)
2009-11-01 19:22:44
なんと幸せな娘さんなんでしょう!
こういった習慣の記憶というのは
大人になったとき
何ものにもかえがたい宝物になるはずです。

かき餅の色のきれいなこと!
かき餅好きとしては
こたえられません。
>まさみさん、こんばんは (京男)
2009-11-01 23:17:24
最近、行けてない弘法さんだ。
行きたいな。
こういうのは、いまぐらいの時期から美味しく感じますね。
弘法さんのこの店が好きなんです。
早くいかないと売り切れてしまうんですよ。

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事