京男雑記帳

洛中で生まれ育った京男が地元視点で見た日常風景や話を雑記的に掲載

次女と京女の悪夢?

2019年11月06日 04時16分38秒 | 風景


本日の記事、タイトルの割りには内容がないかも。
すんませんね。





これは、椎茸巻き寿司。
次女と婿殿にとって、これは悪夢の食べ物。
私も小さい時は、椎茸の甘く炊いたもの、湯葉や高野豆腐も嫌いだった。
きっと次女夫妻もきらいだろうな。



確かにじっと椎茸を見ていると気持ち悪い形状やね。
昆虫の幼虫のような・・・。



こちらは、京女の悪夢。
いまの時期、ベランダにカマキリが卵を産みにきます。
この日は、私一人だった。
カーテンを開けるとすぐ目の前にカマキリがいた。
京女がいたらきっと大騒ぎになっただろう。



ベランダに出てちょっと撮影。
そして、ちょっと網戸を開け、気配を殺してすっとカマキリを掴む。
腰?くびれた当たりをそっと摘まぬと簡単に捕まります。
鎌も口も役に立ちません。
で、ベランダの向こうに投げます。



一応カマキリは羽根もあるので飛びます。
だから身重のカマキリでも大丈夫。
そうなんです、今頃のカマキリは妊婦なんです。
きっと雄を食べてきたんだろうなぁ・・・。



そうそうカマキリの卵って引きはがし難いですよね。
でもとらないと小さなカマキリがたくさん出てくると京女が半狂乱になります。
卵を剥がそうとするのに結構、道具や力が必要。
卵の状態で冬を越すための知恵なんでしょうね。

ここまで書いていると2番目の写真の椎茸が怪しい生物に見えてくるのが不思議。

和菓子
クリエーター情報なし
河出書房新社

↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)000(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 秋色・・・3 | トップ | 秋色・・・4 »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おはようございます (すー)
2019-11-06 04:28:09
確かに椎茸と知らなければ、少し気持ち悪く見えるかも! でも、椎茸とわかると好きな私といしてはよだれが出ます。
わが家でもお腹の大きなカマキリがウロウロと・・・
>すーさん、おはようございます (京男)
2019-11-06 04:38:11
これを食べながらフト気持ち悪くみえたのです。
昔なら食べない味です。
いま、カマキリの産卵シーズンですよね。
椎茸 (常盤万作)
2019-11-06 06:53:25
おはようございます。

子供の頃より、椎茸は大好物です。嫌いな食物があると、そればかり食卓に出ました。
>常盤万作さん、おはようございます (京男)
2019-11-06 07:13:39
椎茸や干瓢や干し湯葉は、苦手でしたね。いまは平気です。小さい時、カレーだけは苦手・・・と言ったら毎日食卓にカレーが出たりしたかも。(笑)

コメントを投稿

風景」カテゴリの最新記事