京男雑記帳

洛中で生まれ育った京男が地元視点で見た日常風景や話を雑記的に掲載

抹茶粟ぜんざい?

2018年02月25日 07時54分22秒 | 甘味・喫茶・その他
昨日の写真の続き。
昨日の汁と飯で満足したのですが、デザートが欲しいと糖尿病の父が発言。
「デパ地下のいつものジュースでもいい」とも言いました。
それは、忖度京男としては「汁と飯、値段的には満足したけど、なんか物足りない。しるこは前回食べた所なので、あんみつでも食べたい」と忖度し、高島屋の5階月ヶ瀬へ。


↑高島屋「茶寮 月ヶ瀬」あんみつ。


↑あんなしを主張したけど、父親は、あんみつを選択。

今回は、色合いが綺麗なメニューを選択。
別にインスタ映えするようにという意味ではない。
父親は、あんみつを選択。
私は、食べたくなかったけど、抹茶粟ぜんざいを選択。


↑抹茶粟ぜんざい



二十代の時、まさか未来でこんなことを父親としていうなんて・・・。
想像を絶することです。
しかも食べ物の指南をしていたりする。
甘味の由来を話したりしている。
面白いことですね。




↑こういう口直しがとての助かる。

次回は、磯辺とか食べてみようなか。
甘味屋さんもある意味面白い。
いま風の甘味処より、昔風のオーソドックスなメニューの方が私は好き。

和菓子
クリエーター情報なし
河出書房新社

↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 注連縄・汁 | トップ | そろそろ春ですねぇ »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おはようございます (すー)
2018-02-25 08:43:52
お父様の希望が分かる気がします。糖尿病予備軍なので・・でもた甘味処にはいかないでしょうね、私は! 行くようになったら予備軍を卒業してしまいそうなので!
>すーさん、おはようございます (京男)
2018-02-25 09:55:27
父親は、94歳です。ここまで行ったらある程度やりたい放題もありかも。治すことも可能だと思うけど、そこまでして長生きしても、ストレスが残るだけ。
なら、開放したらいいのです。長生きしたご褒美。

コメントを投稿

甘味・喫茶・その他」カテゴリの最新記事