京男雑記帳

洛中で生まれ育った京男が地元視点で見た日常風景や話を雑記的に掲載

短い秋

2010年10月30日 05時00分35秒 | 風景・和菓子


今年は夏から急に冬になった感じがする。
その合間に台風や竜巻。
以前の季節からすると無茶苦茶に感じる。
これから来るであろう地震や火山噴火などもそうだ。
でも地球からするといままでジッと静かにしていたのが不自然なのかも。





われわれはどうしても人間中心に考えてしまう。
人間にとって「損か得か」で判断する。
地球からすると「あんたら人類が不自然な存在」で
天敵がいないから増える一方。
「ちょっと困るんだけど」という地球の声が聞こえてきそう。



これは、家に現れたコカマキリ。
捕まえても大人しくしてくれた。
記念撮影をして外にお帰りいただきました。



今年は、カマキリが卵を例年にくらべ高いところに産んでいるんだそうです。
冬は雪がドカッと降るのかな。水害があるのかな。
なんでカマキリはわかるのだろう?



これは、いだだきものの巨大梨。
この荒尾梨は、熊本の名産。
大きさがよくわかないかもしれませんが大きいです。
一個でいっぱい食べられる。



美味しかったです。
ありがとうございます。




↑塩芳軒「花すすき」
外の羽二重がとてもやわらかい。
よもぎの香りも最高。


↑羽二重餅、粒あん、よもぎ

なんか今日の記事は寄せ集め画像でした。
さて台風はどうなるかな?

Twitter→@kyo_otoko
コメント (8)   この記事についてブログを書く
« ランチセットとは珍しい | トップ | 北浜に残る洋館 »

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おはようございます (すー)
2010-10-30 05:14:29
本当に、気温的には真夏からいきなり冬という感じですよね。
今年の冬は寒いとか? カマキリさんは御存じなのかな・・・すごいですね!
荒尾梨、めちゃめちゃ大きいですね。京男さんの手が赤ちゃんの紅葉のような手に
>すーさん、おはようございます (京男)
2010-10-30 07:17:20
昔から、カマキリの卵の位置で雪の量がわかるというのです。カマキリがなぜわかるのかは?でしょうが。
大きな梨でしょ。元々紅葉の手ですが。これは大きい。
こんにちは (水珠凛)
2010-10-30 18:39:53
綺麗なお花たち。

冬は好きだけど、寒さに弱いので今年は厳しいかな~
自然には合わせことしかできませんものね。
とりあえず、ヒートテック沢山買いました。

荒尾梨、赤ちゃんの頭くらいありますよね(笑)
以前頂いたとき、果物ナイフで切ろうとして間に合わず、包丁に変えて切った覚えがあります。
美味しいし、食べごたえがありますよね
>水珠璃さん、おはようございます (京男)
2010-10-31 06:21:36
今年は厳しい冬の予感なんです。
風雪異常低温とかになる筈です。
ヒートテック活躍するでしょう。
この梨は大きかった。
大きいけど、味は大味じゃない、とても美味しい梨でした。
おはようございます (まさみ)
2010-10-31 11:06:59
うゎ!可愛いカマキリですね!!
虫も動物も植物も自然の変化を本能で知ることができる。
人間には無くなってしまった力ですね。

11月下旬に休みが取れたので
今度こそ京都へ!と思ったら
ハイシーズンでどこのホテルも満室です。
このままではずっと京都に行かれなくなってしまう・・・・・ガッカリしまくっています。
>まさみさん、こんにちは (京男)
2010-10-31 11:14:23
動植物は敏感に自然の変化を察知して対処しますね。きっとシンプルだからかな。
人間は、過剰な抽象的問題を抱えこみ過ぎて察知できなくなっているかも。
11月下旬はホテルは厳しいでしょうね。
小さなビジネスホテルレベルを探して見ましたか?要するに寝れればいいのですから。滋賀のホテルを探すのも手かも。
ありがとうございます (まさみ)
2010-10-31 18:47:51
大津のホテルが取れました!
ラストワンでした!
アドバイスありがとうございました。
すでにワクワクしています。
京都はカプセルホテルくらいしか空いていないんです。
>まさみさん、こんばんは (京男)
2010-10-31 21:06:15
よかったじゃないですか。
京都駅から10分ぐらいで行けるしいいんじゃないかな。
寝るだけですからね。
何事もそうだけど諦めないことです。やりたいことは粘り強くアプローチすること。
後は紅葉の具合ですね。
今年はちょっと早いかもね。
紅葉を楽しんでいるイメージをしっかり持つこと。うれしいなーってね。
そうしたら叶いますよ。

コメントを投稿

風景・和菓子」カテゴリの最新記事