京男雑記帳

洛中で生まれ育った京男が地元視点で見た日常風景や話を雑記的に掲載

仕事道具

2006年03月31日 08時22分00秒 | モノ


朝、なごり雪が舞っていました。ちょっとびっくり。
今日は、私の仕事のお供たちを紹介してみます。



最初の写真は、万年筆入れ。万年筆は大事な道具ですから。
素材は、山羊の皮で筒状につくってあります。
フタを開けて万年筆を取りだす快感を毎回味わえる。



同じ限定品の三本セットを少しずつ(!)買いそろえました。結構苦労しました。
1994年に発売されたモンブランの「オスカー・ワイルド」。

The soul is born old but grows young.
That is the comedy of life.
And the body is born young and grows old.
That is life's tragedy.
A Woman of No Importance
心は老いて生まれ、若くなっていく。
それが人生の喜劇。
そして体は若く生まれ、老いていく。
それが人生の悲劇。

インクは、ロイヤルブルーをチョイス。
シャープペンシルも芯が太くて繰り出し式でとっても使いやすい。
ボールペンも太くて書きやすい。



一番右の銀のクロスは手帳用です。



お出かけの時は、こんな小物がお供します。
トンボ柄の中に入っているのは、ICレコーダー。
モールスキンのノートと昔の薄いタイプのバイブルサイズの
ファイロファックス(昔のファイロはよかったんですよ)もお気に入り。
でも中身は白い無地の紙がいっぱい入っているだけ。





このポストイットのメモ入れもいただきものですがお気に入り。
さすが縫製がいいですね。
こういう道具に負けないようにしっかり仕事しなくちゃ。

※おまけ
今日(3月31日)の朝は、小雪が舞っていました。



桜の花さんは、もう少し開花に時間がかかりそう。

コメント   この記事についてブログを書く
« 酒米飴 | トップ | インクそして炭? »

コメントを投稿

モノ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事