京男雑記帳

洛中で生まれ育った京男が地元視点で見た日常風景や話を雑記的に掲載

神戸みたいでしょ

2012年03月28日 05時58分28秒 | 風景・和菓子


ここは、京都の中京区なんです。
麩屋町通六角下ルにある「革島外科医院」の建築物。
戦前に建てられた建物らしい。
戦前と行っても応仁の乱ではなく、太平洋戦争のことです。
※「麩屋町通」は南北の通のこと。「六角」は六角通という東西の通のこと。「下ル(さがる)」は南に向かって行くこと。「上ル(あがる)」は北に向かって行くこと。これだけ覚えておけば、かなり京都の道がわかります。スマホを見ながら歩くという不細工なことをしなくていいのですよ。全然スマートじゃないし。わからないなら人に尋ねたらいいのです。中京区あたりで山が見えたらそちらが東。太陽が沈む方角が西。東大路馬町を東に上ルじゃなくて「東に登る」です。



ここのお医者さんがドイツへ留学されていて、ドイツの建物風の建物をということで建てられたものです。
この建物は、国登録有形文化財に指定されているそうです。
なら電信柱と電線をなんとかしてほしいものですね。



京都は、ハイカラなものに憧れる傾向がある。
だから京都人は、神戸が好きなんです。
商売の大阪は、逆に嫌いなんですよ。
日本の道州制論議で大阪州というのがあるけど、最終的には京都は大阪といっしょやったらイヤヤというでしょうね。
いわゆる「カンガエトキマッサ」というパターンになるだろうな。
でも京都以外の人に対しては、そんな断り方は通用しない。
ハッキリ断った方がいいでしょうね。
リニアモーターカーも奈良経由みたいだし、真剣に観光のことを考えないといけませんね。
まあ、完成まで生きていないからどうでもいいけど。

京都市もいままでのブランドイメージで生きようと考えないで、しっかりした都市計画をしてブランドだけじゃなく、実質的に素晴しい街、市民が住みやすい街をつくって行きたいものですね。


「革島外科」地図


↑京都鶴屋鶴壽庵「早わらび」


↑上用、こしあん


↑2012年3月28日ちょっと晴れ、空気は春っぽくなってきたかな。東山方面の桜は、こんな感じだと思います。自宅マンションは清水寺の舞台と同じ高さだから清水寺もこんな開花状況だと思う。

Twitter→@kyo_otoko
コメント (6)   この記事についてブログを書く
« 春霞のかかった頭にガ・ツ・ン! | トップ | 寺町の風景 »

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おはようございます (すー)
2012-03-28 08:18:06
>戦前と行っても応仁の乱ではなく、太平洋戦争のことです

いいですね、ここが^^;

私は京都人ではありませんが、大阪が嫌いで神戸にあこがれますね。
こんにちは (路渡カッパ)
2012-03-28 12:31:48
ここ、一度入ってみたいです。ここで入院や手術は嫌だけど・・・
この建物を手がけたのは確か、あめりか屋って工務店。
みおう見まねで造った感じが素晴らしいです♪
ほんと電線電柱は何とかして欲しいですね。
こんにちは (cox)
2012-03-28 16:45:09
この建物を作った大工さんもきっと「こんなのかなあ?」と首をかしげながらだったのかも。
きっと完成した時は嬉しかったでしょうね。
蔦の這うフェンスが別に作ってあるのが面白いです。

和菓子、確かに写真の感じが違いますね。
美味しそうです。
>すーさん、こんばんは (京男)
2012-03-28 20:20:22
>戦前と行っても応仁の乱ではなく、太平洋戦争のことです
典型的な京都人の表現でしょ。
大阪は、便利なんだけど、最近あの人ゴミが苦手ですね。
スーさん、今日京都中をウロウロしていませんでした。天候がややこしかったし。
>路渡カッパさん、こんばんは (京男)
2012-03-28 20:26:02
日本人が作った外国風建物というのは面白いですね。
ここで手術を受けたら改造人間になれるかもね。(笑)
電線、電柱、自動販売機をなくすだけでそうとうきれいになるでしょうね。
>coxさん、こんばんは (京男)
2012-03-28 20:30:11
雰囲気でよくつくってあると思いますね。
情熱を感じます。
大正ロマンだったのかも。
和菓子、あまり買えないからできるだけ大事にとっています。
日に二個ぐらいしか撮れないです。
四個はシンドイ。
モノをもって歩けないからなんですよ。

コメントを投稿

風景・和菓子」カテゴリの最新記事