京男雑記帳

洛中で生まれ育った京男が地元視点で見た日常風景や話を雑記的に掲載

墓参のご褒美はソフトクリーム

2019年11月09日 04時53分25秒 | 風景
今週は、いい天気が続いた。気温もベストだしね。
今回の父親との外食は、墓参りをしてからということになる。



こんな提案、父親からではないのです。私が提案する。
父親は、日曜日にでも行こうと考えていたらしい。
「父君、そんな恐ろしい提案は受け入れられません。近年の京都観光事情をあまりにも理解していない。京都市長並の考え方ですよ。現場を理解して欲しい。日曜日に墓参りなんてできる訳ないでしょう。東大路通が車でいっぱいになる。墓地は清水寺の近くということを忘れてはいけません」と私が言った。



まだ紅葉は本格的になってないけど、もう道路は混み始めるのです。
そんな状態でいつものように墓地までタクシーで来ようとする父なんですよ。糖尿病の人だけに考えが「甘い!」。
ということで木曜日は、墓参りとしました。



墓地へは、私の方が近い。歩いていけます。
歩いて行く途中、いつもの花屋さんでお墓用の花を作ってもらいます。
それを持ってお墓へ。そしてお墓の掃除をして、花をセットアップし、蝋燭をつけ、父親を待ちます。



ほどなく、タクシーで父親が到着。
手をつないで墓地へ。
我が家の墓地が終わったら「本家の方にも行きたい」とのこと。
同じお墓にあるのです。
本家にも挨拶。
それで終了。


↑見えている山が清水寺なんです。

次は、ランチタイム。
希望を聞くと「永正亭がいい」とのこと。
墓地からタクシーで移動。
これが日曜日ならスムーズに行かない。
早くいかないと永正亭が混む!


↑永正亭「五目御飯(小)」こんなの初めて注文します。

行くと永正亭で席が一箇所しか空いてなかった。
昼前なのに・・・。
父親は、五目御飯と天ぷらそばとのこと。
私が注文しようとして悩んだ。
五目御飯と天ぷらそば、各々小で注文した。
でも五目御飯の小、きっと食べきれないかも・・・。
そう思うと私が何を注文したらいいか悩むのです。
しかたなく「甘揚きつねうどん」小を注文。
これでバランスがとれるだろう。


↑天ぷらそば(小)

来て「正解」だった。
やっぱり直観は当たる。
父親は五目御飯を全部食べきれないとのこと。
やっぱりねぇ。
天ぷらそばは食べられるとのこと。
「なんなら天ぷらを食べてあげようか?」と言ったら、食べるとの答え。
わがままなんだから・・・。


↑甘揚きつねうどん(小)、こんなのはじめて食べます。

次に、高島屋に行く。
催し物会場で北海道展がまだやっていたので、父と行く。
悲しいけど、ラーメンの試食をした。結局、父親は欲しいとのこと。
次にソフトクリームねっ!


↑北海道といえばソフトクリームねっ!

これがその写真。
スプーンが2本突き刺さっているでしょ。
仲良くわけましたとさ・・・めでたしめでたし。

和菓子
クリエーター情報なし
河出書房新社

↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)000(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 「ケ」飯 | トップ | イメージ »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おはようございます (すー)
2019-11-09 07:17:28
お父さんデーでしたね。
ご先祖様も仲の良い二人に喜んでおられたかも(^_^)ニコニコ
>すーさん、おはようございます (京男)
2019-11-09 07:54:02
今週は、晴天が続いて墓参りには最適でした。
先祖・・・墓を拝まなくても私を拝んだらそれでいいことを父親は理解していない。私の身体のDNAに父も母も存在するのです。だから子供の私を拝めばいい。墓参りや仏壇よりもね。
デイサービス (常盤万作)
2019-11-09 19:43:38
ご苦労様でした。
骨董市に行っていましたよ。
>常盤万作さん、こんばんは (京男)
2019-11-09 20:33:27
そうでしたか。
いいものが見つかりましたか?

コメントを投稿

風景」カテゴリの最新記事