京男雑記帳

洛中で生まれ育った京男が地元視点で見た日常風景や話を雑記的に掲載

いただきもの

2019年09月15日 05時00分45秒 | いただきもの
最近、いただいたモノをご紹介してみます。
大きなモノでは、梨が段ボールで来るというのがあります。
二十世紀と幸水が段ボールで来てくれました。
最近、御飯代わりにいただいている。



これは、カニではありません。
クロワッサンなんです。
いわゆるリボン型クロワッサン。
あまり見かけないタイプです。
パリッとした感じがなんとも言えません。
バターの風味も上々。
カリッとした部分と柔らかい部分、部分によって味が変化します。
これはすごい。



これは、マロンパイ。
マロンペーストがいい仕事をしていますね。
こういうのが私の好み。



珈琲といっしょに食べると天国。
最近、こういうパイをあまり食べなくなった。
というか京都市内ではなかなか買えない。
神戸あたりに行くと手に入る。




↑ぎぼし「吹よせ」、この丸い煎餅が好きなんです。

このカンカン凝っています。
「冨貴寄」という名前のシリーズ。
「ふきよせ」と音を聞くと「吹よせ」と思ってします。
ぎぼしの「吹よせ」を想像してしまいます。
私、ぎぼしの「吹よせ」が好きなんですよ。
特にあの中で丸い煎餅が好き。
小学校の時、キリスト教の行事で丸い煎餅状のものを口に入れてくれるのがあるでしょ。あれが「吹よせ」の中に入っている丸い煎餅だと思っていた。
だから、キリスト教に入信しようかと小さい時、思っていた。
どうやらあれは違うもののようです。
調べると「聖餐式(せいさんしき)」という儀式。あの丸いのがキリストさんの体、ぶどう酒が血をあらわしているのだそうです。食べたことはないけど、きっと海老煎餅ではないのね。
入信しなくてよかった。



缶を開けるとこんな状態になっている。
季節によって変化するそうです。
女性が好きそうな雰囲気ですね。
「吹よせ」もそうだけど、色々入っているのは嬉しい。

和菓子
クリエーター情報なし
河出書房新社

↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)000(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 十五夜でしたね | トップ | 敬老の日 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おはようございます (すー)
2019-09-15 05:42:22
何かみんな綺麗!
リボン型クロワッサンを食べてみた(^_^)ニコニコ

>「冨貴寄」という名前のシリーズ
ネーミングな何とも幸せになりそうでいいですね。
>すーさん、おはようございます (京男)
2019-09-15 07:55:27
このクロワッサンは、美味しかったです。
これは作るのに技術が必要ですね。
この缶、かわいいですね。女性好みのギフトです。
中身より包装にお金がかかっています。

コメントを投稿

いただきもの」カテゴリの最新記事