京男雑記帳

洛中で生まれ育った京男が地元視点で見た日常風景や話を雑記的に掲載

秋色

2018年10月19日 05時31分10秒 | 風景・和菓子


今日の落ち葉、綺麗に感じました。
なぜなんだろう?
秋という配色ですね。





意図して落ちてないのですが、何故か調和がとれている。
落ち着いた気分になります。
色合いなんだろうか?



他の人から見たらそうでもないのかも。
外人なんかからすると美しく感じないかも。
虫の声でも雑音として聞こえるらしいしね。
やっと夏が終わり、ようやく秋になってきた。
うれしいな。


↑紫野源水「有平糖」

秋冬男の私には、嬉しい季節。
鍋物も美味しいしね。
来年同様ちょっと野菜が高いのがネック。
でも頭数が減ったから、気にならないか。
そういえば鍋を炊きながら食べたことがない!
我が家は、相撲部屋のようにドンと作ってひたすら食べるパターンでした。
具は早い者勝ち状態。





そういえば最近「おでん」を作ってないかも。
具材を集めるのが大変。
このまま書くと話しが逸れそう。



秋色に戻します。
写真の有平糖、いいでしょ。
食べるのが勿体ない。
しばし、見とれてしまう。
繊細な飴です。





色合いも素晴しい。
これを作るには相当技術が必要でしょう。
食べるのがもったいない。
といいながら、撮影後いとも簡単に食べてしまいました。
口の中に入れるとフワッと消えてしまいます。
不思議な飴です。

和菓子
クリエーター情報なし
河出書房新社

↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 爪痕 | トップ | 昭和は遠くなりにけり »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (すー)
2018-10-19 13:44:44
やっと秋らしくなりましたね。
自然の色合いは何か心が落ち着きます。
>紫野源水「有平糖」
何とも素敵、その透明感がいいです。
>すーさん、こんにちは。 (京男)
2018-10-19 17:11:39
もう暑さは戻らないでしょう。
いまぐらいの自然はいい雰囲気です。
有平糖、すごい技術だと思います。

コメントを投稿

風景・和菓子」カテゴリの最新記事