京男雑記帳

洛中で生まれ育った京男が地元視点で見た日常風景や話を雑記的に掲載

ばったり床几ってすごい!

2012年12月11日 04時40分28秒 | 風景


ここは、御池通から寺町を上ルと西側にあります。
私は入ったことがないのです。
いつも前を通るのにね。



お店の名前は「竹苞書楼(ちくほうしょろう)」
新刊の本は売っていません。古書のお店。
本を見ていると美術系の古書ですね。
毎朝、ばったり床几に本を並べはります。



上の二枚は、三月ぐらいに撮った写真です。
今回は、お休みだったのでばったり床几のしまっている状態がみれませいた。



よくできているでしょ。
こういうお店があるのは、京都の誇りだと思います。
京都は、専門分野に応じて古書のお店がたくさんあるのです。
このお店は、寛延年間創業だそうです。
いまの建物は、江戸時代の建物、きっと文人、学者さん達が出入りするサロンだったのでしょうね。



竹苞書楼から南に行くと「其中堂(きちゅうどう)」があります。
ここは、仏教書専門の古書店なんだそうです。
ようよく建物をみるととても凝っています。
存在感がある。



さきほどの竹苞書楼もそうだけど、店主は在庫の本を全部精通しておられるのだろうな。こういう書店には、アマゾンもかなわない。
最近のアマゾンって本より他のものの方が扱いが多いものね。
書店としてのポリシーも誇りもない。
ただのディスカウントだもの。
文化の香りがしない。
その店、このあたりの書店は凄いと思います。
いつまでも残っていて欲しい存在ですね。

Twitter→@kyo_otoko
コメント (10)   この記事についてブログを書く
« 寺町通りを歩く | トップ | 蒸し寿司&すけろく »

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おはようございます。 (路渡カッパ)
2012-12-11 10:29:03
Amazonでは扱っていないような専門誌が置かれているんでしょうね。
でもその需要って・・・このままだと消えてしまうかもね。
おそらく建物は保存指定をされているでしょうが、できるなら生きた状態を守りたいですね。
またまたごぶさたです。 (りえ)
2012-12-11 12:37:18
寒くなりましたが、お元気にされてましたでしょうか?

こういう古い感じのお店、結構好きです。とかいいながらいつもアマゾン利用してはいるのですが(笑)

また京都に行きたくなりました。

>路渡カッパさん、こんにちは (京男)
2012-12-11 12:59:02
アマゾンでは専門的な本はだめですね。本の題名がわかっているとネットで探しますが。一応古本システムの専門の会員になっているのです。場合によってはヤフオクでかったりもします。でも書名がわからないときは、どうしようもない。本の好きな店主や店員のいる本屋がいいな~。
東山三条のエロ本専門の本屋、入りたかったな・・・。そうじゃなかった?八千代館も。
いまなら大人ださい堂々と入れるんだけどな・・・。
>りえさん、こんにちは (京男)
2012-12-11 13:00:54
口だけは、相変わらず元気ですよ。(笑)
寒くなって元気になってきました。
こういうお店の臭いが好きなんですよ。
ひょっとして自分もそういう臭いなのかな・・・。
同意。 (路渡カッパ)
2012-12-11 18:45:01
私も遂に東山三条の本屋さん、八千代館には行かず仕舞いでした・・・
勇気が無かった、青い時代が懐かしいですな(笑)
でも寺町の古本屋さんでは、エ○本をよく“タチ”読みしましたよ・・・
こんなコメントいいのかな?削除してもらっても結構です。
こんにちは (cox)
2012-12-11 19:45:28
ドイツでもどんどん昔ながらの感じの良い、小さな本屋さんが閉店しています。
(ドイツの場合、公園などで併設してある「本棚」もそれに拍車を掛けているのですが)
アマゾン、恐るべしですよね。

最近の大きな本屋さんはカフェを併設したり、なんとか生き残りを図っています。
>路渡カッパさん、こんばんは (京男)
2012-12-11 20:38:01
やっぱり同じなんだ。気になっていましたよね。
知り合いなんか「シネ・フレンズ西陣」ですよ。
ちょっとすごいレベルでしょ。
削除?いいじゃないですか。嘘じゃないのだし。
>coxさん、こんばんは (京男)
2012-12-11 20:42:25
昨日の三月書房や本日の古本屋さんなんかは、頼もしい存在です。いつまでも残っていてほしい。
アマゾンは、便利だけど文化がない。
そろそろネットも飽きてきませんか。便利なんんだけど・・・なんか無味乾燥な感じがしてきました。
最近は、どうもエゴが剥き出しに感じるのですよ。
言いたくないけど、昔のパソコン通信の時代の方がよかったかも。
おはようございます (すー)
2012-12-12 04:34:56
一日遅れのコメントです。
確かにこれ便利ですよね。
昔はたくさんあったのでしょうね。

こうした書籍店、確かに残るのはつらい職種かも知れませんね。代替わりした時が危機かも!
>すーさん、おはようございます (京男)
2012-12-12 07:26:54
私も一日遅れの時がありますよ。(笑)
書店って文化なのにね。昔は、毎日書店にいかないと落ち着かない時期がありました。二十歳ぐらいからつい最近まで一日一冊読むのが習慣だったのですよ。
それがいま・・・・。
こういう文化残ってほしいですね。

コメントを投稿

風景」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事