京男雑記帳

洛中で生まれ育った京男が地元視点で見た日常風景や話を雑記的に掲載

近所の紅葉

2019年11月19日 04時46分47秒 | 風景・和菓子


京都市内もそろそろ紅葉や黄葉になってきた。
もちろん、どこも観光客でいっぱいなんでしょうね。



昨日の朝一番、父親と食事の打合せ。
父親の甘い考えに振り回されております。
父親と私、京女も参加して夜に鍋物を誕生日記念で食べるということなんです。
鍋物を食べられるソコソコのお店を予約するのですが、条件が難しい。
我々夫婦と父親と好みが違うのです。
水炊きがいいということになっていたのですが、写真を見ているだけで私の胸が焼けてくるのです。鶏や鴨の肉があまるのです。
最初、父親の希望であるすき焼きも写真を見ているだけで胸焼けがする。
どうも食べたくない。



それと予約の問題。
最近、予約をしないといけません。
鍋を飛び込みで食べられないと思う。
ところが父親は「そんなことない。四条河原町で待ち合わせ、あのあたりのお店に行けばいい」話しにならない。いま、観光シーズンなのを理解していない。
私が無茶を言っているようにいうのです。
政府の偉いさん達が、経済状態は大丈夫。近隣諸国のいうことを聞いて仲良くしたら日本はうまくいくだろう。経済界の老人達も同じような言い方ですよね。
現場をまったく理解していない、バカなリーダー達。あれと同じような言い方。
話していると腹が立ってきます。
夜に四条河原町に集合して、何も予約しないで、鍋を食べに行ったらどういう扱いをうけるか。その時、私がどれだけ怒るか。理解してくれない。
糖尿病だから考え方が甘いのかな?それとも食べものボケなのか?
私も京女も父親も食が細くなっているから問題なんですね。
さてどうしようか?誕生日の食事ぐらいでなんで悩まないといけないのか?それからまた正月が来る。正月の会食なんかもある。
ちょっと困った問題です。
私なんか、両親に誕生日の食事会なんかしてもらったことは一度もないけど・・・もっとも一緒に食事なんて考えたこともないけど。


↑紫野源水「有平糖」

カメラの診断結果が出た。
「シャッターバタン不良で半押しするとフリーズし、正常に露出設定、ピント合わせができない状態」なんだそうです。
修理の指示を出しました。いつかえってくるかな?きっと基板とかをそっくり交換になるだけだから早く帰ってくるような予感がする。





本日の紅葉の写真は、近所のものです。
近所といっても清水寺ではありません。私の部屋に居ると境内放送が聞こえるのです。
有名なスポットに行かなくてもこの程度なら楽しめます。
観光客もいないので快適。

和菓子
クリエーター情報なし
河出書房新社

↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)000(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 父の誕生日・・・ | トップ | 近所の黄葉 »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
京の紅葉 (常盤万作)
2019-11-19 08:10:21
京男様おはようございます。

京都の紅葉は有平糖に止めを刺すようです。
小生は庭の知床桜を見ています。もう6枚ほど残っているだけです。
>常盤万作さん、おはようございます (京男)
2019-11-19 08:21:12
この有平糖は、技ものですね。
おっしゃるようにこれで十分。景色が見えますからね。知床桜があるのですね。人ゴミよりそういう各々の紅葉があってもいいですね。
こんにちは (すー)
2019-11-19 13:19:31
確かに、今の時期は予約が難しいですよね。
今度の土日は紅葉の名所は大変なことになりそうですね。
>すーさん、こんにちは。 (京男)
2019-11-19 14:43:57
ネットで検索して出てこない所なら大丈夫。
でもこれがまた大変。
名所は、近づかないに限ります。

コメントを投稿

風景・和菓子」カテゴリの最新記事