京男雑記帳

洛中で生まれ育った京男が地元視点で見た日常風景や話を雑記的に掲載

京の市バスって、こんなんですよ

2019年08月12日 03時58分03秒 | 風景
京都市バスは、酷い状態になっている。
これは202番で昼の状態。
九条通あたりにある民泊から荷物を持って移動するのでしょう。
市バスの中は狭い。その中でこれだけカバンがあるのは問題だと思う。


↑これが市バスの中の様子

進行方向に沿って優先座席があるタイプのバスでは、脚を踏まれたりキャスターにひかれたりするのです。私は脚で蹴るか杖でのけます。でないと脚にカバンが当たる。
サンダルだと足が痛いですよ。
この場合、隣に座っていたおばあさんが危なかった。
思わず「危ないやないか!」と言った。
でも言葉は通じない。


↑下の白いのが京男の足。狭いでしょ。足を踏まれたり、カバンを当てられたいします。

観光客は、1日乗車券500円で乗り放題が多い。
カバンは無料なのがどうも理解できない。
大きなキャスター付きのカバンは、無料なのはよくない。
手に持つ扱いの領域を超えている。
これで降りる時も時間がかかる。
しかも危ない。
カバンだけ配送するシステムを早急に考えて欲しい。
市バスに乗るときは、手に持つ程度。


↑なんとかして欲しい

それと京都駅から来る市バス、観光客で満員で乗れないことが多すぎる。
これも問題。
ちょっと京都市内の外国人観光客受け入れ人数が多すぎるのではないか。
京都市もバルセロナのような状態になって行くだろう。
このクソ暑い時に、こんなバスは乗りたくない。
バス亭でいっぱいキャスター付きの外国人が並んでいたら、タクシーに乗ってしまう確率が多くなった。


↑昨日のランチ、はとや食堂

京都市は、外国人観光客が多くなり、市にお金がたくさん入っているのかな?
なら市民から税金をたくさん徴収するな。
最近、日本人観光客が少なくなって来ているそうです。
なぜかというと人の多さ、食べ物の高値、行列を強いられる・・・京都に憧れてきたけど、がっかりで二度と来るか!状態の人が多いらしい。そうだろうな。
昔の静かな京都はもうないものね。





外人が歩きながらモノを食べたり、飲んだりする。もちろん日本人もしているけど・・・。スマホで前を見ていない。交通量の多い車道、横断歩道のない所でも平気で渡ったりする。あれは危ない。





まあ、世界の経済状態が悪くなったら、来なくなるとは思います。
粗製濫造のホテルや民泊も潰れ出し、京都の街はゴーストタウンとなる日も近いかも。これからどうなるのかな?
ちょっと心配になりますね。



ここ数日、連日38度の気温。歩いていると目が乾燥します。いつまで続くのかなぁ・・・。

和菓子
クリエーター情報なし
河出書房新社

↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)000(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
コメント   この記事についてブログを書く
« 暑い日はフォーがいい? | トップ | 存在感 »

コメントを投稿

風景」カテゴリの最新記事