京男雑記帳

洛中で生まれ育った京男が地元視点で見た日常風景や話を雑記的に掲載

色つき京都タワー

2018年10月24日 05時13分13秒 | 


これは、10月20日(土)の夜、京都駅を通った時に見た京都タワー。
何かが違っていますね。
このピンク色は、「乳がんの早期発見・早期治療の大切さを伝える乳がん啓発キャンペーンであるピンクリボン活動イメージカラーのピンク色に塔体をライトアップいたします」かな?と思いました。
でも違ったようです。
調べてビックリです。


↑はとや食堂

京都タワーのホームページに行くと個人的な目的でも料金を払えば、ホワイト・イエロー・オレンジ・レッド・ピンク・うすいピンク・ショッキングピンク・ブリー・スカイブルー・濃い青・グリーン・黄緑・青緑・ティール・パープル・真紫・青紫・ティール&ホワイト・ピンク&オレンジ・レッド&グリーンで点灯できるようです。真っ黒なんてのはないようですね。
1色¥30,000/2色¥45,000で30分点灯らしい。
なかなか商魂たくましいですね。アホみたいなキャラは別料金なんかな?





それにしてもこの京都タワーは、もっさいですね。
まあ、京都駅が仏壇みたいやし、その前にあるロウソクということでバランスはとれているけどね。
京都人の私としては、ちょっと恥ずかしい。
昔あった「未来くん」というのももっさかった。
どうしてああいうえぐいキャラを考えるんだろう?
あんなもんでも作るとなるとコストが高いものなんですよ。
そういえば、昔々サラリーマンだった時、アダムスキー型の実物大UFOを作ったことがある。あの方がましだったかも。







本日の後半は、はとや食堂でもランチ。
日曜日、実家に行く前に京女と食べました。
結局、こういうものがいいのかも。
粕汁が始まっていました。

和菓子
クリエーター情報なし
河出書房新社

↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 天神さんの産湯の井 | トップ | 出水のしだれ桜 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (すー)
2018-10-24 13:30:38
>個人的な目的でも料金を払えば
結構、要望があるのかな? 誰が利用するのかな?結構、高いですよね。

あじフライかな?
大好きです(^_^)ニコニコ
>すーさん、こんにちは (京男)
2018-10-24 17:03:45
誕生日とかプロポーズとか・・・らしいです。
こらは、アジフライです。
このお店、行列も予約もしなくていいのが好きです。

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事