京男雑記帳

洛中で生まれ育った京男が地元視点で見た日常風景や話を雑記的に掲載

自動巻なんだけど・・・

2019年12月04日 05時28分13秒 | モノ

↑冬場は、服の上から時計を巻きます。上着を脱ぐときは邪魔くさいけど・・・。

そろそろ服装が冬対応になってきた。
困るのが時計です。
「時計なんて必要?」といわれそうだけど、私は必要なんです。
Apple Watchを使っていますが、セーブモードになるのが辛い時がある。
だから昔のロレックスのサブマリーナがやっぱり好き。
※今日聞いた話しによると最新のApple Watchは、セーフモードに入らなくてバッテリーがもつのだそうです。すごいけど買いたくないな。


↑これがワインディングマシーンというやつです。

このデザインに勝るデザインはない。
欲をいえば、ベゼルがカウントダウンベゼルになっていたら最高なんだけど、ダイバーウォッチという性格上、カウントダウンベゼルとはならないだろうな。
それと時計の材質がチタンがいいんだけど・・・。
それから夜光塗料がラジウムやったらなぁ・・・。
もちろんラジウムなら半減期が1600年ぐらい光る。トリチウムは12年ぐらいしか光らないしね。まあ両方とも放射性物質なので、日本では禁止なんだろうな。


↑時計をセット

この時計、かなりクラシックなんです。
綺麗に使っているでしょ。気をつかっていますからね。
夏場は、あまり付けないのです。
それで困るのはすぐに止まる。
手首にいつも着け、ある程度手首を動かしていたらずっと動きます。
ただ、手首に着けていないとゼンマイが間から得ません。当然なんですかえど。
手動でゼンマイを巻くのですが、つい忘れる。
自動巻は、この時計だけなんです。
パワーリザーブ付きの懐中時計は、手巻きになる。これは仕方ない。


↑色んなモードがあります。ゆっくり右左に回ります。音はほとおどしません。

父親が現在使っている腕時計は、光充電で電波で自動的に時刻を修正する。機能的にあれが憧れです。(笑)
でも音がしないのが嫌なんです。時計の音。
いいだしたら切りが無いけど。
自動巻を手動で巻いていると内部の歯車が変なすり減りかたをするのです。巻くのを忘れるしね。
我慢できなくなり、本日の写真のような機械を買ってしまった。
いまテスト中ですが、いいようです。
ただ、モーターが発する磁気の影響は出るかも。
考え出したらきりが無い。



もう一つの話題。
京女とお茶を飲みます。
共通の好みはマリアージュ フレールの「カサブランカ」。
シシリアベルガモット紅茶とモロッコミント緑茶なんです。
これをホットで飲みます。



高いだけあって内側が金ぴかです。
このティーバッグの形式が好きなんですよ。

和菓子
クリエーター情報なし
河出書房新社

↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)000(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
コメント (4)