京男雑記帳

洛中で生まれ育った京男が地元視点で見た日常風景や話を雑記的に掲載

インド料理でカレーライス?

2019年10月24日 04時42分13秒 | 
最近、普通のインド料理に飽きてきたかも。
先日、京女と我が実家に行く前にランチを食べる訳なんですが、どうも食べたいものが頭に浮かばない。これはスランプなのかも。
きっと気流測定でいうと「美味しいものの食べ過ぎ」という感じなんだろうな。
1ヶ月の次女の里帰りもあったのかも。


↑チャンダー「ミックスベジタブルカレーライス」

独りならお昼になっても、お腹が空かないと食べませんからね。
それが我が父親と違う。
みなさん、お腹が空いてなくてもお昼になったり、夜になるとご飯を食べますか?
私は食べないのです。


↑「キーマカレーライス」これ結構、いけました。改良するならインディカ米にすることとアチャールをつけること。でも福神漬とラッキョウでもいいかもしれない。

先日もそういう状態。
でも京女と一緒だったし・・・付き合いでランチ。
2人で考えた。いつもの和食も飽きていた。中華料理もねぇ・・・。
本当は、ビィヤントのあっさりしたカレーがいい。
でも・・・おそらく並んでいるだろう。
あの程度のお店で並ぶのはねぇ・・・。



フト気が付くと、インド料理のお店に入っていた。(笑)
そこが普通の人間でないのかも。
本日の写真のようなものを注文。
これが結構いけました。
ライスがインディカ米なら申し分ないのですが・・・。
それと福神漬とかラッキョウが欲しかった。
いわゆる、アチャール(インドの漬物)があったらな。
そうかいっそカレーうどんなんかどうやろ?
いいと思うけどな。


↑串蔵「牛ハラミと牛タン串焼き定食

これは、別の日、新大阪で食べたレンチ。
新大阪の地下の方に行くとランチメニューが800〜900円ぐらいで食べられる。
外税じゃんく内税ですっきりした値段も好感が持てる。
大阪は、競争原理が働いている。
それはちょっと羨ましい。


↑こういうのをテレビ東京の『孤独のグルメ』風にコメントしながら、食べております。そういえば私の二十歳代は、孤独のグルメでした。デートをする時間もなく、独りで食べることが多かった。もっとも味を覚えたりするので2人で楽しく会話をしながらなんてあまりなかったかも。1人なら2回行けるしね。(笑)

京都駅や四条河原町近辺では、観光客用ぼったくりランチが多いもの。
京都市内のサラリーマンは辛いだろうな。
昔は、もうすこしあったのに・・・。

和菓子
クリエーター情報なし
河出書房新社

↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)000(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
コメント (4)