京男雑記帳

洛中で生まれ育った京男が地元視点で見た日常風景や話を雑記的に掲載

狭い道をぬけると

2019年10月23日 04時05分11秒 | 風景


昨日の続き。
「大仏殿跡」を通り過ぎるとこの入り口が見える。
一見すると道に見えない。
でもこれがないとあるとでは地元住民はエライ違いです。
方広寺の駐車場を通らないといけなくなる。
駐車場だから危険といえばそうですね。



だから本来は、道ではないような所を通れるようにしているのです。
日が暮れたら通るのはちょっと嫌だろうけど、昼間なら問題ないと思う。



右前方に見えるのは、方広寺の鐘楼。
有名な「国家安康」「君臣豊楽」事件の鐘があります。
この道を出ると左が豊国神社。



秀吉像があります。
豊国神社は、名前の通り豊臣秀吉を主祭神とする神社。
他に神様は祀ってありません。
主祭神の像がこうやってあるのは、考えたら不思議な感じがしますね。
私だけがそう思っているのかな?









さて、散髪に行こう!

和菓子
クリエーター情報なし
河出書房新社

↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)000(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
コメント (4)