京男雑記帳

洛中で生まれ育った京男が地元視点で見た日常風景や話を雑記的に掲載

写真を観ると秋

2019年10月06日 03時07分29秒 | 風景


もうそろそろ台風が来るのも終わって欲しいものです。
安定した秋空が続いてほしい。
朝晩の気温差もましになってくる欲しいものです。



そろそろ酔芙蓉(すいふよう)も見頃になってきている。
季節は秋冬に進行している。
それにしれも今年の夏は暑かった。
年々、気象が激しくなってきているように感じる。
いままでの気象状態が異常だったのか?それとも今が異常なのか?
100年ぐらい生きられない人類では判断できないかも。



京都市内の冬はそれほど寒くなくなってきているかも。
私の子供の頃は「底冷え」といって寒かった。
もっとも暖房が火鉢と掘り炬燵、しかも隙間風が入ってくる状態だった。
火鉢は掘り炬燵は、練炭だった。
よく掘り炬燵の中に潜って遊んでいた。よく一酸化炭素中毒で死ななかったものだと思う。しかも掘り炬燵に薬缶をかけてあった。あれで火傷をしたっけ。あれは何故そういうことをしていたのだろう?火鉢の方ならわかるのだが・・・。



母の実家に預けられた時は、寝るとき布団の中で、木製の炭団を使った炬燵を使っていた。
温かかったけど、足で蹴ると危なかったかも。
京町家だったので、寝ていた二階は、虫籠窓(むしこまど)で逃げられないしね。
水は井戸だった。薪で煮炊きをしていた。風呂はなく銭湯だった。
電気やガスに頼らない生活。
電気は電灯だけだった。冷蔵庫や洗濯機、もちろんテレビは無かった。ラジオはあったけど。
ああいう生活も残しておいた方がいいのかも。
いま、電気やガスがストップしたら何もできませんからね。



台所は、土間で下駄を履かないと行けなかった。
天井の屋根には、天窓が開いていた。
そして匂い・・・今西軒のような小豆を似る時のような匂い。
それと年寄りの匂い。
父親の実家は、商家だった。
丁稚さんや女中さんがいたな。
食事の時、大きなお櫃が印象的。
お店の人が並んで食事をしていた。
三階建てで黒猫がいた。
お風呂は五右衛門風呂。
父親の実家の方は、糸屋だったから絹糸の匂いがした。絹糸の綺麗な色もしっかり憶えている。



思い出の風景は、モノクロームで薄暗い印象。
そういうものを思い出す。
秋ですね。

和菓子
クリエーター情報なし
河出書房新社

↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)000(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
コメント (4)