例会・イベントのご案内とご報告

特定非営利活動法人 京町家・風の会

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

べべあそびの会おぼえ書き その1 「このべべ何やろ?」

2008-10-17 16:12:13 | 例会・イベントのご報告
10月15日。
出張べべあそびの会「このべべ何やろ?」を開きました。

べべあそびの会は依頼による開催になります。
今回の相談者は事務局スタッフ・風小僧。

なお、今回は風の会スタッフが相談者で、かつ「べべ遊びの会」の雰囲気を知っていただくため写真や詳細な報告をUpしますが、
なにぶんプライベイトな部分も多い会ですので常はおおまかなご報告に留めさせていただきます。

また、風の会から寄せていただくのは相談者の方と面識のある者だけですのでお気軽に開催のご依頼・ご相談をお寄せくださいね。

では、以下詳細です。

************************

相談者風小僧:きものはこの半年で2~3回着たくらい(自分で着付けできず)。
       祖母が母に誂えたものをほぼ手付かずで譲り受けたが何がなんやらわからない。

アドバイザー:事務局長、会員のMさん(整理収納アドヴァイザー)

キーワードは「昭和40年代」「べべを活かす!」でした。

まず、きものやら帯やらをバーっと並べ・・・局長がひとつひとつ見ながら正体の説明を。

結果、着物に比して羽織・コート類が多い。ということが判明。
「昭和40年代に羽織を着るのがステイタスやった頃があるんですよ。その頃つくらはったんやね」

続いて「とにかくあるものを着ていきたい」という相談者の意向もあり、手持ちの帯との合わせかたや、
着られる季節、染め替え・仕立て直しなどのアドバイスがありました。

例えば・・・













*ポリとの交織ウール
「さぶいとこで暮すならともかく、ここでは冬でもちょっと暑いです。ひっぱりにして防水かけはったら?」

*刺繍織の白い絵羽
「なつかしい~!これも40年代やね。正式な場くらいでしか着られへんし焼けもあるので色かけはったら(染め替えたら)いいですよ。お洒落着にもなるし」

*夏着物
「これは・・・6月の最終週くらいしか着られへんし、ちょっと勇気いりますね。塵除けにしたらいいですよ。夏物は縒りも強くて丈夫やから」

*長襦袢をはじめとした袖の長さについて
「上に重ねるものほど短くなるので襦袢は長めでOKです。ぽてっとさせるために綿を入れることもあったらしいです。短かったら一度ほどいて継いでまた縫うたらいいですよ。これはなかに折り込んであるのでほどいて出せばOK」


などなど・・・

「きものの山」のひとつひとつの素性がはっきりしたお蔭で、用途や季節別、差し上げるもの、将来着るもの、悉皆待ちのものに分けることができました。


続いて収納について一同で話し合い。
相談者は桐の箱に詰めこんでいました

Q :全部たとう紙に入れとくもんですか?
A1:たとう紙ははずしたほうがいいです。嵩張るし。
  一番いいのは一反ふろしき!昔おふとんとか包んでたやつです。
  あれをばっと箱に敷いて着物を乗せて最後に包む、と。
A2:糊を落としたさらしに包んでますね。

Q :ウールとほかのものは一緒にしたらダメですか?
A :虫が来るからやめといてください。ウールは洋服と一緒でも大丈夫ですよ。

Q :帯はきものとわけたほうがいいですか?
A :巻いておかはったらいいんですよ。和紙をはさんでくるくるっと。元は反物ですし。紙は加工によっては帯に影響があるかもしれないので文庫紙(和紙)がいいと思います。

Q:小物類は・・・
A :帯締め、帯揚げなど分けて箱に入れてます(写真も見せていただきました)。せっかく広げたんだし、写真に撮っておかれると出さなくてもどういうものがあるかわかるので便利ですよ(Mさん)。

Q:湿気がちです。
A :桐箱を少しずらしながら重ねてください。押入れの戸は開けておくといいです。

ほかにも組み合わせや衿幅による着心地、着た後の手入れ、防水、半襟、小物づかいに至るまで話は尽きず気がつけば3時間経過。

お昼も忘れてお付き合いいただいた参加者の皆さま本当にありがとうございました。

全体を通して感じたのは、「きもの」としてではなく生地や工程から考えるといろいろ単純化して捉えられることと、着てこそ手入れが行き届くということ(町家と一緒ですね)。

また、自身のきもの経験値がゼロに近く本などから得た知識で混乱していたので、生活のなかや経験から培われた「お智慧」を伝えてもらったことで腑に落ちた部分がたくさんありました


着だしたらまた別の困りごとが出て来るんでしょうね~。その際のべべあそびの会の報告ができるよう、せいぜい着られるようになりたいと思います。

『たのしい』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 第10回例会「北白川・駒井家... | トップ | よぅ お越し~第9回例会ご報告~ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (熊五郎)
2008-10-17 23:56:38
お世話になりました~。
自分以外の方の箪笥の中身を拝見させてもらえる事がほとんどないので、勉強になりました♪

事務局長さんのお知恵を、せっせとメモしておかないといけないわ…。

私のブログUPは、来週あたりになりそうです。
かなり溜めてるし…;
ありがとうございました! (風小僧)
2008-10-18 08:36:10
私の段取りが悪かったので長いことお付き合いさせてしまってすみませんでした~。

こちらこそ熊五郎さんのお話とても勉強になりました。
着物との付き合い具合によって扱い方や悩みが違うところがまた興味深かったです。

箪笥の中身は・・・自分だけで抱えて悩んでいても埒があかないのでこのたび公開の運びとなりました

分類するだけで随分スッキリして使いやすくなりましたよ!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

例会・イベントのご報告」カテゴリの最新記事