例会・イベントのご案内とご報告

特定非営利活動法人 京町家・風の会

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

手作り!みつろうキャンドル~第77回例会ご報告~

2017-12-15 13:58:47 | 例会・イベントのご報告
11月26日、第77回例会「路地奥町家でおたのしみ!~みつろうキャンドル作りワークショップ~」がありました。

会場は西陣の蜂蜜専門店ドラートさん。路地奥長屋の小さなお店です。

店長の花岡茜さんにご指南いただいて、キャンドルを作りました

まずは花岡さんから蜂蜜のお話をうかがいました。
セイヨウミツバチは、その季節で一番おいしい花の蜜を集めてくるそうです
そのため、巣箱を置く期間を管理することによって1種類の花の蜜を採ることができるそうです。

対して日本ミツバチはさまざまな花の蜜を集める習性があります。
いろいろな種類の花が咲く時期に巣箱を置くと、蜜が自然とブレンドされた百花蜜が採れるというわけです。
そのときどきの花の割合や地域によって味が異なることが魅力で、それを楽しみにされている方も多いとか。

蜂蜜への興味と不思議がむくむくと湧いてきたところでテイスティングのお時間。
準備していただいた11種類の蜂蜜をひとさじずつ味見します

それぞれ色や味、なめらかさなど個性を感じさせる点がたくさん!

アボカドは実とまったく違うトロピカルフルーツのような味
対してコーヒーや栗はイメージに近い香ばしさを感じたり…
香りも、口にした瞬間に広がるもの、余韻でふわっと膨らむものなど、個性豊か。
奥深い蜂蜜の世界の入り口をちょっぴり覗かせていただいた気分になりました。

ドラートさんでは普段からテイスティングもできるので
自分好みの蜂蜜を探すのも楽しそうです!

さて、いよいよ蜜蝋キャンドル作り。
蜜蝋は巣を作るために蜂が体内で作り出す物質で、食べても害のない蝋だそうです。
これを着色してシートにしたものを切って花形のキャンドルを作りました。



まずは型紙にあわせて花びらと葉っぱを切って…。
最初は型紙通りに切っておられた方も、手が進むうちに大小をつけたり、ハート型にしたりとアレンジを加えておられました。

次に芯になる糸に蝋の切れ端を手で温めながらくっつけていきます。
ここまでは本当に簡単!
あとは、花びらを互い違いにつけていくだけ、のはずだったのですが。



ここで思わぬ難関!!
急に冷え込んだこの日、手が冷たくてなかなか花びらが柔らかくならず、曲げようとするとひびが入ったり
慌てずにじっくり力と温かみを加えていくことがどうやらコツのようです。
ホットドリンクのカップや、ホットカーペットに助けてもらって
どうにかこうにかキャンドルが完成しました。



予想以上に根気のいる作業になりましたが、その分「巻いてみてもいいかも」「この色の組み合わせもいいね」と
どんどんアイディアが飛び出してきました。
今回のワークショップでは、赤と紫の花を作ったのですが、
ドラートさんで扱っておられるシートは7色あって、お帰りの際にみなさん真剣にシートを選んでおられました。

またオリジナルキャンドルを作られたらぜひ見せてくださいね!

最後になりましたが、ご参加いただいたみなさま、ワークショップをお世話いただきました西陣蜂蜜専門店ドラートさま、ありがとうございました。
コメント

「町家の日」協賛イベント!~第75回例会・第76回例会ご報告~

2017-04-20 10:40:54 | 例会・イベントのご報告
3月8日は町家の日でした。(代表理事が幹事をつとめております京町家情報センターにて制定されました。)→★町家の日facebook

この日をはさんだ約1週間、「町家ウィーク」として市内の町家でさまざまなイベントが開かれていました。

当会では「第75回例会『月讀文庫』オープンデイ」と、「第76回例会 組紐体験~携帯ストラップを作ろう~」を協賛イベントとして開催しました!


3月4日の月読文庫オープンデイには、ほかのイベントも廻られている方々が寄って下さって
本棚をご覧になってくださったほか、町内会や消防団のあれこれをおしゃべりしました。
また、エコ住宅としての町家やまちづくりについてお話しされる方もありました。


町家の日当日の3月8日には、長谷川典雅堂さんで組紐体験!
京組紐の伝統工芸士・長谷川往春さんのご指導で携帯ストラップを作りました。

長谷川さんは帯締めや羽織紐を主に作っておられるそうですが、「紐」の作り手が少なくなっていくなかで、
仏具やお寺の飾りの紐などさまざまな種類の紐を手掛けられるようになってきたそうです。

まずは長谷川さんがお手本を見せて下さいます。
「奥と手前の紐を持って持ち上げずに隣に動かすだけやしね。
まぁ、気楽に体験してみてください。」
とご説明いただきつつ実演していただきましたが…。



絹糸を撚った8本の紐をセットした四角の台を前に、実際体験してみると、
「はい右に1回、2回、3回、4回。はい戻って次~1回、2回…!」という
リズミカルな長谷川さんの掛け声に必死についていくだけで精一杯

おしゃべりする余裕などもちろんあるはずもなく、「あれ?いま何回目でしたっけ?」「どっちに回ってました?」
と参加者の皆さまが、長谷川さんと奥さまにおたずねすること数回…。

約30分でなんとかストラップが完成しました


紐の置き方や向きによって模様が変わっていきます。
このストラップは2種類の組み方でできていますが、長谷川さんがいくつかの組み方を実演してくださいました。



多彩な模様の数々に、先ほどの頭と手先の混乱をすっかり忘れて、一瞬やってみたいなぁと思ってしまいました
お世話いただいた長谷川さま、ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました。

当会のイベントはこの二つでしたが,ほかにもマルシェやワークショップなど
楽しい催しがたくさんあったようです→

みなさま来年もぜひチェックして,町家の日ウィークをお楽しみくださいね!

そうそう。「町家の日」の京都タワーライトアップの色を投票で選ぶという企画もあったのですが
選ばれたのは「スカイブルー」でした!

コメント

月讀文庫オープンしました~第73回例会ご報告~

2017-02-18 15:40:54 | 例会・イベントのご報告
お正月気分も薄らいだ1月22日、第73回例会「年のはじめの本棚開き~『月讀文庫』オープン!~」がありました。

ご参加くださったのは3名のみなさま。
小さいお子たちも加わって、にぎやかな例会となりました

まずは自己紹介を兼ねた福引です。
こ~んな質問つき!



前半はゲストにお迎えした永井美保さん(株式会社学芸出版社)から
最近の出版や本をめぐる状況をおうかがいしました。

本がテーマの例会とあって、本屋さん図書館好きの方が多く、質問もたくさん!

魅力的な本棚ってはどんな本棚?
本をめぐるフシギなハナシ(隣にある本がなぜか売れていく…などなど)のほか、
まちなかの書店や「まちライブラリー」についての話題も盛り上がりました。

本を使った遊びを紹介してくださる方があったり、
本を手に取りながら、紙や印刷といったブックデザインの細かなところまでを
永井さんからうかがったり、刺激の多い時間となりました。
これから本や本棚を見る視点がとっても豊かになりそうです!


おぜんざいタイムを挟んで後半は、月讀文庫(つくよみ・ぶんこ)の前に移動
本を手に取られ、みなさま感想やお勧めなどをお話しされていました。


読書をしていると時間の感覚がなくなるものですが、
みなさまとご一緒でも、やはり本との時間は早く過ぎ、いつの間にやら夕方に
「借りてもいいですか?」とさっそく月讀文庫をご利用してくださる方もありました。

楽しいお話を聞かせてくださいました永井さま、ご参加くださったみなさま、ありがとうございました。

さて、今回の例会をきっかけに不定期ではありますが、月讀文庫オープンデイを設けることになりました!

次回のオープンデイは、3月4日(土)午後2時~午後4時
出入り自由です!お散歩ついでに遊びに来てくださいね。詳細→
お申し込みお待ちしております
コメント

秋の洛北・町家見学~第72回例会ご報告~

2016-12-31 15:45:56 | 例会・イベントのご報告
11月23日、第72回例会「稀少!高野の改修前の町家でよもやま話はいかがでしょうか。」がありました。

会場は左京区一乗寺。東と北には色づいた山が迫っています。
東大路、北大路といった大きな通りが近いこともあって、
「こんなところに町家があるんかな~?」
と思わせるような風景が続いています。

ところが、大きな通りをひょこっと脇へ入るといくつかの町家が。
事務局長によると、この辺りにはポツポツあるそうです。

会場にお借りしたのは昭和初期に建てられた郊外住宅タイプの町家。
増築部分や、前にお住まいだった方たちが工夫をされた改築部分もあって、
とても面白いつくりになっていました。



1階部分は床をめくって基礎部分の工事中。
普段は見えない部分が見学できました。


新しいひとつ石が待機中。


こちら建物の歪みを調整する「いがみつき」。
一気にあげず、じわりじわりと突き上げて家の立ちを直していくそうです。
2階の廊下で「前来た時より下がりがましになってるなぁ」と代表理事。


町家好きの方に人気の舞良戸
ほかにもかわいらしい総柄のふすまや、窓のおしゃれなデザインに
心をくすぐられている方もおられました。



天井板もはずしてあって、梁を見ることができます。
「家に点検する入口あったかなぁ」とおっしゃる参加者さんに
「いまは30年程度しか持たない消耗品のような家が多いので、ないかもしれませんね。
町家は直す前提で建っていますから、床下や天井裏にも入れますし、配線配管が露出していたり修繕がしやすいようになってます」
と代表理事。



2階の部屋をぐるっと回っていた廊下と思しきところ。
左に折れる部分は押し入れに変身。突き当りはドアを作って増築部分への入り口に。
このように間取りや部屋数を作り変えているお宅はけっこうあります。
元々お商売によって使い方を変えることができやすい作りになっている
町家ゆえの楽しみ方やなぁ、といつも感じます。

ほかにも他地域との町家に対する公共的な施策の比較や京都独自の改修助成の取り組みなどについても、
みなさまとじっくりお話しできた例会となりました。

これにて今年の例会はおしまい!
来年1月は事務局の本棚「月讀文庫(つくよみぶんこ)」のお披露目です。→★詳細★

おぜんざい、福引もありますので、ぜひぜひ遊びに来てください
お申込みお待ちしております!
コメント

ゲストハウス事情あれこれ~第71回例会ご報告~

2016-06-16 10:42:32 | 例会・イベントのご報告
6月12日、第71回よもやま例会「簡易宿所業(ゲストハウス)について語ろう!」がありました。


ゲストスピーカーは行政書士の北川 宗(つかさ)先生。
京都でのゲストハウス許可申請を数多く手掛けられている先生ならではの
お話を詳しくお聞かせいただきました。



ご参加くださったのは、6名のみなさま。
奇しくも、物件探し中、改装中、いつかやってみたいなぁ~…と段階は違えど
町家でのゲストハウス開業をお考えの方ばかり。
みなさまの興味関心もさまざまで、北川先生のお話しがさらに拡がって、
とても内容の濃い例会になりました。


まず、民泊の実態や周辺状況、諸問題や各地域での対応対策などを
北川先生から詳しくお話しいただきました。
外国との違いや、実際のさまざまな運営・契約方法などには
驚きの声も挙がっていました。

次いで実際にゲストハウスを許可申請の上で営業するためのステップを
たくさんの実例を挙げて楽しくわかりやすく解説してくださいました。

用途地域や学校照会のこと、許可を得る箇所の担当部署など
知っておくべきことが多岐にわたっていることもあって、
苦労を重ねてご自身で手続きを進められている方へは「すごい!」とみなさんから尊敬の眼差しが…

また、急増しているホームステイ型ではない民泊についても、
京都市の現状や、民泊通報・相談窓口(詳細→
をはじめとした今後の京都市の姿勢を
詳しく北川先生がお話ししてくださいました。

どんなことを経営者の方に確認したらいいかや連絡先部署等
近所に民泊がある場合や今後お町内に民泊ができた場合にも
役立ちそうなことがたくさんありました




後半は図面や写真など、具体的な資料をお持ち下さった方もおられて
疑問点や、これからすべきことなどをみなさまと一緒に共有しつつ
先生や先に手続きを進めておられる方にお尋ねしました

すでに場所を決めておられる方も何人かおられましたが、
地域のお店やご近所の方々といかに良い形で繋がっていくかを
みなさまが真剣に考えておられるのが印象に残りました

最後になりましたが、膨大な情報を整理してわかりやすくお話ししてくださった北川先生、
ご参加くださった皆様、ありがとうございました。

コメント

西七条:市場まわりを歩く~第70回例会ご報告~

2016-06-15 21:36:33 | 例会・イベントのご報告
5月15日、第70回例会町歩き!「西七条界わい~梅小路へ」がありました。

暑いくらいに晴れ渡った空の下、ご参加下さった2名の方々と一緒に西七条界わいを歩きました。
中央卸売市場のほんねきです。

いろいろなタイプの町家を見ながら、お散歩しました。

この辺り、馴染みのない方も多いとは思いますが、
なかなかヴァラエティに富んだ時代・タイプの町家がたくさん残っています。



厨子二階に虫籠窓、総二階にうだつがあるものや、鉄格子の昭和初期タイプの町家があったり。

お蔵のある間口の広~いおうちから、路地中の小さな町家まで。





市場に関係するお店(食品の卸や箱屋さん、包装資材屋さんなど)もあちこちに見受けられました。
食堂もけっこうあって、朝でもごはんを食べに行くのに困らないなぁ~。
とちょっと羨ましくなったり

ご参加くださった方々も、この辺りに来られるのは初めてだそうで、町のお商売に興味津々

途中空き町家も見学いたしました。

まずはなんとも複雑で不思議な間取りの角家。
そこかしこにお部屋と通路。
ぐるぐる廻っているうちに、外から見るより大きなお宅のように思えてきました…。
「昔は市場に来られる方の宿みたいなことをされていたのかも。」と事務局長。



大きな道から少しはずれ、ろうじの中を探検です。
次は、連棟の間口が狭い町家を見学。


前土間型の、奥に長ーい町家でした。
平屋ということもあってか、内側は入口の暗さから想像できない明るさ!



このお宅だったらどんなお商売ができるかな~。
パン屋さん?
こんなふうに改修したら面白そう!

などと想像してみなさんで盛り上がりました。

一通り歩いた後は、カフェで冷たいもんを
町家ではありませんでしたが、こちらもお商売への夢が膨らむような楽しいお店で
お話がはずみました。

暑いなかご参加くださったみなさま、ありがとうございました
コメント

つつんでひらいて~第67回例会ご報告~

2015-12-10 16:36:16 | 例会・イベントのご報告
11月29日、第67回例会町家であそぼ!「つ・つ・む~風呂敷ワークショップ~」がありました。

ご参加くださったのは2名の方々。
びんや缶などいろいろな形のものをお持ちくださいました。


まずは事務局長がふろしきのほどき方をみなさまに伝授。
なんと結び目の向きをひょいと変えるだけでするっとほどけます。
ふしぎ不思議
思わず繰り返し試してしまいます。

続いては手提げ風のものを何種かと、おみやげをお渡しする際の包み方、渡し方。
瓶を包んだり、持ち手の長さが調節できる手提げを作ったり…
と、大きさも布の種類もさまざまなふろしきでたっぷりと遊びました。

  

最後にお茶を飲みつつ、ふろしき談義

包み方や中身によって、布も張りのあるものにするか、形に添うものにするかを決めた方がよさそうです。
綿シャンタンという生地はラッピングのように使え、きっちりした感じが出るので人気でした。
リバーシブルも華やかでこれからの季節、クリスマスやお正月用によさそう
また、持ち手がある包み方の場合は予想以上に大きなふろしきが必要なことに気付くなど
たくさんの発見がありました。



ご参加くださったみなさま、ありがとうございました。
「寄り添う文化」再発見。楽しんでいただけましたでしょうか。
新しい包み方を考案されたらまた教えてくださいね

らりぃもいよいよ大詰め。ワークショップでもスタンプ押します!

まだ間に合うものもありますので、ぜひご参加くださいね。

●お申し込み受付中↓

ちくちくぬいぬいワークショップ~こぎん刺しのクリスマスオーナメント~

日時:平成27年12月13日(日)午後1:30~3:30ごろ(受付:1:20)
   
六つ目編みの小さな竹籠作り
日時:平成27年12月16日(水)午後2:00~4:00ごろ
※若干名お席がございます!お気軽にお申し込みください。
コメント

秋のだいどこ風景その2~第66回例会ご報告~

2015-11-28 16:26:16 | 例会・イベントのご報告
第66回例会その2のご報告です。

10日あまりの間に季節が進み、ずいぶんと冷え込むようになりました。

今回は4名の方がご参加くださいました。うち市外のかたがほとんどで、商店街や町家にも興味津々。

三条会はアーケードがあってわかりにくいのですが、商店街のお店は店土間の町家が多いですよね。
横から見るとこんな感じです。


今回も前回とほぼ同じメニュウ。お豆腐やさんで汲み上げ湯葉を。
お揚げさんの大きさに驚かれるみなさん。



閉まってしまった間口の大きい町家を見たりしながら、たまねぎ工房さんに到着。
玄関を入って長ーいとおり庭と井戸、火袋に「おぉ~」と声が上がります。




今回も買うてきた材料を前に京野菜のお話をうかがいました。
前回と違う材料はなめこ!セリも今日はありましたよー。

4名と前回より少人数でしたが、段取りよく、これまた1時間半ほどでできあがり。
またまた今回も川添さんおすすめのお酒をほどよくお燗してくださった「燗上がり」の状態を体験させていただきました。





それでは試食タイム!

「金時人参苦手やったのに甘い!」「湯葉和えのなめこ、まとまりが出ていいですね。」
お酒もごはんもお話もどんどん進み楽しい時間となりました。

ご参加くださったみなさま、2回にわたりお世話になりました川添さま、ありがとうございました。

コメント

秋のだいどこ風景その1~第66回ご報告~

2015-11-27 18:55:03 | 例会・イベントのご報告
11月10日・21日に第66回例会「まちのだいどこ、うちのだいどこ~京の食べもんでごはんごしらえワークショップ~」がありました。

こちらは町家ショップらりぃ2015・京町家・風の会ワークショップ第1弾になります。

ほぼ同じメニュウで2回開催しましたが、それぞれ楽しい会となりました。

まずは1回目。8名の方がご参加くださいました。
お近くの方が多く、商店街でのお買い物の最中にも
「あら~、こんにちは!」「何してはんの?」などなど道行く人やお店の方、振り売りのおばちゃんと会話が…。




さて、ご案内役の川添さん。八百屋さんに入ります。
ぎゅっとしまったかぶ、しゃきしゃきの水菜…
どんどん手にしていきますが…「今日セリはないのん?」
「今日はぬくいしなー、あんまり出ぇへんかと思て仕入れんかってん」

なるほど…店頭に並ぶ野菜にはそんな理由もあったんですね!
こんなことも商店街ならではの風景やな~、と感じました。

会場への道みち「ミカン安いなー」「帰りに買うて帰ろ」
「ここのお店のこれがおいしいんですよ」「私もここでよぅ買います!!」
みなさんお気に入りのお店があるそうで情報交換も盛んでした。

会場のたまねぎ工房さんに着くと、まずは材料をざっと並べ京野菜についてのお話をうかがいます。
水菜と壬生菜の関係、えびいもの話、京野菜の産地の変遷などなど…。

続いてみなさんでだいどこに立ちます。自然と分担ができて、とてもスムーズ!
作業の間にもみなさんで調理方法のアイディアを出し合っておられました。



天窓があるのわかりますか?
この向こうは通り庭になっています。
どうしても暗くなりがちな真ん中の部屋も工夫次第でずいぶん明るくなるんですよ!


1時間半ほどで5品完成


日本酒学講師でもある、川添さんおすすめのお酒を冷とお燗で呑み比べ。
ごはんをいただいている間にもまちのお豆腐屋さんやスーパー事情など食にまつわる話題が飛び交っていました。

ご参加いただいたみなさま、お世話下さった川添さま、ありがとうございました。

コメント

らりぃ今昔~第65回例会ご報告~

2015-10-06 13:24:08 | 例会・イベントのご報告
9月27日、第65回よもやま例会「もっとらりぃを楽しもう!~風散歩ミニ虎の巻~」がありました。

ご参加くださったのは4名の方々。
らりぃの常連さん、初参加のご店主、ボランティア希望の方、過去のらりぃ関連イベントでお世話になった方など、いろんなかたちでらりぃに携わって下さる方がご参加くださいました。

町家ショップらりぃ2015のスタートまで1ヶ月をきったということで…。
過去のマップや年表を見ながら、思い出、お店のこと、町家をめぐる状況の変化など、あれやこれやお話いたしました。



らりぃ開始からはや10年。
ていねいにみなさんからお話をうかがっていくと
らりぃの参加店さんのお商売の内訳、営業の形態、
そして参加される方の視点などにも変化があったことがわかり、
参加される方、お店の方、そして運営する当会にとっても貴重な意見交換の場となりました。


今回のらりぃの新しい企画、ワークショップについてもご説明いたしましたが
なかなか好評で、みなさん日程をチェックしておられましたよ


らりぃスタートまであと少しです。
例会にご参加いただけなかったみなさまも、facebookブログをチェックして、
ご自身にぴったりの楽しいらりぃを組み立てて下さいね

本日のおやつ。秋色!


コメント