ココロの傾向

タイトルは有頂天の曲『千の病を持つ男』より

篠笛とフラメンコギター

2019-06-13 13:58:55 | LIVE
2019年6月6日(木)りゅーとぴあのスタジオA
篠笛の狩野泰一さんと ギターの柴田亮太郎さん
ツアーのようですね。WOLRD MUSIC。

  

狩野さんの演奏を聴くのは二度目。(前はJAZZ編成だったかな?)
篠笛とギターって合うよなぁと思いながら。
私はわからなかったが、ギターといってもフラメンコギターだそうで
でも普通に、アコースティックギターとして聴いてました。(^^;

いや素晴らしいよね。
篠笛ってあんな吹き方(指使い)もできるのかー!と感心したり
音響も使って 魅せる魅せる。

あ、ちなみに音響は 西叢くんでした。さっすがー。
ニシクンはたとえば こんなとき

ギターがまた素晴らしくて。
スペインに5年くらい修行してらっしゃったそうで。
その時の面白エピソードなどもお話になられてました。

休憩後に一曲、ギターソロでするときに
会場が響くようだから、と、音響なしで。

その後狩野さんも出てきて、お二人で音響なしで一曲されました。

ええ、確かにじゅうぶん生音で響きますけど、生音聴けるのは嬉しいですけど、
それでもやはり音響ありの演出もありますのでね。^^

狩野さんは色んなジャンルの音楽もやられてきたーって感じの演奏されますね。
笛一本でも!


最後に一曲だけ
ほぼアドリブで
パーカッション×ギター の演奏がありました。
それがまたスゴイ。鼓童出身の狩野さんのリズム感たるや!
もっと見たいぐらいでしたが、一曲が限度なのかもしれませんw(体力的に? スゴイんだもの)

今回のツアーのために お二人で何ヶ月もリハされたとのこと。
狩野さんはいろんなかたとコラボできるかたですねー。


コメント   この記事についてブログを書く
« 栗コーダーカルテットとビュ... | トップ | デイサービス訪問 梅雨だよ~ん »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

LIVE」カテゴリの最新記事