気ままに 外歩き 町歩き 街道歩き

気ままに出かけて 写真に残る植物や風景etcを 備忘録として足跡に残しています。

今日は、上赤坂から足を延ばし多聞院の花散策

2020-08-12 12:35:26 | ぶらり散策

狭山市の上赤坂地区にある末吉さんのオープンガーデンを訪問の後、自宅に戻ろうか、いや折角ここまで来たので所沢市にある花のお寺として有名な多聞院まで足を延ばそうか、ちょっと思案しましたがナビアプリで歩行時間を調べると3.5Km、徒歩45分と表示されたのでGoGoです。

途中でコンビニに寄り昼食のおにぎりを調達します。
その間にも、道沿いのお宅の庭からキレイな花が目に入って来ます。敷地内に入らないよう道路から撮ってみました。

こちらは、タカサゴユリ(高砂百合)ユリ科、多年草です。

こちらは、センニチコウ(千日紅)ヒユ科、一年草です。

こちらは、チョコレートコスモス()キク科、多年草です。

こちらは、大きな工場のフェンス塀に絡んでいました。
カラスウリかキカラスウリの花でしょうか。ただ、花の付き方が違うような気がするのですが。
 
雑木の中から顔を覗かせていたのは、ヨウシュヤマゴボウ(洋種山牛蒡)ヤマゴボウ科、多年草です。

梅雨明けの日差しの中、たかが3.5kmと思って歩き出したものの、現代の道路は江戸時代に出来た旧街道のように道沿いに大きな杉並木がないため、木陰や爽やかな風は期待できません。
結構ヘロヘロになって多聞院に到着、多聞院のお隣りにある神明社境内の木陰となっているベンチに座っておにぎりを食べ、汗が引くまで少しばかりの休憩です。

少し落ち着いたところで多聞院の境内を散策します。
前回4月に訪問した時には、「鬼の悟り」の周辺にはアマドコロがたくさん咲いていました。

「傘地蔵」さんの一体は頬被りしていますが、菅笠が嫌いなのでしょうか。
前回の訪問では、傘地蔵の右手奥の方向にクマガイソウがキレイに咲いていました。

こちらは、奥多摩新四国八十八ケ所霊場の36番札所の御大師安置所となっています。

この時期、花となると紫陽花が少し残っているだけです。
実は、こちらに来る目的がレンゲショウマの花を見ることです。
どこに咲いているのかなーと散策していると、こちらの写真にある野立傘の裏側にひっそりと咲いていました。

こちらは、レンゲショウマ(蓮華升麻)キンポウゲ科、多年草です。




目的のレンゲショウマを撮ったところで帰路に着く事にします。
さすがに、帰りは歩く気になれず多聞院近くのバス停から西武新宿線・新所沢駅に出て電車で最寄り駅に戻る事にしました。

(2020.08.02撮影)

 


コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 埼玉県所沢市のマンホール蓋... | トップ | 今日は遠出して榛名湖畔「ゆ... »
最新の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
傘地蔵 (tibineko)
2020-08-13 18:17:11
地蔵さんに傘をあげたおじいさん、でも6体のお地蔵様なのに傘は5つしか無くて、代わりにおじいさんの頬かむりを差し上げたという昔話・・忠実に再現されているんですね(*^^*)

コメントを投稿