川越雑記帳2(川越見て歩き)

22-7 熊野神社

 「烏頭坂の途中、左手の石段を登ったところに熊野神社がある。もとは、現在の市営住宅がある字南谷にあって長田寺でもっていたが、不幸な事件があったために、明治一九年稲荷神社のある現在地に合祀した。なお境内には、御嶽神社、疱瘡神社、神明社、諏訪社などが合祀されている。」



 烏頭坂の石碑脇の石段を登ると、下からも見える位置に最初の石鳥居があった。



 石段を登り終わると石の参道があり、二番目の鳥居があった。
鳥居には熊野神社の額が掛かっていた。



 参道両側には赤い灯籠が並び、奥の正面に社殿があった。

  

 社殿の前には、高い基壇の上に狛犬が立っていた。

ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!

goo blogユーザーが出品しています

他の出品作品をマルシェルで見る
名前:
コメント:

※文字化け等の原因になりますので顔文字の投稿はお控えください。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

 

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

最新の画像もっと見る

最近の「川越散歩」カテゴリーもっと見る

最近の記事
バックナンバー
人気記事