川越雑記帳2(川越見て歩き)

33-14 白山神社

 「やや西川越駅寄りに白山神社がある。奉納される獅子舞が、昭和五十一年、一四年振りに小ヶ谷獅子舞保存会の手で復活され、毎年華麗な舞いを見せている。」

 丸彫り地蔵の後ろを通り、道なりに行くと川越日高線に出る。
そのまま進むと、また大田街道との交差点に戻る。
交差点を右折し、直ぐ左折する。少し進むと左側に幟のポールが見える。



 道路から少し奥に鳥居があり、石敷きの参道の先に社殿がある。
鳥居の左側の建物は、小ヶ谷公民館である。



 鳥居を潜ると社殿があり、その前に石灯籠があるが、基壇の上はフェンスで囲まれている。



 社殿の脇には、大小の石碑が並んでいる。



 社殿の右側には小さな末社がある。

ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!

名前:
コメント:

※文字化け等の原因になりますので顔文字の投稿はお控えください。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

 

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

最新の画像もっと見る

最近の「川越散歩」カテゴリーもっと見る

最近の記事
バックナンバー
人気記事