まだ終わらんよ!

クワヒロ・バラーナのブログ

918スパイダー

2010-07-31 | 

 ポルシェは、今年の春のジュネーブモーターショーに出品した2シーターのオープンカーでプラグインハイブリッドのコンセプトカー、918スパイダーコンセプト918スパイダーとして市販するそうです。

 何でも918スパイダーの最大出力は500ps以上の3.4リットルV8+最大出力218psのモーター=718ps以上。トランスミッションは7速2ペダルMTで、エンジンが後輪、モーターが前後輪を駆動する4WD。CFP(カーボンファイバー強化プラスチック)製のモノコックボディシェルやマグネシウム&アルミなどの軽量素材によって、車両重量は1490kgに抑えられ、最高速320km/h。ポルシェによると、ニュルブルクリンクでのラップタイムは、カレラGTの7分30秒よりも速いそうです。

 で、この918スパイダーのエクステリアですが、ポルシェというよりはどちらかというとフェラーリっぽいと思いました、、、。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

A7スポーツバック

2010-07-30 | 

 アウディA6ベースの4ドアクーペ、A7スポーツバックをこの秋からヨーロッパで販売を開始するそうです。

 また、A7スポーツバックが販売される頃にはメルセデス・ベンツの4ドアクーペ、CLSがモデルチェンジするみたいですし、BMW6シリーズの4ドアクーペを販売するみたいです。

 これだけ4ドアクーペが盛り上がっているのに、日本のメーカーが追従しないのが謎です、、、。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ティキタカ

2010-07-30 | サッカー

 2010年W杯を制覇したスペイン代表のパスサッカーをティキタカと言うそうです。

 ブラジルサンバイタリアカテナチオイングランドキック&ラッシュオランダトータルフットボールドイツゲルマン魂のように今後ティキタカスペインの代名詞になるかもしれません。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

BMWがMINIでWRCに参戦

2010-07-29 | 

 2000cc+ターボ&4WDのWRカーの規定変更による競技車両の開発コストダウン⇒WRCへ参戦するメーカーのアップを図ろうとしているFIAですが、2011年から1600cc+ターボ&4WD(SWRカー?)に規定が変更されるそうです。

 既にシトロエンDS3フォードフィエスタで参戦を表明しているそうですが、BMWプロドライブとタッグでMINIのクロスオーバーSUVモデルであるカントリーマンで参戦するそうです。

 また、トヨタWRC復帰を検討しているそうです(ベースは次期ヴィッツ?)。

 個人的にはフィアットアバルト(ベースはプントエヴォまたは500)や三菱(ベースはコルト?)、そしてスズキ(ベースは次期スイフト?)も復帰して欲しいです。

 ただ、スバルはこのクラスのベースがないので厳しそうです。

 もっともSTIトヨタと手を組みそうですが、、、。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マラドーナ監督解任

2010-07-29 | サッカー

 去就が注目されていたアルゼンチン代表マラドーナ監督ですが、結局解任されました、、、。

 個人的には4年後のW杯でもマラドーナ監督を観たかったです、、、。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

エコマーチのボレロ

2010-07-26 | 

 先代同様エコマーチこと日産4代目マーチにも特別モデルのボレロがリリースされるそうです。

 先々代や先代のマーチボレロは正直ゴテゴテしすぎいていると思っていましたが、4代目マーチはベースが地味なので、逆に映えると思いました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1/144のRGのガンダム

2010-07-26 | アニメ・コミック・ゲーム
RG 1/144 RX-78-2 ガンダム (機動戦士ガンダム) RG 1/144 RX-78-2 ガンダム (機動戦士ガンダム)
価格:¥ 2,625(税込)
発売日:2010-07-24

 1/144サイズでリアルを追求した新しいガンプラのグレード、RGの第一弾でRX-78-2 ガンダムが登場しました。

 ジオン派の僕は、RGガンダムよりもコテコテだけどこれがまたツボを付いているCMでリリースされそうな雰囲気満載なMS-06S シャア専用ザクⅡの方が欲しいです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スタンフォード・ブリッジの戦い

2010-07-26 | サッカー

 チェルシーが4シーズンぶり4度目のイングランド・プレミアリーグ優勝&2年連続6度目のFA杯優勝の2冠を無事達成し、2010年W杯も終わったということで、今日はハネムーンで訪れたロンドンで3月13日にチェルシーのホーム、スタンフォード・ブリッジで行われたチェルシーvsの観戦記をやっと書こうと思います。

Photo

 で、やってきましたのチェルシーのホーム、スタンフォード・ブリッジ。当ブログでサッカーのカテゴリーを設けていますが、実はサッカーを生で観戦するのはこの日が初めて。そもそも僕がサッカーを観るようになったのが1993年頃で、チェルシーの存在を知ったのはちょうど1994年のW杯開幕前。FA杯の決勝でチェルシーマンUに敗れたという記事を読んだ時でした。その頃はイタリア・セリエAが好きだったのですが、その後元オランダ代表MFフリットOBやイタリア代表クラスチェルシーに移籍。また、当時良く聴いていたイギリスのバンド、ブラーチェルシーのサポーターということで、僕もチェルシーを応援するようになりました。その時からサッカーを生で初観戦する時はの試合を(の)ホームので観る、またはスタンフォード・ブリッジチェルシーの試合を観ると心に決めていたので(ただ、ブラジル代表MFカカレアル・マドリーに放出した時点で応援するのを止めました、、、)、この日は念願が叶いました。

Photo_2

2_2

 前置きが長くなりましたが、オフィシャルショップでお土産を買ってから、ちょっと早目にスタンドへ。2階席だったのですが(まんまテレビカメラ目線)、ピッチではの選手が早速アップ中。チェルシー側のサポーターはまだまばらでしたが、ゴール裏の側の席は満杯で早くも大盛り上がり。アップするのメンバーの中でも元チェルシーイングランド代表歴もある8番のパーカーのボール捌きがうまいと思っていたら、チェルシーのメンバーも遅れてアップを開始。チェルシーイングランド代表MFランパードイングランド代表MFジョー・コールの古巣であり、ゾラ監督は元イタリア代表FWのチェルシーOBで永久欠番25(正式には永久欠番ではないそうですが、ゾラ以降誰も25番は背負っておらず、実質永久欠番なんだそうです)な上にチェルシーアンチェロッティ監督ゾラ監督の因縁対決(今から14年程前に元イタリア代表FWバッジョと並ぶファンタジスタ&セカンドトップと称され、セリエAパルマで10番を背負っていたゾラに対し、パルマの指揮官に就任したばかりのアンチェロッティ監督はサイドMFへのコンバートを指示するもゾラがこれに反発。海を渡り、チェルシーに移籍。ブルーズのレジェンドになった次第です)ということで、観ているこっちも寒さとキンチョーでトイレが近くなりました(でもそのトイレがステンレスの流し台みたいなところに横一列に並んでする感じで、面食らいました)。

 で、トイレから戻ってくると。最初はまばらだったスタジアムもいつの間にか満員になったと思ったら、よいよいよキックオフ。この日のチェルシーのスタメンは、GKがイングランドターンブルで、4バックは右からセルビア代表DFイヴァノヴィッチ&元ブラジル代表DFアレックスイングランド代表DFテリーポルトガル代表DFフェレイラ。中盤はアンカーにナイジェリア代表MFミケルで、2センターハーフはドイツ代表MFバラックランパード。3トップはフランス代表FWアネルカコートジボワール代表FWドログバフランス代表FWマルーダチェコ代表GKツェフイングランド代表DFアシュリー・コールガーナ代表MFエシアンをケガで欠いていますが、ほぼベストメンバー。3日後にCLの戦(しかもの指揮官はチェルシーを2度リーグ優勝に導いたモウリーニョ元監督)ということで、戦力を温存させるかと心配していたのですが、フルスロットルで安心しました。

Photo_4

 試合は大盛り上がり+当時”時の人”だったテリーがボールを持つとブーイングするゴール裏ののサポーターとは対照的に基本静かでテリーがブーイングされると拍手で返すぐらいなチェルシーのサポーターが見守る中、基本チェルシーが攻める展開。ただ、ランパードはパスミスが多く、攻撃はマルーダのクロスがメインで、ごくたまにバラックがくさびになり、落としたところにドログバが飛び込むぐらい。ランパードも古巣相手に決定的なパスはもちろんシュートも放てず。フェレイラがオーバーラップする左サイドと違って、右サイドのイヴァノビッチは攻めあがることは少なく、アネルカも孤立、、、。それでも、左サイドだけでも崩せればたくさんチャンスは生まれるもので、前半16分にマルーダのクロスにオーバーラップしたアレックスが頭で合わせてチェルシーが先制!基本座り見&チェルシーのサポーターオンリーの2階席は全員総立ち。自陣に戻るアレックス以下チェルシーのイレブンを称えているかと思ったら、僕の周りの視線のほとんどは違う方向へ、、、。つられて同じ方を見ると、そこはのサポーターが陣取るゴール裏で、僕の回りのチェルシーのサポーターが人差し指&中指を立てて(アメリカでは中指ですが、イギリスのファックサインは人差し指&中指)、「ファ●ク △$%?!」「ファ●キン ◎▲#$%!!」とのサポーターを挑発(汗)。特に僕の前方のトレンチコートの坊主のお兄さんは、みんなが座った後もひとり立ったまま、両手でダブルファックサイン(汗)。試合再開後、のサポーターが陣取るゴール裏に時々目線をやっていたのですが、どうも一部ののサポーターは試合よりもこっちを挑発している風(汗)。ただ、そこはフィールドとスタンドの間に柵を設けていないプレミアリーグだけあって、どこぞのリーグと違って発炎筒は飛んでこないし、乱闘もないのでひと安心(笑)。

 ところが、喜びもつかの間で前半30分に冒頭で登場したパーカーの同点ゴールが決まり、振り出し、、、。同じく初めてサッカーを生観戦する妻が「チェルシーって、強いんじゃないの??」と漏らすほど、その後のチェルシーは決定的な場面を作ることができず、、、。空気が怪しくなったまま、ハーフタイムを迎えました。

 少なくとも2階席のチェルシーのサポーターの多くがアルコールを補充した後(基本スタジアム内でアルコールは販売されているのですが、席には持ち込むことができません。そのため、帰りに入り口付近には飲み掛けと思われるアルコール類が結構散乱してました)、後半戦がキックオフ。前半ほとんど消えていたアネルカがドリブル突破を試みるも、ダメ。僕の隣の隣の隣のおじいちゃんも思わず立ち上がって、顔を真っ赤にしながら「ファ●キン ◎▲#$%!!」、、、。さらに空気が怪しくなってきました、、、。

 しかし、ジョー・コールが恋しくなった後半11分、ゴールを求めるスタジアムの空気を読んだようにテリーがオーバーラップを開始。左サイドのマルーダにボールが渡ると、マルーダのクロスに飛び込まんとばかりにテリーはエリア内へと疾走。しかし、期待通りにマルーダがクロスを放つも、テリーはまさかの転倒、、、。でも、このクロスにドログバが頭で合わせ、チェルシーが遂に勝ち越し!!ズッコケましたが、2010年W杯でもダイビングヘッドでゴールを守ったテリーの気迫が生んだゴールだったと思います。

 そして、もう一人空気を読んでいたのが勝ち越しゴールを決めたドログバ。ゴールネットを揺らしたボールをまるで負けているチームのように奪うと、もっとゴールがみたいんだろうといわんばかりに客席を煽りまくり。でも、コーナーキックはランパードに任せた方が良いと思いました、、、。

 ドログバの煽りが効いたのかどうかはわかりませんが、後半21分にアネルカと交代でジョー・コールが入った頃にはチェルシーが押せ押せ状態で、後半32分にマルーダが左足でゴール!!この日のMVPはやっぱりこの人だと思います。帰りの飛行機に置いてあったフリーペーパーでも表示を飾ってましたし、3ゴールも演出してくれたマルーダに惚れてしまいました(ランパードのネーム&ナンバー入りユニを買って帰ったのですが、日本よりも全然安いので、マルーダのユニも買っておけばよかったとちょっと後悔)。そして、後半35分にイヴァノビッチと交代でロシア代表MFジルコフが登場し、サイドアタックはさらに重厚に(今季のプレミアリーグのベストイレブンと評価されるイヴァノビッチですが、クロスを放り込みたい場面では、イヴァノビッチよりもフェレイラジルコフかと思います)。しかし、この日テリー同様古巣のサポーターにブーイングを受けていたランパード(でもジョー・コールはブーイングを受けず。謎)のヒールシュートは惜しくもゴールポスト。決めていたらランパードはさらに男前でしたが、後半45分に今度はディフェンスに囲まれながらも、得意のミドル。GKにはじかれるのですが、こぼれたところをドログバが詰め、ダメ押しの4点目。チェルシーの圧勝で幕を閉じました。

8_2

 試合後、スタジアム周辺を飾っているチェルシーの現役&OBの写真と記念撮影。フリットがなかったのが残念(あと、入り口付近に元ウクライナ代表FWシェフチェンコの写真がまだ貼ってありましたが、あれはもう剥がした方が、、、)。

 初めて生で観ましたが、やっぱりTVよりもいろんな意味でおもしろかったですし、ホテルに戻っても興奮は中々冷めないもので、その日の試合の中継を2回も観てしまいました(ついでに何かのサッカー番組で司会が元イングランド代表FWリネカーで、解説がこれまた元イングランド代表FWシアラーでした。何しゃべってるかさっぱりでしたが)。

 シーズン終了後、ジョー・コールバラックが退団し、ゾラ監督の解任されました。いずれ何らかの形でスタンフォード・ブリッジに戻って来て欲しいです。

 そして、僕らもスタンフォード・ブリッジにいつの日かまた戻りたいと思いました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

RGM-79L ジム・ライトアーマー

2010-07-26 | アニメ・コミック・ゲーム

ガンダムカードビルダー ME-0040 RGM-79L ジム・ライトアーマー ガンダムカードビルダー ME-0040 RGM-79L ジム・ライトアーマー
価格:(税込)
発売日:
 「MSV」のRGM-79L ジム・ライトアーマーは、RGM-79 ジムを徹底的に軽量化し、機動力を向上させたエースパイロット向けのMSなんだそうです

 ですが、やっぱり何度見てもジム・ライトアーマーよりジムの方が強そうです、、、、。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

グティがレアル退団を発表

2010-07-26 | サッカー

 元スペイン代表MFグティが、レアル・マドリーからの退団を発表しました。

 9歳で入団してから24年間レアル一筋だったグティ

 だた、その忠誠心に比べるとレアルでの出場機会は少なかったと思いますし、レアルにこだわりがなかったらもっと才能を発揮していたと思います。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加