まだ終わらんよ!

クワヒロ・バラーナのブログ

PS2とサカつくEU

2006-11-30 | サカつくEU

 やっぱりPS2が読み込まない、というか他のゲームやDVDは読み込むんだけど、今年ゲームは「サカつくEU」しか買ってないせいか、「サカつくEU)だけは読み込みにくいらしく、立ち上がるのに平気で30分かかってしまう。SO●Yの嫌がらせか、、、。

 う~ん。PS3も不具合あるし買えないし、かといってPS2を今さら買うのもなぁ、、、。

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

Jから世界へ

2006-11-28 | サッカー

 横浜FCが見事J1昇格を決めました。フリューゲルスが消滅してもう10年ですか?何はともあれよかったですね。ヨーロッパのどっかのクラブもその昔合併したと聞いたことあるので、こうして歴史はつくられていくんだなぁと実感しました。

 で、そのヨーロッパはASローマトッティロナウジーニョがスーパーゴール!かたやクッキアイオ、かたやエラシコの両名。たとえポジションがトップ下でなくても、ファンタジスタはまだまだ不滅です。

コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

2013-2014シーズン閉幕

2006-11-26 | サカつくEU

 サカつくEUプレイ日記「ヨーロッパ頂上決戦編」。2013-2014シーズン、トレントCalの総集編です。

①チーム成績

・セリエA 2位 38試合23勝12分3敗(勝点81)/得点63失点26(得失点差+37)

・プライムカップ ベスト16

・ヨーロピアンリーグ ベスト4

②セリエA個人成績・・・ポジション別、背番号 名前 国籍 出場試合数/得点/アシスト/評価点、()はランキング

GK

1  シェファー GER 23/0/0/5.9

12 バイア PRT 17/0/0/5.9

DF

2  ミゲウ PRT 30/0/0/5.9

3  フリューレン NED 18/0/0/5.9

6  R・コバチ CRO 5/0/0/5.9

13 ベルガメッリ ITA 36/2/2/6.0

17 メルテザッカー GER 38/4/0/5.9

MF

7  カーレンベルグ DEN 38/8(13位)/14(1位)/6.1(13位)

8  フォリオ ITA 27/0/1/5.6

10 アルベス BRA 4/0/0/5.6

14 タラダリ ITA 47/4/5(17位)/6.0

20 コスタ ITA 15/4/1/5.8

25 サヒン TUR 31/0/0/5.9

31 シュバインシュタイガー GER 32/3/6(12位)/6.0

FW

9  ラゾビッチ SCG 30/20(1位)/6(12位)/6.3(7位)

11 ショーリー ITA 32/5/5(17位)/5.6

18 ルーニー ENG 32/10(5位)/10(2位)/6.1(16位)

21 ソッレンティーノ ITA 5/0/1/5.6

80 ランダッチョ ITA 6/1/0/5.7

③総評

 勝点81、得失点差+37は優勝した昨シーズンを上回る成績を残したトレントCal。しかし、最終的にはACミランに勝点で並ばれ、得失点差で優勝を逃す結果となった。それだけに第36節のサンプドリア戦での黒星が悔やまれる。プライムカップの3連覇を逃し、一部サポーターから不満が噴出したが、ヨーロピアンリーグではベスト4に進出しており、一方では前向きな評価もできる。

 攻撃陣ではセルビア・モンテネグロ代表FW、ラゾビッチが二度目となるセリエA得点王を獲得。開幕戦で重傷を負い、前半戦を棒に振ったが、前年の得点王で今シーズンのアシスト王を獲得したデンマーク代表MFのカーレンベルグやイングランド代表FWでチームの大黒柱、ルーニーとのホットラインは健在。終わってみればヨーロッパ年間得点王も獲得し、ヨーロピアンリーグベスト4進出の立役者となった。また、バイエルンから加入したドイツ代表MFシュバインシュターガーも及第点の活躍を見せた。

④新シーズンメモ

・インテルからマルディーニの獲得が決定。

アルベスの放出が決定。ソッレンティーノらセリエB時代から在籍するベテラン勢にも放出の噂。

・出場機会を求め、スペインのセルタへの移籍が報じられたコスタであったが、結局残留。

Photo_38   開幕戦で重傷を負い、序盤戦を欠場したが20ゴールを挙げ、二度目の得点王を獲得したラゾビッチ。

 

 

Fk72  昨シーズンに続き、活躍が目立ったカーレンベルグ。昨シーズンに比べるとゴール数は減ったが、14アシストをマークし、アシスト王を獲得。デンマーク代表にも選出された。

 

 

18  代表召集が続いた中盤は欠場が続いたが、終盤戦チームを引っ張ったルーニー。 ラゾビッチに次ぐ10ゴール、カーレンベルグに次ぐ10アシストをマークした。

 

 

Photo_39  CBながら積極的な攻撃参加で4ゴールを挙げた元ドイツ代表のメルテザッカー。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

8年目5~6月

2006-11-25 | サカつくEU

 サカつくEUプレイ日記「ヨーロッパ頂上決戦編」。2013-2014シーズン、5~6月のトレントCalのダイジェストです。

5月

・ヨーロピアンリーグ決勝トーナメント第2試合チェルシー(AWAY) ルーニーをケガで欠き、0-2の惨敗。2試合トータル1-3でベスト4敗退。

・移籍金7億5千万円でユースから昇格したエメラウド(DF/BRA)をアスコリに放出。

・第36節vsサンプドリア(AWAY) ルーニーが復帰するも0-2の惨敗。勝点でACミランに並ばれ、得失点差で首位を明け渡す。ラゾビッチが削られ、全治2週間の軽傷を負う。

・第37節vsユベントス(HOME) ルーニーの2ゴールで2-0の完勝。

・第38節vsパルマ(AWAY) 3-0で圧勝するも、首位ミランも勝ち、セリエA連覇を逃す。

・セルタ(スペイン)から2億1千万円+トレード要員でコスタ獲得のオファー。12億1千万円で回答、交渉決裂。

・スタジアムに照明、電動式看板、オーロラビジョン設置。

・クラブハウスにウェイトトレーニングルームLv1設置。

・5月のセリエA成績は2勝1敗。2位でシーズンを終える。

ルーニーが月間得点王(3点)を獲得。月間ベストイレブンにも選出される。

6月

・シュバインシュタイガールーニーバイアタラダリが代表選出。

・ファンの集い開催、大成功。

ラゾビッチがセリエA年間得点王を獲得(20点)。年間ベストイレブンにも選出される。

ラゾビッチがヨーロッパ年間得点王を獲得(26点)。年間ベストイレブンにも選出される。

・R・コバチが引退。

Photo_36  ユベントス戦で2ゴールを挙げたルーニー(写真中央)。5月の月間得点王を獲得、月間ベストイレブンに選出されるほどの活躍を見せたが、チームをセリエA連覇に導くことはできなかった。

 

 

Photo_37  パルマ戦でゴールを挙げたCBのメルテザッカー。3-0で圧勝するも、昨シーズンの奇跡の逆転優勝を再現するには至らなかった。

 

 

9_7  二度目のセリエA年間得点王を獲得したセルビア・モンテネグロ代表のエースストライカー、ラゾビッチ(写真中央)。ヨーロピアンリーグベスト4にも貢献し、ヨーロッパ年間得点王も獲得した。

コメント (2)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

8年目4月

2006-11-25 | サカつくEU

 サカつくEUプレイ日記「ヨーロッパ頂上決戦編」。2013-2014シーズン、4月のトレントCalのダイジェストです。

4月

・第32節vsリヴォルノ(AWAY) 後半終了間際に途中出場のコスタが決め、2-1の逆転勝利。リーグ戦4連勝を飾る。

・ヨーロピアンリーグ決勝トーナメント準々決勝第2試合vsモナコ(AWAY) 3-0の圧勝。2試合トータル4-1で準決勝進出。

・第33節vsレッチェ(HOME) 1-0で接戦をものにし、リーグ戦5連勝。

・第35節vsACミラン(HOME) 2位ACミランとの直接対決、0-0のドロー。ルーニーが削られ、全治2週間の軽傷を負う。

・4月のセリエA成績は2勝2分で首位をキープ。

ベルガメッリラゾビッチが月間ベストイレブンに選出される。

20 リヴォルノ戦、後半終了間際に貴重な逆転ゴールを決め、チームメイトの祝福を受けるコスタ(写真中央)。

 

 

Photo_35  ホームでトレントCalにまさかの3失点を許し、呆然とするモナコのデイフェンス陣。勝ったトレントCalは初のヨーロピアンリーグ準決勝進出。オランダのグラーフ擁するイングランドの強豪、チェルシーと対戦する。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

8年目3月

2006-11-24 | サカつくEU

 サカつくEUプレイ日記「ヨーロッパ頂上決戦編」。2013-2014シーズン、3月のトレントCalのダイジェストです。

3月

・第28節vsASローマ(AWAY) 後半またもDF陣が崩壊。3-3のドロー。

・移籍金7千万円でアルベスをアルビーノレッフェへ放出。

・ヨーロピアンリーグ決勝トーナメント1回戦第1試合vsACミラン(HOME) 2-0で先勝。

・第30節vsFCトレント(HOME) 2-0でダービーマッチ通算10勝目を飾る。

・ヨーロピアンリーグ決勝トーナメント1回戦第2試合vsACミラン(AWAY) 一方的に攻められ、0-1で敗れるも、2試合トータル2-1で準々決勝進出決定。

・3月のセリエA成績は3勝1分で首位に返り咲く。

ラゾビッチが月間得点王(5点)と月間MVPを獲得。

ラゾビッチメルテザッカーが月間ベストイレブンに選出される。

Photo_34  今シーズン3度目の月間得点王と2度目の月間MVPを獲得したラゾビッチ。得点ランキングでもトップを走る。

 

 

El  ヨーロピアンリーグ1回戦第2試合、トレントCalのシュート数をゼロに抑える圧倒的なポゼッションで勝利したミランであったが、第1試合のアドバンテージを覆すまでには至らなかった。

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

サカつくEUのここがおもしろい

2006-11-20 | サカつくEU

 サカつくEUプレイ日記。本日は趣向を変えて、いまだやめられないサカつくEUのここがおもしろい&これはイケてないについて書いてみようと思います。

 ここがおもしろい。それはズバリ、ヨーロッパのサッカーシーンがリアルに再現されている!ですね。

①選手の移籍

 これまでのシリーズ通りスカウトがこちらの希望(年齢や国籍、ポジション等)にそった形で現役やユースの選手リストを作成→獲得が基本ではありますが、一番は欲しい選手がいるクラブとの交渉が可能となっていることでしょう。それこそウン十億円での取引が行われます。わがトレントCalルーニー(マンU)やカーレンベルグ(オーセール)、メルテザッカー(ハノーバー)やシュバインシュタイガー(バイエルン)も各クラブと交渉して獲得できました。もっともクラブのステータスが低い序盤は中々意中の選手は獲得できません。そんな序盤に役立つのがフリー移籍、いわゆる移籍金ゼロでの獲得です。毎年2月の時点で残り契約期間が1年しかない選手とクラブを介さず直接交渉ができ、移籍金ゼロで獲得できるというまんまボスマン判決なシステム。トレントCalラゾビッチ(レバークーゼン)やパスクァル(フィオレンティーナ)、S・ラモス(レアル・マドリー)を獲得しました。もっともこちらもステータスが低いと見向きもされないこともあります。が、クラウチ(リバプール)やポドルスキー(ケルン)ら結構有名どころが序盤で獲得可能になってます。

 もちろん獲得ができれば、放出も可能。いわゆるヨーロッパの弱小クラブや選手輸出国のクラブと同様、選手を移籍リストに掲載すれば、欲しいクラブが買ってくれます。序盤は初期所属選手やユース選手の放出が貴重な収入源になります。また、活躍が著しい選手は他のクラブから獲得の交渉がきます。もっとも獲得した二年目は結構なお値段で買い取ってくれますが、獲得した初年度はウン十億円はたいて獲得した選手でもウン千万円でしか売れないみたいなのでお話にならないのですけどね。もちろん選手の獲得は金銭だけでなくトレードも可能になってます。

②戦術やシステムが細かいところまでいじれる

 試合がリアルタイム制になった関係で戦術が細かいところまでいじれます。例えば攻撃は速攻重視かポゼッションを重視するか、中央突破をするかそれともサイドを起点に攻撃するかetc。システムもWCCFのように選手の位置をいじれます。例えば2トップもひとりはセカンドトップとしてサイドに開いたり、下がり目に配置したり。前作同様選手にプレイスタイルがあるので、それによって配置を考えるのもまたおもしろいです。トレントCalの2トップは現在ルーニー(プレイスタイルはアタッカー)を左サイドにちょっと開きぃーの中盤に下がりーのに配置→カウンターから中央に切れ込んだルーニーがDFラインの裏にスルーパス→裏に抜け出したラゾビッチ(プレイスタイルは飛び出し)が決めるというのがひとつの攻撃パターンになっています。

③ユニホームのデザインが毎シーズン変えられる

 シーズン序盤にスポンサーと契約するのがお約束ですが、その際サプライヤーとも契約が可能になっており、都度ユニホームのデザインが変更できます。サプライヤーは数社あり、契約したサプライヤーによって契約金やユニホームのデザインも変わります。サプライヤーと複数年契約を結んだ場合も、サプライヤー側が選んだユニホームに変更可能です。あんまり同じユニホームだとグッズ販売でユニホームが売れなくなるみたいです。逆にコロコロ変えすぎるのもあんまりよくないみたいですが。もっともグッズの収入は移籍金と比べるとたいした金額にはならないので実感ないんですけどね。もちろん選手の背番号は毎シーズン変えられますし、グッズ販売では選手モデルのユニホームの販売も可能です(カーレンベルグモデルやルーニーモデルは売れたんですけど、ラゾビッチモデルは在庫処分状態でした)。

 他にもあげればきりがないんですけど、逆にイケてないところは、、、

①ともかく試合時間が長い。1シーズン進めるのに軽く一日はかかります。

②試合終了間際に失点が多い。一体何度泣かされたことか、、、。

③連携がつながりにくい。せっかく大枚はたいて獲得した選手も連携が中々つながらず、移籍一年目は活躍しにくいですね。期待以上の活躍をルーニーメルテザッカーぐらいですか。

④代表選出による疲労がいたい。代表に選出された選手は疲労が溜まり、試合に出ても活躍しにくくなります。各国のクラブが怒るのがよ~くわかります。あんだけ疲れて帰ってくれば、そりゃ怒るわ。

 もうそろそろ再びJリーグを舞台にしたサカつく5の発売が予定されてますが、試合時間をお手軽にしたEU版の続編も出して欲しい今日この頃でした。

コメント (2)   トラックバック (4)
この記事をはてなブックマークに追加

8年目2月

2006-11-19 | サカつくEU

 サカつくEUプレイ日記「ヨーロッパ頂上決戦編」。2013-2014シーズン、2月のトレントCalのダイジェストです。

2月

バイアがスランプ脱出。

・第23節vsキエーボ・ヴェローナ(AWAY) 0-0のドロー。

・インテルから移籍金25億2千万円+サムソン吉田マルディーニ(DF/ITA)を獲得。

・第24節vsウディネーゼ(AWAY) 1-1のドロー。

・第25節vsブレシア(HOME) 終了間際DF陣が崩壊。2-2のドロー。

・2月のセリエA成績は2勝3分で2位に後退。

7_4  ピッチを後にするカーレンベルグ(写真中央)。勝ちきれない試合が続き、チームも首位を明け渡した。

コメント (2)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

2006-2007 カー・オブ・ザ・イヤー

2006-11-18 | 

 今年も日本カー・オブ・ザ・イヤーの季節がやってきました。といっても毎年注目している訳ではないんですけどね。たまたまネットで見かけたので個人的に選んでみようと思います。

 まずは「インポート・カー・オブ・ザ・イヤー」(一度は乗りたいオシャレなクルマ大賞)。現実的なところではプジョー1007ルノー・ルーテシアといったところですが、一度は乗りたいとなるとアウディTTクーペアストンマーチンV8ヴァンテージBMW・Z4フォード・マスタングプジョー・クーペ407ベントレー・コンチネンタルGTCロータス・ヨーロッパSといったところでしょうか。う~ん。ここはフォード・マスタングですかね。アメ車はそんない好きではないんですが、これはレトロな感じがかっこいいです。

 続いて「スポーツカー・オブ・ザ・イヤー」(恋人と乗りたいクルマ大賞)。って、ノミネートされているのはほぼ輸入車。国産車は唯一光岡オロチがエントリーされてますが、デートって感じじゃないですね、、、。う~ん。アストンマーチンV8ヴァンテージも捨てがたいんですが、ここは「インポート~」でもフォード・マスタングとどっちにしようか迷ったロータス・ヨーロッパS。もっともデートするなら壊れそうにないドイツ車の方が安心なんですけどね。

 お次は「Kカー・オブ・ザ・イヤー」。ここはダイハツ・ソニカ。値段もお手頃な気がします。

 で、「RVカー・オブ・ザ・イヤー」。正直あんまり興味がないジャンルなんですが(苦笑)、スズキ・SX4

 「ECOカー・オブ・ザイヤー」。う~ん、一体どれが一番燃費がいいんだろう?ここは一番コストパフォーマンスが高そうなダイハツ・エッセで。

 「セダン・オブ・ザ・イヤー」。自分で運転するとなるとトヨタ・ベルタ。後は運転してもらう車でしょう。

 で、栄えある僕の「カー・オブ・ザ・イヤー」ですが、フォード・マスタングロータス・ヨーロッパSはバックがちょっとイマイチなんで。

 全体的にはイギリス車がいいですね。ドイツ車は相変わらず手堅いといったところでしょうか。イタリア車、特にアルファ・ロメオは年々カッコ悪くなってる気がします。

コメント   トラックバック (5)
この記事をはてなブックマークに追加

8年目1月

2006-11-18 | サカつくEU

 サカつくEUプレイ日記「ヨーロッパ頂上決戦編」。2013-2014シーズン、1月のトレントCalのダイジェストです。

1月

S・ラモスを移籍金5億9千万円でユベントスに放出。

・ユースからソラーノ(MF/PER)が昇格。

・指定レンタル移籍でジャンニゲッタをバーミンガム(イングランド)に放出。

・第19節vsユベントス(AWAY) 終了間際にCKから追いつかれ、1-1のドロー。

バイアがスランプになる。

・指定レンタル移籍でソラーノをフラメンゴ(ブラジル)に放出。

・第22節vsパレルモ(HOME) タラダリの2ゴールなど3-1で下す。

・1月のセリエA成績は4勝1分で首位をキープ。

ラゾビッチが月間得点王を獲得(5点)。月間ベストイレブンにも選出される。

9_6  ケガで出遅れたが、ゴール量産体制に入ったセルビア・モンテネグロ代表のストライカー。ラゾビッチ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加