まだ終わらんよ!

クワヒロ・バラーナのブログ

ラスト・シャドウ・パペッツの月世界の白昼夢

2017-05-14 | 音楽
ジギー・スターダスト
ワーナーミュージック・ジャパン
ワーナーミュージック・ジャパン

 デヴィッド・ボウイのカバーと言えば、布袋寅泰の♪Starmanが思い浮かぶのですが、最近聴いたラスト・シャドウ・パペッツの♪Moonage Daydreamが凄く良いと思いました。

 ハウステイストの布袋寅泰の♪Starmanに対し、ラスト・シャドウ・パペッツの♪Moonage Daydreamはオリジナルの「ZIGGY STARDUST」に忠実にストリングスを従え、ラストのマイルズ・ケインのギターは当時のパフォーマンスの集大成となる「THE MOTION PICTURE」のミック・ロンソンを彷彿とさせる直球ド真ん中。

 この直球に、変幻自在でシャープなボウイの歌唱とは対照的なクネクネしているけど良い意味で一本調子に歌い上げるアレックス・ターナーの歌唱が絶妙にマッチングしていると思います。

 もちろんオリジナルがあってこそであり、改めて楽曲と当時ボウイ及びスパイダース・フロム・マースのパフォーマンスは素晴らしかったと思います。

Ziggy Stardust: Motion Picture
Rykodisc
Rykodisc

 という訳で、ラスト・シャドウ・パペッツの♪Moonage Daydreamを聴いては、「THE MOTION PICTURE」もしくは「ZIGGY STARDUST」の♪Moonage Daydreamも聴き直しています。

『ライブ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« チェルシーOBのランパード... | トップ | 今夏レアル退団が既定路線の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

音楽」カテゴリの最新記事