≪整心療法研究所≫自己治癒力により心身が整っていく

自己治癒力により心身が整っていく。量子力学・宇宙物理学・脳科学の観点から精神を捉えた新しい科学に基づいた療法。

60)父の機能とは?

2011年09月06日 | 育児・子育て
子どもにとっての父の機能、役割とは何か?
 
父は法、秩序、規則や物事の道理や掟を代表する存在であり
家族との関わりの中でそれを語り、皆を納得させられること
 
休日に家族サービスをするだけが父の役割ではない
何よりも語れること
自分なりの一貫した考えや生き方を語れること
「どうして?」
との問いかけに答えられること
その答えの正誤は二の次
「ふーん、お父さんはそう思っているんだ、考えているんだ」
と、言葉で伝えられることが要求される
子どもは遊びや日々の生活の中での語らいを通して父を知る
 
父は母と比べて、一般的に子どもとの接触の機会は少ない
ゆえに、「どんなお父さん?」
との問いになかなか答えられない子どもが多いようだ
「いつも居ない」
「休みの日は家でゴロゴロしてるかテレビかPCの前にいる」
「小さい頃はいつも遊んでくれた」
「存在感が薄い」
「たまに顔を合わせたら、勉強してるか?と言うくらい」
などなど・・・・・
「忙しいから、家の中のことは妻に任せている」とか
「休みの日は料理や買い物、子どもと遊ぶ」というパパもいる
 
しかし、どちらにしても
父の生き様や哲学など感じたと言う人は、どうも少ない気がする
父は一家の大黒柱だというのは死語ではない
金銭的な意味合いだけではなく、一家の基軸の機能を担う役目を求められる
 
父が家庭の中に社会性を持ち込む役割を担い
母はその父を認め、自らも従い、子どもにもそれを伝える
つまり父の言語に従うこと
このことが子どもが社会にスムーズに参入する基盤の一つとなる
 
その前提として「夫婦間の信頼と敬愛」が必要となるのは言うまでもない
父が家族の中で巧く機能するためには
母が賢明であることが必須となる
なぜなら
子どもはまずは父よりも母が一番好きなはずだから
その母が敬愛するのだからと父を敬愛する
 
父は主導権と自律性を持って語れる父であること
そして、母は賢明であること
 
日本中の父に、声を大にして言いたい!
 
シニフィアン研究所のHPはこちら  http://signifiant-lab.com/
『育児』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 承認と賞賛はなぜ必要か? | トップ | 人は意味で生きている  »

コメントを投稿

育児・子育て」カテゴリの最新記事