心の赴くままに…

夫婦二人でのんびり、気楽に~

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

悲しいかな…

2014-04-30 22:36:38 | 日記
今日も一日

17時半、兄から
「ちょっとおかしい」
「体調が悪いの
「そうじゃない
「頭がボケてんの
「ちょっと異常や来てみて」
と言う事ですぐに家を出た。
夕飯の支度にとりかかろうとしたとき、そのままで…

行ってみると母は炬燵に寝っ転がり、義姉が枕元に正座して兄は立ったまま。
成り行きで私も立ったまま…

聞き捨てならないことを母が言ったと前も言っていたけど…
聴いてもいない噂話を頭の中で作り上げ、義姉を攻撃したそうで兄のご機嫌が悪い

よく遣ってくれる義姉なのに何かと母は気に入らない。
それが年を取るとともに、ボケが進むにつれ増幅してありもしない妄想で頭の中が一杯になっている。
「それが認知症なんだから」と言っても二人で
兄「誰がそんなうわさを流した言ってみ
母「みんなが言っている」
義姉「私はこんな格好でいつも家に居てこの家の事を遣っている。そんな暇はないです。」

義姉が男を作ってお金をもらっているとか何とか
ありえないことを…
いくら自分の意に沿わない嫁でも、兄と仲良く遣っていればいいのに。
やっかみか

私が行ったことで助けが来たと思ったのか
「○○(私)の所へ行く
その後も繰り返し
母「あの時、あんたさえもっとしっかりしていたらあんな噂もたてられなかったのに…」と義姉に向かって。
私「どこでそんな話を聴いてきたのね。そんなことがあるはずないじゃない
と言ったので思惑が違ってきたと思ったのか
母「もう出ていく
何度か同じやり取りして
兄が今日は気分が悪くてもう顔を見るのも嫌だと言う事で一晩お泊り。
「さぁ、うちに行くよ」
と言うと靴も履かずに飛び出した。
追いかけて「ほら、靴を履かないと」
兄が持ってきた靴を履かせて

義姉も穏やかならぬ気持ちを少しでも回復できると良いけど…
家に着くまで母は何もしゃべらず。
車に乗せるまで、霧雨だったけど濡れたら寒くて着くまでガタガタ震えた

家に入ると夫に向かって
「誰かと思ったらあんたね
夫は母のお気に入り
うちに来て誰かと思ったらも無いとは思うけど、実家にいた時の事はすっかり忘れたか…
私も何も言わないし夫も何も言わない。

亡義父も私にお金を使いこんだとか言いがかりをつけたけど
日記を見せて「お父さんから頼まれてこの日に下したお金でしょう」
その数分後、「何ですぐ言わなかった。それもおかしい」と家にわざわざ言いに来た
日記の記載場所を探す時間ぐらい返事が遅くなっても良いじゃないと思いながらも疑われたことが悔しくて
夫に言ったら義父を叱ってくれ、義父の妹さんも謝りに来てくれた。
もう何年も前の事だけど、あの時の事は心の中にいつまでも残って消す事が出来ない。

きっと義姉も嫌な思いをしている。
母が寝てからに掛かってきたとき
私「ごめんなさいね~よく我慢してくれてるね。着いた時には忘れたのかケッロッとしてたよ。」
義姉「あ~涙が出そう。明日11時頃迎えに行きますから…」

私だったら何もかも捨てて出てるかも…
義姉には本当に感謝
コメント

いつものように~

2014-04-29 23:28:09 | 日記・読書

ど~~~んより

パッチワークの裁断をしていたら一部向きを間違えた
取り直そうと思ったら布地が足りないかも~
向きを変えて試しに置いてみたら(全体の向きを右回りを左回りに替えるとか…)
何とかなりそう。
裁断し直す前で良かった


今日読み終わった  
松尾由美著 『銀杏坂』
ちょっぴりファンタジックな感じかな~
ある北陸の地方都市が舞台なんだけど…
会話の部分を方言で書いているので読み難い。
難解な方言は時間を取る
簡単な読み物として借りて来たのに方言に悩まされた。


ネムイ  久しぶりに早めに
コメント (2)

納豆

2014-04-28 23:28:44 | 日記
一日中霧雨だったり、パラパラ降ったり…
 

病院へ行って、買い物を済ませて帰った後はひきこもり。
先日納豆の検索をしていた。
『遺伝子組み換えでない大豆使用』はよく観て買っていた。
今はできるだけ大豆の生産地(生産国)の記載も促しているそうで…

いつも夫が「柔らかくて美味しい。これを買ってきて」
と、ご指名の小粒納豆がある。
無くて他の物を買うと「あれの方が良い」と言っていた納豆
大豆生産地が中国だった
中国からの野菜の輸入はとても多い。
いつもは産地を確かめて買うし、地産地消で生産者が分かっているものを買うようにしている。

それなのにまさか納豆が~
夫に言うと「」。
まだ残っていたけど今日は違うメーカーの物を買ってきた
「こちらを食べてみる
すかさず「うん
一日1回は食べる納豆。

先日テレビで見ていたら怖いと思った。
野菜に使った農薬などが、薬品を入れた水に暫く浸けておくとどんどん出てくる
信用できない中国。
農薬は使っていないと言いながら売っている野菜を買って、薬品に浸けたのに~
自給自足は無理なので、もっとしっかり表示は観て買わないといけないな~
コメント (4)

恒例

2014-04-27 22:14:57 | 日記
夜になって少し

9時過ぎ、去年は行かなかったけれどこのところ毎年出かける「串木野まぐろフェスティバル」へ


風があって、大漁旗がはためく中、家族連れで賑わっていた。
出店もたくさん出て、試食もあって…
お魚を焼いたのや、マグロが入った一口コロッケ、つけ揚げ、イカ焼き、鶏・小エビの唐揚げ…
ケーキの試食、ほんの少しだけどおいしかった~
どれも小さな切れなのにあれこれ手を出すとお腹に貯まる



舞台では歌謡ショーやちびっ子たちのダンスや諸々

目的のマグロのお刺身ブロックを2パックと魚卵を1パック。
洗ってきれいに拭いて冷蔵庫へ。
夕方、まだ少し凍った状態でカット。
赤い身がとても綺麗で美味しかった。
魚卵は茹でて生臭みを取ってお出しで煮て、さっと茹でた絹サヤと
大きなマグロなのに魚卵1粒は粟粒ほども無い。
木綿針で突いたぐらいの大きさ

出店定番のしんこ団子を夫が、私はたこ焼き
「お腹すかないよね~」と言いながら車の中でパクパク。
こんな場所で何か買う時はいつも協賛のつもりで購入する。
楽しませて頂いたお礼かな

その後、もう少し南に下って『焼酎蔵薩洲田屋伝兵衛』へ~


 
ここでも『五つ太鼓』や何故かフラダンスの芸能が…
太鼓の音はいつ聴いても良い


ここでは『蔵祭り』。
酒造蔵を見学できるようになっている。
米焼酎になる前のもろみの発酵途中を甕から掬って見せて頂いた。
麹の良い香り



『まぐろフェスティバル』と『蔵祭り』は同じ、いちき串木野市内で距離もさほど離れていない。
『まぐろフェスティバル』の方が規模が大きく集客量が多い。
他にも催しはあったけどマグロに集まったのかも~
コメント (2)

風に舞う

2014-04-26 23:31:05 | 日記

今日も良いお天気
剥いで残しておいた夫の敷き毛布を洗濯。
これで冬物の大きな洗濯物は終わりった。

昨日、干した炬燵布団の上にゴミがしていると思ったら空から枯葉や花柄。
一番多いのが楓の花が枯れたもの…
上の段の果樹を植えているところ十数本楓を植えている。
それが風に舞ってひらひら

泥汚れじゃないから良いけど~
乾いた物は別宅の押し入れに片づけた

暖かかったので、朝から夕方までずっと窓を開けていた。
部屋中、ゴミがしたかもしれない。
自分の部屋は夜コロコロした。
手芸する時、裁断したら織り糸が散らかったから


コンビニにサンタの格好をした強盗が入ったって
しかも自分で「強盗だ。判るだろう
サンタさんは特に強盗をしてはいけないでしょう
良いもの送り物をしてくれなくっちゃ
コメント (8)