愛の種

 
 猫がいる限り アセンションが止まらない
  

あんな台風で、こんな被害、ありえないな

2019-10-18 11:46:41 | 日記


わざと、夜中にダムの水を放水したのではないか。

ダムの水を事前に満タンにしていたから。


ダムを建設するときの、理由は、台風など、大雨が、予想されるとき、たくさん水を蓄えて、川の氾濫を抑える役目がある!と、いっていたではないか。

決壊させないためにダムをつくらせておいてからに、なぜ?

ボランティアを、庶民にさせておいて、少ない報酬で、稼がせて、人の誠意を、悪用していることを気に留めたい。

私が子供の頃、台風を、何度か経験した。今回の19号の台風より、確実におおきかった。雨も風もあんなもんでなかった。でも川の決壊とか、これほどでなかったよ。

感覚だけの話でもうしわけない。

感覚だけで、いま、書き込んでるが、ずっと、引っかかるマスコミの様子。

この、引っかかる理由は、きっと、上の画像の理由なきがするのだ。感である。

感であるから、なんも、いま、証拠を、出せない。

たんに、私の感覚ですが、ハウスメーカーや、土建関係の株価は、一気に上がり喜ぶ企業がたくさんある。

裏社会は、まじで、まだまだ、腐ってるのだから。ヘドが出るぞ。

この私の怒りを、どこに向けよう。

怒りを持ちたくない私にまた、怒りを覚えさせるこの台風。

腹の虫が


まだしばらくは

治らない

感情を昇華しても現実は変わるのだろうか

コメント

経験は宝、にすべく生きる。

2019-10-17 21:49:50 | 日記
わたしはたとえば、子供のころは、いじめられた。結婚したら。夫に暴力うけていた。子供も実の父親に手を出された。それを、見てるしかない私だった。そんなこんな、わたしの傷も、所詮、ゴミなのだ。我、なのだ。生まれてきて、おとなになり、たくさん学んできた身を守るすべや、常識のあれこれ。たくさん、学び、経験したら、こんどはね、それを、剥がす処理が始まる。剥がす作業に至るまで。人生の山を登るのだ。降り始めは、自分の我を、剥がしていく作業。剥がし始めたら、見えてくるものがちがってくる。光も差し込み始める。たくさん。苦しんできた自分を癒してあげてほしい。
人はそれぞれに苦しむ材料はあったことだろう。生きることが、これが、すごい仕事なんだもの。生きてるだけで仕事だから。頑張って耐えてきた自分、自分に感謝だ。よく生きてがんばってきたもんだ。と。自分を、自分で、褒める私

小学生のころだ。あのころ、わたしは悟っていたんだな笑笑

大人になるなつれて、心にゴミがたくさんつく。ゴミをたくさんつくって、果たして。大人になる意味が、果たしてあるのか?

とね

大人を眺めて思っていた。

汚れていく自分でよいのだろうか。まだ、いまなら。まだ、清いうちに。死んだ方が、よいのではなかろうか。

橋のうえから、川を眺めては、死ぬべきか、死なないべきか、なやむわー

なあんて、考えてた

聖人君主的な思想を、理想としていた。
清い人が、理想だとばかり、思っていた。

経験してきた、人をたくさん尊敬する今の私。みんな、頑張ってる

頑張ってる人を今は応援したい
コメント

藤井厳喜(ダイレクト出版)社さんのメールを紹介

2019-10-17 12:21:13 | 気になる記事
 この事実、私の長女が中学のころ、情報を得て、私に教えてくれました。鎖国はあってしかるべきだった。ということ。

 なのに、学校では鎖国の歴史を先生はあざ笑うかのように子供たちに教えていますね。私もそれを信じてしまっていました。
 これからは宗教は、あってもいいけれど、宗教と宗教がケンカしない世の中になりましょう。そんな期待をこめて、藤井さんの主張をご紹介します。
 
 
以下は藤井厳喜藤井厳喜(ダイレクト出版)社さんのメールです。

  ★宣教師は奴隷商人??キリスト教の真実

世界人口の約25%と
世界最大の信者人口を誇る
キリスト教


これだけの勢力を誇れたワケは
「布教の方法」にありました。


大航海時代にローマ法王が
宣教師たちに言ったのです。


「キリストの名の下に戦争を含む
 いかなる方法での布教も許されている」


と...


暴力を、手段を厭わない
世界への"布教"という名の"侵略"が
始まりました...


強奪・破壊
訪れた地を次々征服し、
植民地化していきます。


そして次に目をつけたのが
「奴隷貿易」でした...


人を人とも扱わず、


本国への"輸送"中には
理不尽に殴る、蹴る。
女性は欲望のはけ口に強姦されました。


そして本国に着くと
高値で売り飛ばして行きました。
これは当時の人間オークションの様子です..




しかし驚くべきことに
奴隷には黒人だけではなく、


"日本人も含まれていたのです。"
それもかなりの数が..


特に日本人女性は人気が高く
かなり高値で取引されていたようです。


これに怒ったのが
あの戦国武将「豊臣 秀吉」でした。


教科書では、


キリスト教信仰を禁止したと言われる
バテレンは奴隷商売など好き勝手する
宣教師の活動を制限したもの。


また、もうろくしたために
起こしたとされる朝鮮出兵は
日本を西洋からの脅威から守るために
必要な戦いだったのです。


実際に、秀吉が奴隷売買について
宣教師を問い詰めていたやりとりや


西洋の日本占領という目的について
知った上で関係を気づいていたことも
史料として残っています。


もし秀吉が
西洋の動きに気づいていなかったら?


今の日本はないかもしれません...


にも関わらず、
秀吉が「西洋から国を守ったこと」など
全く教科書には出てきません。


一体なぜなのでしょうか?
教科書にない真実を知ることで
新しい視点が開けるかもしれません...
>>>詳しくはこちら





コメント

小豆のおねだり

2019-10-16 22:38:04 | 猫の生活


あずきは、甘えん坊です

だっこをせがみます

娘が、小豆の目の前で、枝豆をかわいがってると、小豆は、ガチギレして、娘を襲う。一応小豆も手加減しつつも、噛んで襲ってしまう。

ワガママなんだけど、感情が豊かで、実に愛おしい
コメント

奇跡の三匹写真

2019-10-16 22:23:54 | 猫の生活


奇跡の三ショット!!

仲の悪い子たちでも、美味しいものには、目がなかった

喧嘩しないで、それぞれに猫缶をたべてくれました。

バット

枝豆だけは、がっつかないで、スルーされますけれど。
鼻が多分きかないのかな。匂いをかいでるけれど、多分あまりわかってないみたい

クウさんは、沢山たべてくれてて私が満足した次第

コメント

天使よさようなら

2019-10-16 22:17:01 | 日記


職場のデスクに飾っていた天使がーーー

疲れちゃったんだな
きっと、いや、絶対に私のために頑張ってくれてたんだろうなあー

今までありがとう
コメント

大迫の早池峰神社へ

2019-10-13 22:33:00 | 旅行









神社の境内付近で太陽のエネルギーを、体にいれたらば、
光のオーブが、みえましたのです。

そして、夫が、太陽のエネルギーを、集めた???ら、

緑の十字のマーク??

なんの意味かは夫にも





帰るときも、光の線が。セロテープの、半分くらいの幅で、長さ5センチくらいの、光の線がみえるわけです。
わたしが、オーブらしいのを肉眼でみれるのは、珍しいのです。なので、帰りはルンルンでありました。ちょーきれいでね。虹色の細い線がしばらくみえてました。

ここに、たどり着くまで、夫と、口論していたのにね笑

なんで口論したかは。次回にでも。

瀬織津姫を祀る神社の右側に回ると、なんとなんと!

白龍を祀る場所がありました!
白龍ですよ!瀬織津姫の眷属あるいはニギハヤヒの尊の可能性も無きにしも非ず

 新発見です、とっても感謝です。




コメント

白とであった夢の場所 みっけ

2019-10-04 14:20:30 | 

白の夢を見た時の場所を、発見しましたよ
アマラ京子さんのフェイスブックに上げていた写真を、無断で拝借してしまっています(ごめんなさい^^;)
うちの旦那さんの仕事場風景です。
岩手県花巻市の大迫 太陽舎 シャーマン アマラ京子さんの掲載していた自宅(太陽舎)の内装工事中の写真。天井にハリがめぐっていますね。たぶんこれだわ・・・・。

白ったら、うちの旦那さんと一緒に旦那の仕事場にいっていたのだなああ。うちの旦那さんによくなついていたもんね。

大迫の太陽舎は、京子さんとニキ夫妻が、早池峰の瀬織津姫に呼ばれて、横浜からはるばるきた場所です。大地とつながり天とつながる京子さんは、どんどん大きく、偉大になっているような凄い人なのに、会うと普通に接してくれる優しいフレンドリーな女性です。よきパートナーにであったから更に光りだしたのでしょうね。
コメント

私の決意 いまのところ(笑)

2019-10-04 13:37:44 | 日記
今日も仕事にでています。
職場でのこと。

朝、ふと窓の外を見たら、5センチほどの小さい白い羽が横に流れて行ったのです。「あ!天使の羽だあああ」って思ってね、勝手にね。(ご近所で鳩を飼っていて時々、空中散歩しているような場所なのですけどね)でも、♡があったかくなるのはいいよね。きょうも殺伐とした職場で辛抱している私ですが、決意しました。ここ、辞める。

決意させてくれた天使の羽、ありがとう。

抗ってばかりの人生だったな
頑張って頑張って苦しんだ人生だったな
もう半世紀をすぎたよ
もう、やめようよ、私
たまには自分に甘くなれ
自分にやさしくなって、自分をいたわって、いやなことからは逃げたらいい
対抗していたらお互い血が流れる

流血さわぎはごめんだし

だれも

だれも悪くない

自分が合わないだけさ
それをわからせてくれただけさ
コメント

私のネット先生 カゴメさん

2019-10-03 20:35:48 | 不思議体験
 
今から5年くらいも前の事

自分が真昼間、私の頭のすぐ上を、ジャンボジェット機が飛んで、そして、すぐにぱっと消えてしまうことがあった。なので、カゴメさんにきいたら、それはプラズマによる生命体が私の波動に合わせて映像を見せたもので、それはシリウス・・・

等等、教えられた。なので、私の出生星はきっと、シリウスだろう。そう思っていた。そうこうしているうちに、うちの今のヤコブ夫と知り合い、付き合うようになりまして。この人もきっとシリウス関係だろう。と、思っていた。だって時々不思議な光を見ていた人だったからね。そして数年後麻の先生である、中山さんと会い、私とヤコブ夫の出生星を聞いたら、ドンピシャ。
バリバリのシリウスだと言われたわけでして。
なので、不思議な動画をカゴメさんが撮影していたから、私も真似をしてみたわけですね。

星をアップすると、顔?が写っていたりと、結構楽しいわけです。

カゴメさんのお宅をいつか訪問したいのですが、ヤコブ夫をどう説き伏せようかと、悩んでますわ。
でもね、出会った頃は絶対に否定されていたはずの、カゴメさんの動画を、さっき見せたのよ、ヤコブ夫に。

そうしたらね、カゴメさんの動画にでてくる富士山の絵柄。をヤコブ夫がみて、「なんだ、俺のシャツと同じじゃん」といって、自分のTシャツの柄を刺して私に見せた。富士山と桜まで一緒だよ(笑)

これは・・・・
だんだんと私の思考が現実化してくれそうだぞううう

こうご期待💛


周波数が変化するらしいので、


コメント

市姫・・・

2019-10-03 12:39:04 | 
(写真は一関のまこも畑:やまんばプロジェクトより)
抜粋記事

 神大市姫 は 海部氏 系図 では 倭迹迹日 百襲姫(後 の 卑弥呼)と 同一人物 と されている。 この時代は BC 15年 頃、倭迹迹日百襲姫はAD 200年頃 の 人物 であり、 200年 ほど ずれている。 

 このなかに、海部氏系図とある。

 海部・・・私が今借りている家の元の所有者の姓も海部である。
 
 ・・・・「お前はいちひめなんじゃよ!」

あの日みた夢にでてきたおばあさんは、いったい誰

覚醒できない、未熟な私だが、それでも天が動く
動いてくれる時がある

肉体は地球から頂いたものだと知った
大事に使わせてもらっている

自分のものではないんだと知ったから、余計に尊い

魂は天が与えてくれたと知った
魂は光が大好きだと知った




そんな魂を大事にしたい

小学生時分、なんで大人にならないといけないのかが、わからなかった
毎日修行、毎日魂の修行のために生きている
なのに、なのに

大人になるにつれて心が汚れてしまうのだ
わざわざ汚れるために、なんで大人になる必要があるのだろう

綺麗な魂のまま、

このまま死んだ方が

汚れる前に死んだ方がいいのではなかろうか

そう思って大きな川の高い橋の上から

激流の水の流れを眺めたもんだ

当時30代の母親のしわを眺めては、よくこんなに長く生きてこれたもんだな
30年以上も生きて、飽きないのだろうか

生きることに飽きないでいられるってなんなんだろう

・・・・そんなことを考えながら暮らした小学生時分

今・・・・私はまさかの50歳を過ぎた人間 

奇異な目で30代の母親を見ていた私が、この私がもう50歳を超えたのだ

天と地に支えられた人生だったなあ

これからは天と地に恩返しがしたいなあ
コメント

平成28年11月24日 白の命日

2019-10-01 17:12:20 | 

箱に入っている仲良し兄妹

白と小豆であります。

白は平成28年に他界してしまった、とってもやさしい兄猫でした。
先月の秋彼岸中の21日は、白もねむっているお墓詣りをしたのであります。
それから一週間もしたころかしら。朝方眠っていたら、はっきりとした映像で
白が現れたのです。
梁がむき出しになっている天井の、梁の上に白と小豆がいたの。
私は、 
  あ、白だ!しばらく、なでなでしていない気がするなあ。
私「白、!おいで、おいで!白っ」と、呼んだらすぐに私のところに来た。
ああ、ひさしぶりだなあ、白・・・・


しろ~~~~!・・・あれ、


あれあれ?・・・


夢かあ・・・


興奮しすぎて夢からすぐに覚めてしまったじゃあないのっプンプン


ああ、でも、超超超、うれしい再会でした♡


いつも見守ってくれてるでしょう?白
感謝してるよ

コメント

こちら、去年開催されたやまんばプロジェクトのやまんばサミットのチラシ

2019-10-01 17:08:26 | 私の一押しコーナー



先だって、やまんばプロジェクトの会議に、実は部外者なのに参加させて?(見学のつもりで)もらいましたが、ついつい、・・・・・
今回もでしゃばったかなあ、と猛省しつつも、私も少しお手伝いすることになりました。
志高い、リーダー西島富士子さんと、心を同じくして集まった志高いメンバーに触発されてしまいました。
地球の為に、人類の為に、そう、少しでも為になることから、始めるって大事だね。スタートをきってくれた富士子さん、本当に凄い人です。
岩手の一関が、今、断然熱い!
コメント

2019/09/17

2019-09-17 16:54:00 | 猫の生活





どーですか
どーですかっ☺️

アヒルになった小豆は、抱っこされて、満足

可愛い❤️💕と、褒められて、満足満足

小豆の心は、褒められて当然〜

な、ようです。
コメント

うちのクウさん

2019-09-17 12:34:00 | 猫の生活


こちら、私につれないクウさん、12才

先だって、子猫を保護して、里親に出すまで、2ヶ月、家出をしていた、うちのクウさん

やっと、最近、毎朝四時頃に、ごはーん、ごはーん、と、言ってうちの旦那さんを起こして、ご馳走を食べている

クウはドライフードでない、柔らかいものを食べさせている。年寄りになってきてしまってるから。

クウは全部は食べないで、半分もたべたら、さっと、いなくなる。

すると、クウののこりを、小豆が食べる。

クウは小豆の分を必ず残す賢い子だ。

クウのお陰で、私の長女が、今度、結婚するんだよ。嫁にいくよ。

クウ、お陰様。うちの娘の命、繋いでくれたね。元気をくれたね。サポートお疲れさんでした。

あとは、気長に長生きしようよ。クウも幸せにならないとね。外にばっかりいってないで、わたしにもなついてくれー

コメント