WALKER’S 

歩く男の日日

5月18日 9:26 境目トンネル 855m

2009-07-27 | 09年伊予の旅
 トンネルを通るのもこれが最後。歩道はある。
コメント

5月18日 9:21 簡易宿

2009-07-27 | 09年伊予の旅
 トンネルの手前に簡易宿があった。一応「素泊まりバスいしかわ」という名がついている。素泊まり2500円(2人相部屋の場合2000円、3人相部屋の場合1500円)、シャワーは300円。この先の人気宿、民宿岡田が満室の時には重宝するかもしれない。
コメント

5月18日 9:15 曼陀峠道

2009-07-27 | 09年伊予の旅
 ここを左に入ると曼陀峠に至る。この道を行く人は少ないけれど、トンネルができる前はすべてのお遍路がこの道を歩いた。ぼくは2度歩いたけれど、今年は撮影があるし、郵便局にも用事があるのでトンネルを通ることにする。
コメント

5月18日 8:44 国道192号

2009-07-27 | 09年伊予の旅
 国道に合流する。この国道は池田から先は吉野川沿いを徳島の中心部まで続いている。緩やかな登りになっているけれど、歩き始めてすぐいつもの調子でないことを認識する。このときには全然その理由は判らなかったけれど、帰ってから岩屋寺の時と同じであることを思い出した。午前中の早いときに休憩でパンを食べた。食べたときにしっくりこなかった。力が沸いてくるどころか、その逆の感じがした。たぶん消化の方にエネルギーが使われたのではないかと思われる。パンが米より消化が悪いのは周知の事実。
コメント

5月18日 8:11 別格14番椿堂常福寺

2009-07-27 | 09年伊予の旅
 三角寺から6kmを64分、例年より2分遅れで到着した。調子はとくに問題はなかった、ここまでは。30分休んでパンを一つ食べる、水の補給はトイレでできたかもしれないけれど、まだ500ccくらい残っていたのでしなかった。でもこの休み方すべてが間違っていたことをあとで思い知ることになる。
コメント

5月18日 7:47 ゆらぎ休憩所

2009-07-26 | 09年伊予の旅
 四元さんはここから雲辺寺山を見上げて腰を抜かしそうになった。1回目の時はここで休んだけれど、2回目からは椿堂まで休まなくなった。三角寺から椿堂まで6kmしかない。
コメント

5月18日 7:44 雲辺寺山

2009-07-26 | 09年伊予の旅
 三角寺を出て38分、遙か行く手に雲辺寺山がその威容を現した。いつものことながら、4時間後にあの頂に立っている、そういう実感は全くない。不思議という感じしかない。
コメント

5月18日 6:49 65番 三角寺

2009-07-26 | 09年伊予の旅
 宿から5.8kmを68分、例年より2分遅れで到着した。静かな境内、でも車遍路の人がすでに何人か見える。いつもこれくらいの時間だけど一人っきりだったことは一度もない。
コメント

5月18日 6:22 伊予三島

2009-07-26 | 09年伊予の旅
 45分でこんなところまで登ってきた。伊予三島をあとにする、間もなく伊予の国もあとにすることになる。
コメント

5月18日 6:15 分岐点

2009-07-26 | 09年伊予の旅
 伊予三島から三角寺までで、ここが大きな分かれ道。地図ではここを右折する道に赤線はないし、遍路シールも自動車のみが右折のようになっているけれど、歩きの人のほとんどが右折するし、それが一番の近道(自動車道を短絡する道がある)になる。昔の白黒地図にはこちらにだけ赤線が引いてあった。ここを直進する赤点線の道は旧いへんろ道だけれど、右折するより10分前後余計にかかる。ぼくは一度歩いたけれど、後半はかなり険しくなるし時間もかかるので、以後はずっとここを右折することにしている。
コメント