くる屋堂

読み本、紹介。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

陰陽師 鳳凰ノ巻

2009-02-21 18:35:30 | Weblog
























































































































陰陽師 鳳凰ノ巻夢枕獏著 青鬼の背に乗りたる男の譚より



何年か前にみまかった祖母は「安珍清姫」で有名な、清姫の血を引くそうで(ほんまかいな)
だからかどうか分からんが、女が祟って仇なす譚が大好き。

ご都合主義的なサイキックバトルになりそうな題材を、理で詰める夢枕氏、ステキです。
青鬼の背に乗りたる男が、どうなるか…。
なんともいえない涙が出るお話です。

陰陽師シリーズ、大好物。
コメント (98)   この記事についてブログを書く
« 女房逃ゲレバ猫マデモ | トップ | モナリザは高脂血症だった »
最新の画像もっと見る

98 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (きなこ)
2009-02-21 19:20:33
陰陽師安倍晴明さん大好きです。くるさんたまには京都にも遊びに来て!私神戸だけどお供しますわ。
♪ぽんぽこおてらの (sae)
2009-02-21 19:26:39
道成寺~♪

・・・の、安珍清姫ですね?

中学生の頃、「ネコ弾きのオルオラネ」にて
初めて獏氏に触れました。
まさかこんな作家になろうとは当時夢にも思わず(笑)

「くるねこ」一巻にて
空海の御本を読んでるくるさんを拝見して以来、
“あぁ、このひとも好きなんだな…^^*”と
ちょいとほくそえんでしまいました(笑)
愛と (超兄鬼)
2009-02-21 19:27:59
憎しみは紙一重・・なのか;;
夢枕氏の漫画は見たことあるけどこれは知らなかった。
今度ゆっくり読んでみまふ。
ゾッとしました★ (煙羅煙羅)
2009-02-21 19:31:22
及ばずながら私も、夢枕獏先生並びに『陰陽師』シリーズ大好きです(*^_^*)

夢枕獏先生は、軽妙で読みやすい文章でありながら、読者に多くの知識や想像力を与えてくれますね。
実は私は、いつもくるさんの描かれるマンガにも同じような印象を受けています。

くるさんの、シンプルながら特徴を捉えたマンガに、毎度笑わされたり考えさせられたりしています(・ω・)

それにしても、数ある陰陽師シリーズの中から『青き背に…』を選ばれるとは☆

「くるさん、おそるべし」
「くるさん、おそるべし」
そういう事になった(笑)
お早い更新が嬉しいですvv (名もないハナ)
2009-02-21 19:50:13
14コマ目が印象的です。怖いよぉ!!!
ああなってまでしがみつきたくないってのが本音だな。
女性の人権や尊厳なんかが、(一応は)認めてもらえる現世に生きていて本当に良かったと思います。

やっぱ、オトコとの逢瀬のみを頼って生きちゃーお仕舞いかもしれないっすね。恨みは怖い!
と、きっと負け組みなドクオンナの呟きでありんす。失礼しました(苦笑)
続きが気になります。 (牛乳屋)
2009-02-21 19:53:41
鬼の背に乗った直平はその後どうなったのでしょう・・・
Unknown (まい)
2009-02-21 19:55:59

最後らへんの女の人の顔怖くてゾッとしました!

このくる屋堂大好きです
頑張ってください!!

コメントとかしたの初めてなので文とか下手でスミマセン・・・
怖いよ~ (こたまる)
2009-02-21 19:58:35
怖い怖い怖い!
女の怨念も怖いが、
男の移り気も怖い。
そして何より…、
くるさんの絵が怖い…。
ひーん(T_T) (デュッカ)
2009-02-21 20:19:04
荻ちゃんアップ怖ぇぇぇ
面白そうでも、ぼん兄なみの、びびりな私は読めません
あぁ絶対無理


くるさんちで
初めて
しっこち●りそうになりました


夢に見る
絶対見る


ヒー怖ぇーよぉ


次から覚悟してきます
Unknown (ふみにゃ)
2009-02-21 20:25:53
陰陽師の題材本って面白いもの多いですよね。
ああー、久しぶりに読み直したくなっちゃったー。

くるさんの書く萩・・・迫力ありすぎ(^_^;)

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事