くる屋堂

読み本、紹介。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

初ものがたり

2009-02-25 16:12:19 | Weblog












































初ものがたり 宮部みゆき著 お勢殺しより


鰹、白魚、蕪…初ものがらみの事件を茂七親分が解く宮部ワールド。
この「回向院の茂七」を高橋英樹が演じてましたが、そこいらのお役人より
ずっと立派な(立派すぎる)岡っ引きでした。

初ものがたりの続編、出ないのかな…。
いなり寿司屋の親父の正体が知りたい…!!

ちなみにぼんくら日暮らしは、茂七親分が隠居後の話。

オビのコピーは
「読み終わるのがもったいない」。
まったくそのとおりです、へい。





ランキング始めてみました
コメント (86)   この記事についてブログを書く
« モナリザは高脂血症だった | トップ | ちゃとらとはちわれ2 »
最新の画像もっと見る

86 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お腹がすきます (魔魔)
2009-02-25 16:42:10
くるさんこんにちはv

「初ものがたり」は私も大好きですv

お江戸の食文化がありありと判り、さらに読んでるとお腹がすくというおまけつき(笑)

いなり寿司屋の親父の正体、ホント気になりますよね。うーん。
へ?もしや、い、一番?? (黒井猫)
2009-02-25 16:45:09
くるさんの紡ぎだすコマは、
温かな温度が伝わってくるのです。

ちょうど蕪がありますので、
本日の夕餉は蕪汁にいたしましょう。

くるさん、今日もありがとう。
おお!! (名もないハナ)
2009-02-25 17:09:21
お、はじめて読んだ事がある本が出てきた!チョー嬉しいです。
くるねこさまの漫画で読めるなんてカンゲキでっす。
宮部みゆきさんのお書きになる文体と言うか文調と言うか…が妙に好きです。
「日暮らし」は未読なので早く読みたいです。
あぁぁ!! (あや♪)
2009-02-25 17:17:42
宮部みゆきさんはわたしも学生時代に読んでました。
あの方、小柄でかわいらしいお母さんって風体なのにありえない速度で新作を書かれるのと、作品によっての文体が全然違うところのギャップに萌えます。
宮部さんも情景の浮かぶ文章の書ける素敵な作家さんの一人ですよね☆
とはいえ、[初ものがたり]はまだ読んでいないので、昨日の陰陽師ともども本屋で探させて頂こうと思いますvv
宮部みゆき! (いな吉)
2009-02-25 17:31:34
初めてコメントします~。
いつか、いつか宮部作品がくると思ってましたよ
私も「初ものがたり」好きです~。オヤジさんの稲荷が食べたい

新潮社じゃなくてPHPの愛蔵版だと、「糸吉の恋」という話が追加されてます。
ちょっとせつない…。
いいですね~ (こたまる)
2009-02-25 17:37:49
髷を見ると「くるさんワールドだ!」と思います。
宮部みゆきの新聞小説(読売朝刊)を毎日楽しみに
読んでますので、ご紹介頂いたシリーズも
ぜひとも読まなくては!
くるねことくる屋と両方の更新、有難うございます。
ピタリ (にゃり。)
2009-02-25 17:47:06
勝手に思い描く小説情景と、くるさんの描くイラストがあまりにピタリと合ったので思わず初コメントさせて頂きました!!

親父の正体知りたい~~!

池波正太郎先生の作品を読み終わってしまってからというもの、なんとなく これだ!と感じる時代小説に出会えずにいたのですが、くるさんの紹介された藤井邦夫先生の剃刀久蔵と知らん顔の半兵衛さんのおかげで、日本人の粋や情緒、優しさにどっぷりな毎日です。

くるさん ありがとうございます☆
これからも色々な本の紹介を楽しみにしてます~~
おっと (くーちん)
2009-02-25 18:08:03
間違えてランキング先にポチしちゃった

宮部みゆきの時代物 私も好きです^^

くるさんのマンガで観れるなんて感激♡
Unknown (junko)
2009-02-25 18:19:28
今さっき陰陽師・法皇ノ巻を手に入れたところだのに・・また面白そうな読み物が!

くるさんてばすごいッス!
追いつけねぇです。
うれしいな (ほー)
2009-02-25 18:26:49
読んだ本が出てくるのって
すっごいうれしい~。

ありがとうございます。
宮部みゆきは、時代物しか読んだことがないのですが
いいですねぇ。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事